新電力会社の料金比較ランキング|安くておすすめの会社を紹介【2024年7月最新】

電力 会社 比較

ここでは、地方・家族人数ごとに電力料金を比較し、最も安価でおすすめな新電力会社をご紹介します。

電力会社を変えるだけで、年間の電気代が大幅に削減されることもあるので、ぜひこの機会にご検討ください。

今回、とくにおすすめする新電力会社は以下の通りです。

おすすめ新電力会社
会社名特徴

Looopでんき
安い時間に電気を使えば電気代を節約できる
基本料金・燃料調整費額・解約金・違約金が0円
>>Looopでんき公式

アルカナエナジー
基本料金がずっと0円
用途に応じて選べるシンプルな3プラン
>>アルカナエナジー公式

楽天でんき
楽天ポイントが貯まる・使える
基本料金・解約金が0円
>>楽天でんき公式

オクトパスエナジー
実質再生エネルギー100%のクリーンな電気
新電力の中で最安値クラス
>>オクトパスエナジー公式
リミックスでんき公式サイトTOP画像
リミックスでんき
プランが豊富
初期費用・解約金が0円
申し込みが簡単
>>リミックスでんき公式

Japan電力
大量に電力を使用しても単価が高くならない
電気使用量が多い家庭におすすめ
>>Japan電力公式
CDエナジーダイレクトスマホ画像
CDエナジーダイレクト
料金プランが豊富
ポイントが貯まりやすい
中部電力・大阪ガスグループなので安心
>>CDエナジーダイレクト公式

東京ガスのでんき
ガスとのセット割がある
解約金・手数料が0円
固定費の請求がまとまるので管理が楽
>>東京ガスのでんき

とくに、オクトパスエナジーは電気代を15,000円割引にするキャンペーンを開催しているので、申し込むならオクトパスエナジーがおすすめです。

割引キャンペーンは以下のボタンからアクセスできる特設サイト限定かつ、終了日時は未定なので、気になる方はお早めにお申し込みください。

2022年に燃料費の高騰で電気代が高くなったり、事業を停止する新電力会社があったりして話題になり、結局政府の許可なく価格を変えられない従来からある電力会社の従量電灯Aか従量電灯Bがいちばん安くなってしまいました。

その後2024年5月に大手電力会社の値上げが予定されており、新電力会社の方が安くなるプランがでてきましたので、ここではランキング形式でお得で安心して利用できる電力会社を紹介します。

おすすめの電力会社一覧も紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ新・電力会社|キャンペーンあり
オクトパスエナジーオクトパスエナジー 月額料金が安い
・実質再生可能エネルギー100%のクリーンな電気を使用
・いつでも無料で解約できて安心
looopでんきlooopでんき 基本料金・燃料費調整額がずっと0円!
・looopでんき+ガスでさらにお得に
・時間帯で電気代もお得になる

楽天でんき

楽天ポイントが貯まる・使える
・基本料金・解約金が無料
・申し込み手続きが簡単

CDエナジーダイレクトCDエナジーダイレクト カテエネポイントを電気料金の支払いに使える(1P=1円)
・豊富なプランからライフスタイルに応じて選べる
・電気とガスの同時契約でさらに安くなる
TERASELでんきTERASELでんき(PR)
契約時に選べる7つの特典あり
・毎月の電気代に応じて楽天ポイントがもらえる
・状況に合わせてプランが選べる!
東京ガスのでんき東京ガスのでんき 基本プラン新規申込で電気代基本料金1ヶ月無料
・お申し込みはスマホで完結
・でんき+ガスセットでさらにお得に
Japan電力Japan電力 基本料はずーっと0円
・電力量単価が安い
・安心の全国対応

安い電力会社をお探しの方は今がチャンス!

