オクトパスエナジーの評判まとめ|料金やメリット・デメリットを解説

オクトパスエナジー 評判

実質再生可能エネルギーを利用した電力提供が話題なのがオクトパスエナジーです。

イギリスやドイツなど、様々な国で人気の新電力サービスがついに日本に上陸しました。

話題性の高さから気になっている人も多いと思いますが、契約するなら「料金はどうなの?」「実際の評判は?」という点が気になりますよね。

結論、オクトパスエナジーに悪い評判はほとんどなく、「料金が安い」「連絡が早い」など良い評判が多くを占めていました!

オクトパスエナジーがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

  • 電気の使用量が多い人(電力単価が安い)
  • 環境に良い再生エネルギーを使用した電気が使いたい人
  • 問い合わせの回答など、対応が早い事業者を使いたい人

お得なキャンペーン情報も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

※ただし燃料費調整額を除きます、燃料費調整額によっては高くなる可能性があります。

\再生可能エネルギーでお得な電気/

おすすめのサービスについては、「新電力がやばい? おすすめの電力会社をランキング形式で発表!」を確認してください。

オクトパスエナジーの新規契約なら、当サイトからのお申込みがおすすめ!

オクトパスエナジー サイト de オクトパス割
※引用元:オクトパスエナジー


2024年4月19日より「サイト de オクトパス割」が開始します。

オクトパスエナジーを当サイトから申し込むと、総額最大15,000円の電気代割引が受けられるチャンスです。

初回のご請求から、毎月1,250円(税込)の割引が12ヶ月間適用され、総額で15,000円自動的に、電気代のお支払いに充当されます。

電気代が1,250円以下の場合は、その月の電気代を全額割引し、差額は次回の電気代の割引額として繰り越されます。

以降は残額がなくなるまで電気代を割引し、解約しない限り満額分割引されるので、電気代が少ない方でも総額15,000円の割引が受けられるのは安心ですね。

特に難しい申し込みもなく、キャッシュバックの手続きも不要で自動的に電気代がお得になるチャンスです。

「サイト de オクトパス割キャンペーン」はいつ終了してもおかしくないので、オクトパスエナジーの申し込みで損したくない方はお早めにお申し込みください!

\15,000円電気代がお得になるチャンス/

目次

オクトパスエナジーとは?

オクトパスエナジーの基本情報は以下の通りです。

オクトパスエナジーの基本情報
提供エリア
(電力会社)
全国(沖縄や一部地域を除く)
料金の特徴・基本料金は地域の電力供給会社と同じ
・従量料金は全ての区分で地域電力会社より安い!※
・実質再生可能エネルギー100%の電源構成プラン
初期費用0円
支払い方法クレジットカード
口座振替
コンビニ払い
契約までにかかる日数申し込みから約2週間〜1ヶ月半
解約手数料0円
メリット・実質再生可能エネルギー100%のエコな電気が使える
・最安値クラスの従量料金でお得
・解約金や最低利用期間がない
デメリット・料金改定が頻繁に行われる
・日本での提供実績が浅く安定利用は未知数
申し込み窓口オクトパスエナジー公式
※ただし燃料費調整額を除きます。燃料費調整額によっては高くなる可能性があります。

オクトパスエナジーは、実質再生可能エネルギーを100%使用しながらも新電力で最安値クラスの従量料金が魅力です。

一般的に実質再生可能エネルギーを使用した電力は通常の新電力よりも高額になりがちです。

しかし、従量料金が安いオクトパスエナジーなら固定費の節約とエコを両立することができます!

しかも契約期間や解約金がないため契約ハードルが低く、加入しやすい点もうれしいポイントです。

「オクトパスエナジー」は東京ガスと英国オクトパスエナジーとの合弁会社だけど契約しても大丈夫なの?