※引用元:オクトパスエナジー


オクトパスエナジーでは、2024年4月19日より「サイト de オクトパス割」キャンペーンを開始します。

「サイト de オクトパス割」は、毎月1,250円(税込)の割引が12ヶ月間適用され、総額最大15,000円の電気代割引が受けられるといった、大変お得な特典内容です。

キャンペーンの特典を受けるには、当サイトからのオクトパスエナジーへの申し込みが必要で、同一名義・同一契約場所で一回限りとなります。

特に難しい手続きはなく、初回のご請求から自動的に毎月1,250円(税込)割引され、総額で15,000円が電気代のお支払いに充当されます。

なお、電気代が1,250円以下の場合は、その月の電気代を全額割引し、差額は次回の電気代の割引額として繰り越されます。

以降は残額がなくなるまで電気代を割引し、解約しない限り満額分割引されるので、電気代が少ない方でも総額15,000円の割引が受けられるのは安心ですね。

少しでも電気代を抑えたい方に、ぜひ注目してほしいキャンペーンです。

「サイト de オクトパス割キャンペーン」はいつ終了してもおかしくないので、オクトパスエナジーの申し込みで損したくない方はお早めにお申し込みください!

\電気代15,000円割引キャンペーン/

2024年7月 電力・ガス会社最新ニュース!

Looopでんき Amazonギフト券最大10,000円プレゼントキャンペーン

画像引用元:Looopでんき公式サイト

現在のお住まいで電気をLooopでんきに切り替える方限定で、Amazonギフト券が最大10,000円プレゼントされるキャンペーンが実施中です。

  • キャンペーン対象プラン契約で1,500円のギフト券
  • 毎月抽選で100名に8,500円分のギフト券

対象プランは以下のとおりです。

  • スマートタイムONE(電灯)
  • スマートタイムONE(動力)

このキャンペーンは、引っ越し先で電気を切り替える方は対象外のため注意が必要です。

キャンペーン期間:2024年7月16日~2024年9月30日

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

enひかり電気 酷暑乗り切り緊急支援による値引きのお知らせ

enひかり電気にて、9月検針分~11 月検針分の3ヶ月間の従量料金が値下げされることが発表されました。

値引き期間

2024年8月~10月利用分(2024年9月検針分~11月検針分まで)

値引き単価
  • 2024年9月・10月検針分:4.0 円/kWh値引き
  • 2024年11月検針分:2.5 円/kWh値引き

値引き後の従量料金は以下のとおりです。

エリア値引き前9月・10月検針分
北海道電力28.2円/kWh24.2円/kWh
東北電力27.8円/kWh23.8円/kWh
東京電力25.3円/kWh21.3円/kWh
中部電力27.1円/kWh23.1円/kWh
北陸電力25.2円/kWh21.2円/kWh
関西電力25円/kWh21円/kWh
中国電力25.2円/kWh21.2円/kWh
四国電力25.8円/kWh21.8円/kWh
九州電力21.7円/kWh17.7円/kWh
※電気料金は上記と基本料金390円の合計となります
※上記はすべて税込みです

本格的な酷暑が到来する前に、電気料金を見直してみてはいかがでしょうか。

過去ログ
電力・ガス会社 倒産危険度ランキング
順位社名倒産危険度
(Zスコア)
1位北陸電力0.37
2位中国電力0.41
3位九州電力0.46
4位北海道電力0.46
5位沖縄電力0.52
6位東北電力0.58
7位リニューアブル・ジャパン0.66
8位東京電力HD0.72
9位四国電力0.75
10位関西電力0.76
11位西部ガスHD1.08
12位J-POWER1.16
13位中部電力1.22
14位エフオン1.23
15位広島ガス1.66
16位北海道ガス1.75
※引用元:DIAMONDonline