はい。オクトパスエナジーと契約しても安心して電力を利用できます

原油価格が高騰し、多くの電力会社が事業撤退を余儀なくされるなか、オクトパスエナジーは価格変動の少ない安心できるサービスを提供しています。

オクトパスエナジーは、もともとイギリス発の電力会社で、2021年に東京ガスと合弁で「TGオクトパスエナジー」を設立し、新電力市場に参入しているのです。

オクトパスエナジーは、日本を含む9か国で事業を展開し、約720万件の顧客にサービスを提供しています。

以降では、オクトパスエナジーの料金や、どのような取り組みをしているか見ていきましょう。

基本料金は地域電力会社より安い

オクトパスエナジーは、関東エリアなら東京ガスよりも料金が安いです。

オクトパスエナジーの基本料金は地域の電力供給会社とほぼ同じです。

一例として、東京電力とオクトパスエナジーの料金を比較しました。

基本料金東京電力オクトパスエナジー
10A311.75円291.00円
15A467.63円463.00円
20A623.50円582.00円
30A935.25円873.00円
40A1,247.00円1,164.00円
50A1,588.75円1,455.00円
60A1,870.50円1,746.00円
※引用元:電気料金メニュー定義書「グリーンオクトパス 2023-12」(PDF)
※オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されているため、ひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。

上記のように、毎月固定でかかる料金はオクトパスエナジーが少し安いです。※

後述の従量料金もオクトパスエナジーの方が安いため、オクトパスエナジーは実際に使った電気の料金が安くなる設計です。

※ただし燃料費調整額を除きます、燃料費調整額によっては高くなる可能性があります。

※基本料金はA(アンペア)制がある地域と、そうでない地域があります。
A(アンペア)制の設定がある電力会社:北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・九州電力
A(アンペア)制の設定がない電力会社:関西電力・中国電力・四国電力・沖縄電力

※現在は燃料費調整額が値上がりして、電気代が高騰しています。必ず検針票をもとにシミュレーションで確認してください。

料金シミュレーションはこちら

従量料金表一覧

続いて、地域の電力会社より有利な価格が設定されている従量料金を見てみましょう。

オクトパスエナジー全ての地域・プランにおいて従来の電力供給会社より安く、お得な料金設計です!

※ただし燃料費調整額を除きます、燃料費調整額によっては高くなる可能性があります。

↓タブをクリックすると開きます

東京電力
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量東京電力 従量電灯Bオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
120kWhまで29.80円20.62円
120kWh超えて300kWhまで36.40円25.29円
300kWh超える40.49円27.44円
関西電力
【6キロボルトアンペア未満の場合】
電力消費量関西電力 従量電灯Aオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
15kWhまで0.00円
15kWhを超えて
120kWhまで
20.21円20.21円
120kWh超えて300kWhまで25.61円23.81円
300kWh超える28.59円26.61円
【6キロボルトアンペア以上の場合】
電力消費量関西電力 従量電灯Aオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
120kWhまで20.21円16.19円
120kWh超えて300kWhまで25.61円19.57円
300kWh超える28.59円21.76円
中部電力
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量中部電力 従量電灯Bオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
120kWhまで21.20円21.05円
120kWh超えて300kWhまで25.67円24.90円
300kWh超える28.62円26.70円
北海道電力
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量北海道電力 従量電灯Bオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
120kWhまで35.35円23.57円
120kWh超えて280kWhまで41.64円28.81円
280kWh超える45.36円31.21円
東北電力
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量東北電力 従量電灯Bオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
120kWhまで29.62円18.59円
120kWh超えて300kWhまで36.37円24.64円
300kWh超える40.32円27.44円
北陸電力
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量北陸電力 従量電灯Bオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
120kWhまで30.86円17.96円
120kWh超えて300kWhまで34.75円21.19円
300kWh超える36.46円21.94円
四国電力
【6キロボルトアンペア未満の場合】
電力消費量四国電力 従量電灯Aオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
11kWhまで0.00円
11kWhを超えて
120kWhまで
30.65円20.73円
120kWh超えて300kWhまで37.27円26.22円
300kWh超える40.78円28.22円
【6キロボルトアンペア以上の場合】
電力消費量四国電力 従量電灯Aオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
120kWhまで30.65円15.97円
120kWh超えて300kWhまで37.27円21.47円
300kWh超える40.78円23.97円
中国電力
【6キロボルトアンペア未満の場合】
電力消費量中国電力 従量電灯Aオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
15kWhまで0.00円
15kWhを超えて
120kWhまで
32.75円21.21円
120kWh超えて300kWhまで39.43円27.09円
300kWh超える41.55円28.08円
【6キロボルトアンペア以上の場合】
電力消費量中国電力 従量電灯Aオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
120kWhまで32.75円18.53円
120kWh超えて300kWhまで39.43円23.93円
300kWh超える41.55円24.83円
九州電力
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量九州電力 従量電灯Bオクトパスエナジー グリーンオクトパス 2023-12
120kWhまで18.37円17.98円
120kWh超えて300kWhまで23.97円22.98円
300kWh超える26.97円24.68円

※引用元:お知らせ・約款類

※現在は燃料費調整額が値上がりして、電気代が高騰しています

必ず検針票をもとにシミュレーションで確認してください。

燃料費調整額は比較的高い

オクトパスエナジーの燃料費調整額が比較的高い理由をわかりやすく説明します。

燃料費調整額とは、電力会社が電気を生産するために必要な燃料のコストを反映させた料金です。

※燃料費調整額は、使用される燃料の市場価格に基づいて定期的に調整されます。
オクトパスエナジー
燃料価格の設定は低め⇒市場価格の上昇時、調整額の影響は高い
他の大手電力会社
燃料価格の設定は高め⇒市場価格の上昇時、調整額の影響は低い

実際に、オクトパスエナジーと東京電力の燃料費調整額を比較した表を見てみましょう。

燃料費調整額
適用月(2024年)
オクトパスエナジー東京電力
1月4.15円-9.65円
2月4.55円-9.56円
3月5.08円-9.28円
4月5.20円-9.21円
5月5.20円-9.14円
6月4.92円-7.60円
7月4.55円-6.09円
8月4.38円-6.31円
引用元:オクトパスエナジー
引用元:東京電力
上記は1kWhあたりの金額

オクトパスエナジーでは、他の大手電力会社に比べて燃料価格が低めに設定されているため、市場価格の上昇時に燃料費調整額が高くなる傾向にあるのです。

また電気料金は燃料費調整額によって大きく影響を受けます。

オクトパスエナジーは燃料の価格をベースに調整額を設定している料金プランです。

htbエナジーは電気価格を基に調整額を設定しています。

そのため料金を比較しづらくなってしまっていますが、htbエナジーはオクトパスエナジーよりもJEPX(日本卸電力取引所)の価格変動により、電気代の変動幅が大きくなる傾向にあります。

オクトパスエナジーの口コミ・評判を調査!

オクトパスエナジーの口コミ・評判を調査!
引用元|オクトパスエナジー

ここでは、オクトパスエナジーの口コミや評判を調査しました。

オクトパスエナジーは新しいサービスですが、多くの評判が存在しており、早くも人気の電力事業者になりました。

しかも「料金が安い」「連絡が早い」などユーザーにとって、とくに重要部分で良い評判が多数見られています。

悪い評判はほとんどなかったものの「秘密結社に入ったみたい」「翻訳がガバガバ」という独特な評判が目立っています。

良い口コミ・評判「料金が安い」

オクトパスエナジー 実質再生エネルギー100%
※引用元:オクトパスエナジー

オクトパスエナジーの最も大きなメリットは、実質再生可能エネルギー100%なのに月額料金が安いことです。

実質再生可能エネルギーを利用した電力は、環境に良いものの月額料金がそれほど安くならない点が大きなデメリット。

しかし、オクトパスエナジーなら他社のプランよりも圧倒的に安いため、環境に配慮しつつしっかりお得感があります。

以下の表は実質再生可能エネルギープランを提供している各社の料金比較表です。(40A契約/東京電力エリア)

オクトパスエナジー
グリーンオクトパス 2023-12
コスモでんき
コスモでんきグリー
スマ電CO2ゼロ
CO2ゼロ ホームプラン+
(プラス)
基本料金(40A契約)
1,164.00円1,180.96円0円
120kWhまで
20.62円30.00円

26.90円(昼)
29.90円(その他)

120kWh~300kWh
25.29円36.60円26.90円(昼)
29.90円(その他)
300kWhを超える
27.44円40.69円26.90円(昼)
29.90円(その他)
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。

ご覧の通り、エコプランに力を入れている「コスモでんき」や「スマ電CO2ゼロ」より比較的安いことがわかります。

「環境のことも気になるけど、実質再生可能エネルギーのプランは料金が高い・・・」と躊躇していた人は是非オクトパスエナジーを使いましょう。

料金改定が多いせいで料金が高いという口コミもある

オクトパスエナジーは安いと思っていたのに意外に高いのにびっくり。これはオクトパスは燃料費調整単価に上限がなく、2023年2月は13.04円になっているのに対し、東京電力は燃料費調整単価に上限があって5.13円だからで、燃料費調整単価に7.91円の差があることが影響しているみたい。
引用元:X(Twitter)

オクトパスエナジーやっぱり高いよね
何処に乗り換えればいいんや
引用元:X(Twitter)