ダイヤモンドオンラインのサイトにて、電力・ガス業界の倒産危険度ランキングが発表されました。

ランキングを見てみると、ワースト1位には23年3月期の純損益に884億円の赤字を計上した北陸電力がランクインしています。

なお、Zスコアとは、短期的な資金繰り圧迫度・利益の蓄積・資産効率など、五つの指標の合計値から算出された値です。

倒産リスクが高い企業ほど合計値が低く、1.81未満が危険水域といわれています。

上記表の16社はいずれも危険な状態にあるといえるので、契約中の方は今のうちから乗り換えを検討すべきかもしれません。

近年、電気代が大幅に上がり、どこか安い会社に乗り換えたいとお考えの方も多いと思います。

そこで現在注目されているのが、新電力会社のプランです。

新電力会社は従来の電力会社に比べて設備投資や人件費を抑えられているため、今よりも電気代が安くなる可能性があります。

\ 基本料・燃料費調整額がずっと0円/

目次

電力会社乗り換え先のおすすめはここ!新電力会社ランキングTOP13

電力会社 比較一覧
新電力会社ランキングTOP13
順位サービス名/特徴
1位Looopでんき
安い時間に電気を使えば電気代を節約できる
基本料・燃料調整費額・解約金・違約金が0円
2位アルカナエナジー
基本料金がずっと0円
用途に応じて選べるシンプルな3プラン
3位楽天でんき
楽天ポイントが貯まる・使える
基本料金・解約金が無料
4位オクトパスエナジー
実質再生エネルギー100%のクリーンな電気
新電力の中で最安値クラス
5リミックスでんき
プランが豊富
初期費用・解約金が0円
6位Japan電力
大量に電力を使用しても単価が高くならない
電気使用量が多い家庭におすすめ
7位CDエナジーダイレクト
家族ポイント割、ガスセット割などの割引サービスが豊富
8位エバーグリーン・リテイリング
1人暮らしの場合におすすめ
ガスとのセット割りがある
19位シン・エナジー
JALマイルが貯まる
沖縄にも対応している
10位HTBエナジー
料金が特別安くはないが、単価は変わらないため、料金計算が分かりやすい
11位TERASELでんき(PR)
TERASELマーケットプランなら、他の電力会社より安くなる可能性がある
安定して安くはならないが、安くなる可能性に賭けてみたい方にはおすすめ
12位東京ガスの電気
ガスとのセット割りがお得
13位大阪ガスの電気
ガスと一緒に契約すると管理が楽
Amazonプライムの年会費が無料になる
>>新生活応援プランはこちら

結論から言うと、料金を安くしたいのであれば新電力会社を採用するのがおすすめです。

新電力とは、電力の自由化に伴って新しく参入してきた電力会社のことで、異業種の企業でも電力を販売できるようになりました。

場合によっては、大手電力会社よりも料金が安くなる可能性もあります。

そこでここからは、おすすめの新電力会社をランキング順にご紹介していきます。

安い時間に電気を使えば電気代が安くなる|Looopでんき

looopでんき
画像引用元|Looopでんき
料金比較表
Looopでんき東京電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
6,481円
年間
77,772円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
10,962円
年間
131,544円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
12,635円
年間
151,620円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
13,680円
年間
164,160円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定14.87円+30分ごと15円を想定)
※東京電力は従量電灯Bで算出

Looopでんきは、東日本大震災時に被災地へ太陽光発電を設置するボランティアから誕生した、Looopによって運営されている新電力です。

市場連動型のプランが特徴的で、単価が安い時間帯に家電を使うなど、ご家庭の中で電気を使う時間帯をピークシフトさせれば、節電を頑張らずに電気代を抑えられます。

単価は30分ごとに変動しているので、北陸から西側は0.1〜10円、中部から東側は10〜15円の幅で変動していることが多いです。

最安値は0.01円/kWh

ただ、時間帯によって料金の変動が激しいため、電気を使用する時間帯によっては安くなるとも限りません。

おすすめポイント

  • 大手電力会社より料金が安くなる
  • 基本料金・燃料調整費額・解約金・違約金が0円
  • ガスとのセットでさらにお得

Looopでんきがおすすめな人の特徴は下記の通りです。

  • これまで大手電力会社と契約していて、電気代を安くしたい人
  • ピークシフトしてお得に電気を使いたい人

Looopでんきは、基本料金・燃料調整費額がかからないため、電気を使った分だけ支払いが発生します。

解約金・違約金も0円なので、まずは気軽に試してみましょう。

Amazonギフト券 最大10,000円プレゼントキャンペーン

現在のお住まいで電気をLooopでんきに切り替える方限定で、Amazonギフト券が最大10,000円プレゼントされるキャンペーンが実施中です。

  • キャンペーン対象プラン契約で1,500円のギフト券
  • 毎月抽選で100名に8,500円分のギフト券

対象プランは以下のとおりです。

  • スマートタイムONE(電灯)
  • スマートタイムONE(動力)

キャンペーン期間:2024年7月16日~2024年9月30日

さらに詳しくLooopでんきを知りたい方は、こちらの記事も参照してみてください。

Looopでんきは怪しい?新電力のプロが評判や口コミを元に徹底解説

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

基本料金0円でトップレベルの価格の安さ|アルカナエナジー

引用元:アルカナエナジー公式サイト
料金比較表
アルカナエナジー東京電力
1人暮らし
30A 月間
217kWh
月間
6,097円
年間
73,164円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間
367kWh
月間
10,312円
年間
123,744円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間
423kWh
月間
11,886円
年間
142,632円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間
458kWh
月間
12,869円
年間
154,428円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※アルカナエナジーはアルカナ おうちでんきで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出

アルカナエナジーは基本料金は0円で、使った電力量に応じて課金される従量電灯プランを採用しています。

公式サイトにて業界最安値を目指していると謳うだけあって、その料金の安さはトップレベルを誇ります。

その仕組みはIT技術を駆使して、徹底的に業務フローを効率化していることが要因です。

以下にアルカナエナジーのおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント

  • 電気代を可能な限り安くできる
  • シンプルな料金プランから選べる

アルカナエナジーは以下に当てはまる人におすすめです。

  • 電気料金を安くしたい人
  • プラン選択で頭を悩ませたくない人

料金プランは「おうちでんき」「しごとでんき」「でんき低圧電力」と3つのシンプルなプランがあり、利用シーンに合わせて料金プランを選択可能です。

ただし、「しごとでんき」「でんき低圧電力」の2つは事務所やお店向けなので、家庭用で使う方は「おうちでんき」を選びましょう。

基本料金0円で電気代を安く!

楽天ポイントがザクザク溜まって基本料金0円|楽天でんき

引用元|楽天でんき公式サイト
料金比較表
楽天でんき東京電力
1人暮らし
30A 月間
217kWh
月間
7,997円
年間
95,957円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間
367kWh
月間
13,525円
年間
162,287円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間
423kWh
月間
15,588円
年間
187,051円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間
458kWh
月間
16,877円
年間
202,528円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※楽天でんきは8,042円で算出
※東京電力は従量電灯Bで算出

楽天でんきは、楽天グループが提供する個人・家庭向けの電力サービスです。

基本料金が無料で、電力使用量に応じた従量料金のみが課されるシンプルな料金体系が特徴です。

また、楽天ポイントが貯まり、貯まったポイントを電気代の支払いに利用できるという利便性も兼ね備えています。

おすすめポイント

  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • 基本料金が無料
  • 申し込み手続きが簡単

楽天でんきがおすすめな人の特徴は以下のとおりです。

  • 楽天ポイントを普段から利用している人
  • 家計の節約を考えている人
  • 簡単に電力会社を変更したい人

楽天でんきは、楽天ポイントを日常的に利用している方にとって非常に魅力的です。

電気料金の支払いでポイントが貯まるだけでなく、そのポイントを再び電気代に充てられるため、ポイントの有効活用が可能です。

また、基本料金が無料で使用量に応じた料金のみを支払うシステムは、家計の節約を目指す方にとって大きなメリットです。

さらに、申し込み手続きが簡単で迅速に行えるため、手間をかけずに電力会社を変更したい方にもおすすめです。

楽天ポイントが貯まる・使える!

実質再生エネルギー100%の電気を使用|オクトパスエナジー

オクトパスエナジー
引用元|オクトパスエナジー公式サイト
料金比較表
オクトパスエナジー東京電力
1人暮らし
30A 月間
217kWh
月間
5,800円
年間
69,600円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間
367kWh
月間
9,738円
年間
116,856円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間
423kWh
月間
11,565円
年間
138,780円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間
458kWh
月間
12,817円
年間
153,804円
月間
18,114円
年間
217,368円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※東京電力は従量電灯Bで算出