オクトパスエナジーには、上記のように料金が意外にも高いと感じる方がいらっしゃるようです。

電力会社の乗り換えを検討される方は、評判や口コミも参考にしてみてください。

訪問販売があり怪しいという意見もある

オクトパスエナジーとか言う電力会社悪質すぎる 訪問販売で半ば強制的に契約させようとするし(インターホンの時も自社名名乗らなかったし、訪問販売であること告げてなかった) 電気料金の見積もりとか言って個人情報入力させて、パスワード入力の段階でおかしいと気づいてしっかり「契約」しません
引用元:X(Twitter)

オクトパスエナジーは、電力サービスの契約を一部の業者に委託しているので、訪問販売で売り込みされている方が一定数存在します。

これに対し、基本的には「訪問販売をしている時点で怪しい」といったネガティブな意見が目立ちました。

一方、以下の口コミのように、対応の丁寧さに感謝している投稿もあります。

オクトパスエナジー訪問販売の人、私のかなりだるい質問にも丁寧に答えてくれて好印象だった〜~~ タコかわいいし割高だったりなにか難があってもいいや
引用元:X(Twitter)

訪問販売をしているからといって怪しいと決めつけず、料金面などから自分に合っているのかしっかり見極めることが大切です。

\契約期間の縛り・違約金なし/

オクトパスエナジーのメリットとデメリット

オクトパスエナジーのメリットとデメリット
引用元|オクトパスエナジー

オクトパスエナジーのメリットは、解約金がなく気軽に契約できる点と、東京電力や関西電力よりもコストパフォーマンスが高いことです。

また、24時間365日対応のカスタマーサポートやオンラインで簡単にエネルギー使用状況をチェックできることも魅力です。

ほかにも特典や質の高いサービスは他社と比べてもお得感があります。

一方、デメリットもありますので、以降で詳しく説明していきます。

メリット①実質再生可能エネルギー100%なのに月額料金が安い!

オクトパスエナジー
引用元|オクトパスエナジー

オクトパスエナジーの最も大きなメリットは、実質再生可能エネルギー100%なのに月額料金が安いことです。

実質再生可能エネルギーを利用した電力は、環境に良いものの月額料金がそれほど安くならない点が大きなデメリット。

しかし、オクトパスエナジーなら他社のプランよりも圧倒的に安いため、環境に配慮しつつしっかりお得感があります。

以下の表は実質再生可能エネルギープランを提供している各社の料金比較表です。(40A契約/東京電力エリア)

オクトパスエナジー
グリーンオクトパス 2023-12
コスモでんき
コスモでんきグリー
スマ電CO2ゼロ
CO2ゼロ ホームプラン+
(プラス)
基本料金(40A契約)
1,164.00円1,247.00円0円
120kWhまで
20.62円29.80円

26.90円(昼)
29.90円(その他)

120kWh~300kWh
25.29円36.40円26.90円(昼)
29.90円(その他)
300kWhを超える
27.44円40.49円26.90円(昼)
29.90円(その他)
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。

ご覧の通り、エコプランに力を入れている「コスモでんき」や「スマ電CO2ゼロ」より比較的安いことがわかります。

「環境のことも気になるけど、実質再生可能エネルギーのプランは料金が高い・・・」と躊躇していた人は是非オクトパスエナジーを使いましょう。

メリット②一人暮らしの方も料金が安くなりやすい

オクトパスエナジーのグリーンオクトパスプランは、環境に優しいことで人気があります。

このプランは東京電力より安く、余分な料金が含まれていません。

以下の表では、オクトパスエナジーの料金を東京電力、東京ガスの新電力と比較しています。
(30A契約で使用時)

オクトパスエナジー
グリーンオクトパス 2023-12
東京電力東京ガスの新電力
基本料金(30A契約)
873円1,247.00円885.72円
120kWhまで
20.62円29.80円29.90円
120kWh~300kWh
25.29円36.40円35.41円
300kWhを超える
27.44円40.49円37.48円
 月額
5,800円8,042円7,908円
年額
69,600円96,504円94,896円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。燃料費調整額と再エネ賊課金は含んでいません。

ご覧のとおり、オクトパスエナジーは東京電力と東京ガスの新電力よりも比較的安い結果になりました。

使用状況によってやや増減はありますが、お得に電力を利用できるので、一人暮らしの女性でもオクトパスエナジーと契約して良かったと感じやすいでしょう。

メリット③契約期間や解約金がないから契約ハードルが低い

オクトパスエナジーには契約期間や解約金がなく、気軽に契約をすることができます。

2年契約や解約金システムを採用している事業者だと、「思っていたのとは違った」「他にもっと良さそうなところがあった」と後悔するかもしれません。

その点、解約金がなければ元の電力会社に戻したり他社へ変更する時に料金リスクがありません

以上の内容から、オクトパスエナジーは新電力に不安を感じる人にもおすすめです!