オクトパスエナジーは、イギリスのオクトパスエナジーと東京ガスの合弁会社です。

実質再生エネルギー100%の電力を供給している電力会社なので、環境に優しい電力を使用することができます。

また、電力単価が比較的安価なのも嬉しいポイントです。

1人暮らしの場合、月額料金で約2,000円もお得になります。※

※ただし燃料費調整額を除きます、燃料費調整額によっては高くなる可能性があります。

おすすめポイント

  • 実質再生可能エネルギー100%の電気プランで圧倒的に安い
  • 通常の新電力と比較しても最安値クラス
  • 対応が早い

オクトパスエナジーがおすすめな人の特徴は下記の通りです。

  • 電力使用量が多い
  • 環境に優しいエネルギーを使用したい
  • 対応が早い業者に依頼したい

オクトパスエナジーは電力単価が安いため、複数人家族で暮らしているなどの電気使用量が多い場合、非常に料金を抑えることができます。

また、問い合わせをしてからの対応も早いため、急を要する場合にもおすすめです。

さらに、オクトパスエナジーは電気使用量が少なくても安いので、電力会社のおすすめサービスを探している一人暮らしの方もぜひチェックしてみてください。

\再生可能エネルギーでお得な電気/

ピーク時間を避ければお得に使える|リミックスでんき

リミックスでんき
引用元|リミックスでんき
料金比較表
リミックスでんき東京電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
7,076円
年間
84,912円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
11,967円
年間
143,604円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
13,794円
年間
165,528円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
14,935円
年間
179,220円
月間
18,114円
年間
217,368円
※リミックスでんきの単価は30分ごとに変動(今回は2024年7月の固定単価+30分ごとの単価15円の想定で計算)
※上記計算は燃料費調整額と再エネ賦課金を含まない
※東京電力は従量電灯Bで算出

リミックスでんきは、株式会社リミックスポイントが販売をしている新電力です。

一人暮らしの場合、月額料金で約1,000円弱お得になります。

ただし、市場連動型を採用しているので、電気を利用している時間帯によっては料金が高くなる可能性があります。

また、沖縄県を除く全国で提供されており、現在利用している電力会社の検針票をスマホで読み取るだけで申し込みが可能です。

おすすめポイント

  • プランが豊富
  • 初期費用・解約金が0円
  • 申し込みが簡単

リミックスでんきがおすすめな人の特徴は下記の通りです。

  • 大手電力会社の従量電灯プランを契約している人
  • 仮想通過にチャレンジしてみたい人
  • 横浜F・マリノスを応援したい人

リミックスでんきには、仮想通過付与プランというものがあります。

これは、基本料金と電力量料金のそれぞれ5%分がビットコインで還元されるので、お得に電気を利用することが可能です。

また、リミックスでんきは日本プロサッカーリーグの横浜F・マリノスと、トップパートナー契約を締結しています。

そのため、横浜F・マリノスを応援しているサポーターの皆さんは、ぜひリミックスでんきの利用をご検討ください。

\ピーク時間を避ければお得に使える/

電力使用量が多い家庭におすすめ|Japan電力

japan電力
引用元|Japan電力公式サイト
料金比較表
Japan電力東京電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
6,603円
年間
79,236円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
10,653円
年間
127,836円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
11,742円
年間
140,904円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
12,652円
年間
151,824円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※Japan電力は容量拠出金反映額を含む
※東京電力は従量電灯Bで算出

Japan電力は、Japan電力株式会社で提供している新電力で、沖縄以外の全国で電力を供給しています。

Japan電力の特徴は、電気使用量が多くなっても1kwhあたりの単価が高くならないので、日頃の使用量が多いご家庭におすすめです。

4人暮らしの場合、月額料金で約6,000円弱もお得になります。

おすすめポイント

  • 市場価格が安くなると電気料金も安くなる可能性がある
  • 家電修理サービスが付帯しているプランがある

Japan電力がおすすめな人の特徴は下記の通りです。

  • 電気使用量が多い

基本料金が無料なので、毎日の電気使用量が多い、複数人家族のご家庭におすすめの新電力です。

また、家電修理サービスが付帯しているプランもあるので、付帯サービスの充実度を重視している方もチェックしてみてください。

単価が一律でお得!