デメリット①オクトパスエナジーはオール電化やガスとの併用プランがない

オクトパスエナジーには、オール電化やガスとの併用プランがありません

電気事業者によってはオール電化やガスとのセット利用でさらに毎月の光熱費が抑えられることもあります。

「電気・ガスをまとめて使いたい」「電気料金プランを選びたい」という人にとって「併用プランがない」ことはデメリットといえるでしょう。

もしもオール電化とガスの併用プランを希望するなら「CDエナジーダイレクト」

オール電化やガスとの併用には「CDエナジーダイレクト」がおすすめです。

デメリット②新電力会社なので大手ほどの安心感はない

オクトパスエナジーは、イギリス発の電力会社で、欧州を中心に事業を展開しています。

日本では2021年に東京ガスと合弁で「TGオクトパスエナジー」を設立し、新電力市場に参入しました。

一風変わった公式HPや独特なマスコットキャラクターに不安を感じる人もいるかもしれません。

ですが、契約数は25万件以上、新電力ネットのランキングでは52位となっています。

大手に劣るかもしれませんが、問い合わせも日本語の電話対応窓口を設けているので、安心して使えるでしょう。

\グリーンエネルギーで安心な電気なら/

オクトパスエナジーの申し込みから開通までの手順

オクトパスエナジーの申し込みから開通までの手順
引用元|オクトパスエナジー

続いて、オクトパスエナジーの申込から開通までの手順をお伝えします。

申込の準備として、現在契約中の電気会社から届く「検針票」と、支払いに使う「クレジットカードまたは口座情報」を用意しましょう。

検針票のイメージ例は以下の通りです。

検針票

オンライン申込の場合は、公式サイトから次の手順で進めていきます。

申し込み

事前準備ができたら、早速申込を行いましょう!

まずは公式HPの中央部分で郵便番号を入力し、「見積&申込み」を選択します。

オクトパスエナジー 申し込み1
引用元|オクトパスエナジー

続いて、住まいのタイプや居住人数を入力し「次へ」を選択しましょう。

暫定の見積もり結果が表示されます。想定使用量は状況によって自動算出されるため、こまかい金額が知りたければ料金表を参考に計算をしましょう。

オクトパスエナジー 申し込み
引用元|オクトパスエナジー

見積もり結果は2つのプランが表示されますが、料金が安く環境に良い「グリーンオクトパス」がおすすめです。

契約者の情報入力

続いて、契約者の氏名、詳細な住所、電気供給地点特定番号などの情報を入力します。

事前に用意した検針票を見つつ、情報を入力しましょう。

現住所または引っ越し先で利用するか選択し、以下の内容を入力していきます。

  • 郵便番号
  • 住所
  • 建物名
  • 姓名
  • 携帯番号
  • メールアドレス

現在ご契約中の電力会社も選択していきましょう。

カンタンお申込みは3分程度で完了します。

オクトパスエナジー 申し込み
引用元|オクトパスエナジー

支払い情報を入力し申込が完了

最後に、クレジットカードまたは銀行口座の情報を入力します。

オクトパスエナジー 申し込み
引用元|オクトパスエナジー

最後に「登録する」ボタンを押せば申込は終了!

2週間〜1ヶ月半程度で切り替えが完了します。当日〜数日程度で登録メールアドレスに手続き完了のお知らせが到着しますので、連絡を待ちましょう。

少しでも電気料金をお得に使い方は、ぜひ申込をしてくださいね。

\再生可能エネルギーでお得な電気/

オクトパスエナジーに関するよくある質問

最後に、オクトパスエナジーに関するよくある質問をまとめました。

オクトパスエナジーは簡単に契約や解約ができるため、安全かどうかお問い合わせも寄せられています。

オクトパスエナジーの評判が良くないという噂を聞いて不安な方は、参考にしてみてください。

解約はどうすればいい?

解約を希望する際は、解約希望日の2営業日前までに手続きを完了させることが必要です。

解約金はかかりません。

とくに引っ越しの場合と現住所での解約では手順が異なります。

引っ越しで解約する場合
引っ越し先でオクトパスエナジーを利用する場合の手続き
新しい電力会社を利用する場合の手続き

現住所で解約する場合
新しい電力会社へ申し込みをおこなう

引っ越しの際には、マイページから「引っ越し手続き」にアクセスし、停止日を設定後、新居での継続使用有無を選択し、新居の情報を入力します。

新居で異なる電力会社を希望する場合は、新会社への手続きを忘れずに行いましょう。

現在の住所で解約する場合、新しい電力会社への申し込みを行うことで、オクトパスエナジーの解約手続きは自動的に完了します。

オクトパスエナジーの問い合わせ先

カスタマーセンター:相談窓口

電話番号:0800-080-7927

営業日時:平日の9:00~17:00

オクトパスエナジーの解約は、「電話」または「WEB(マイページ)」から手続きを行いますが、電話は混み合う可能性もあるため、マイページからの手続きがかんたんです。

どうしても電話で問い合わせたい場合、平日の日中(14時〜16時ごろ)に問い合わせると比較的繋がりやすいですよ。

契約内容はどこで確認できる?

契約内容の確認や変更は、公式サイトのマイページから簡単に行えます。

マイページからは、支払い方法の変更やお客様情報の確認などを自宅からできます。

もしマイページでの手続きが難しい場合は、専用の問い合わせ先が設けられています。
電話番号:0800-080-7927
支払い方法の変更やお客様情報の変更・確認に対応しています。

支払い遅れになるとどうなる?

電気料金をの支払い遅れは、電気供給停止の手続きに進み、最悪の事態として電気が停止する可能性もあります。

そのため、生活費の悩みや相談は、事前に対応いただくことをおすすめします。

支払い遅れになる前に、地域の支援窓口を利用して、支出の見直しをおこなえます。

オクトパスエナジーで料金が高くなることはないの?

オクトパスエナジーは従来の地域電力会社と比較し、月額料金が高くなることは基本ありません。

電気料金は各地域の電力会社と同じように算出され、各利用料金は従来の地域電力会社と同等もしくは安い料金設計です。

他社だと利用状況によっては「以前より高い」というケースがありますが、オクトパスエナジーならそういった心配はありません。

※ただし燃料費調整額を除きます、燃料費調整額によっては高くなる可能性があります。

オクトパスエナジーの電力品質は問題ない?

結論、オクトパスエナジーの電力品質は従来の地域電力会社と同等です。

状況によって停電することはありますが「オクトパスエナジーだから停電した」「オクトパスエナジーだけ電気が通らない」ということはありません。

契約先や請求元が変わっても、電気自体はこれまでと同様の電線を利用して送電がされますので安心して使いましょう。

お得なキャンペーンはある?

オクトパスエナジーでは節電イベントや新規加入者の割引、友達紹介などのプロモーションが多く、1年で1万円近くの割引を受ける方もいます。

プレゼントキャンペーンの当選率も高いため、お得にサービスを利用できそうです。

\電気代15,000円割引キャンペーン/

まとめ

オクトパスエナジーは東京ガスとの合弁会社で信頼性は高いです。

オクトパスエナジーが、おすすめな人の特徴をまとめました。

  • 電気の使用量が多い人(電力単価が安い※)
  • 環境に良い再生エネルギーを使用した電気が使いたい人
  • 問い合わせの回答など、対応が早い事業者を使いたい人

ほとんどの場合は今よりも料金が安くなるので早めに切り替えるのがおすすめです。

オクトパスエナジーは電力単価が安価で、家族3~4人で住んでいるなど電力の使用量が多い人は非常に安く使えます。

ただし燃料費調整額を除きます、燃料費調整額によっては高くなる可能性があります。

また、「対応が早い」という評判が多い点も見逃せません。

一方、基本料金は地域の電力会社と同じなため、「ほとんど電気を使わない」という人には恩恵が少なくあまり向きません。

それでも、今よりも電気料金が安くなる可能性が高く、今なら電気代15,000円割引キャンペーンも開催されているので、気になる方は早めに申し込みをしましょう。

\電気代15,000円割引キャンペーン/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ユーザーの皆様に向けて、暮らしの役に立つメディアを常に立ち上げ紹介しております。既に79サイト以上を運営しており、日々情報を更新し発信いたします。

目次