割引サービスが豊富|CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクト
引用元|CDエナジーダイレクト公式
料金比較表
CDエナジーダイレクト東京電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
7,870円
年間
94,440円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
13,270円
年間
159,240円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
15,569円
年間
186,828円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
17,092円
年間
205,104円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※CDエナジーダイレクトは1〜2人はベーシックでんき、3〜4人はファミリーでんきで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出

CDエナジーダイレクトとは、中部電力と大阪ガスの共同出資会社である、株式会社CDエナジーダイレクトが販売をしている新電力です。

家族ポイント割やガスセット割などの割引プランはいくつかありますが、他にも安価な電力会社が多数あるため、安さ重視で選ぶ方にはおすすめできません

なお、上記表のシミュレーションは原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額で比較していますが、いずれもCDエナジーダイレクトは東京電力と同額で設定されています。

ただし、燃料費調整単価がCDエナジーダイレクトで上限がないのに対し、東京電力の「従量電灯B」 は上限があるため、燃料価格の高騰によりCDエナジーダイレクトの電気料金が割高になる場合もあります。

シミュレーションでは、一人暮らしの場合に月額料金で約200円弱お得になると結果が出ていますが、必ずしも安くなるとは限らないので注意してください。

おすすめポイント

  • 料金プランが豊富
  • ポイントが貯まりやすい
  • 中部電力・大阪ガスグループなので安心

CDエナジーダイレクトは、プランによって適している人が異なります。

例えば、ライフスタイルに合わせることを重視したい人にはスタンダードメニュー、特典を利用して豊かな暮らしをしたい人にはライフスタイルメニューがおすすめです。

各種プランを比較した上で、自分に最適なプランを選択してください。

CDエナジーダイレクトの評判も参考にしてみると良いでしょう。

電気料金支払いに利用できるポイント貯まる!

1人暮らしの方におすすめ|エバーグリーン・リテイリング

エバーグリーン でんき
引用元|エバーグリーン・リテイリング
料金比較表
エバーグリーン
リテイリング
東京電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
5,597円
年間
67,164円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
9,473円
年間
113,676円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
11,294円
年間
135,528円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
12,538円
年間
150,456円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出

エバーグリーン・リテイリングは、エバーグリーン・リテイリング株式会社によって供給されている新電力です。

電気料金地域別ランキングの一人暮らし部門において、1位を6つ地域で獲得しており、一人暮らしで電気料金を安くしたい方にはおすすめの電力会社です。(当サイト調べ)

一人暮らしの月額料金の場合、約2,500円弱もお得になります。

おすすめポイント

  • 電気料金プランが豊富に揃っている
  • LINEで電気料金を確認できる
  • ガスとのセット割がある

エバーグリーン・リテイリングがおすすめな人の特徴は下記の通りです。

  • 電気代を安くしたい人
  • ガスとのセットプランを探している人

エバーグリーン・リテイリング株式会社はガスも販売しているので、既にガスを契約している方や、ガスと電気の請求をまとめたい方などにおすすめです。

\一人暮らしでも料金が安い/

全国で安い|シン・エナジー

シン・エナジー
引用元|シン・エナジー
料金比較表
シン・エナジー東京電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
5,560円
年間
66,720円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
9,473円
年間
113,676円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
11,290円
年間
135,480円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
12,525円
年間
150,300円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出

シン・エナジーは、シン・エナジー株式会社が販売している新電力です。

新電力の中では比較的珍しく、沖縄でも供給を行っています。

また、電気の使用料金に応じて、JALマイルが200円ごとに1マイル貯まるのも嬉しいポイントです。

1人暮らしの場合、月額料金で約2,500円弱お得になります。

おすすめポイント

  • JALマイルが貯まる
  • 初期費用・解約金が0円
  • 沖縄でも契約ができる

シン・エナジーがおすすめな人の特徴は下記の通りです。

  • JALマイルを貯めている人
  • 電気使用量が少ない1人暮らしの人
  • 沖縄に住んでいる人

1人暮らしで、日中仕事で家にいる時間が少ない人などにおすすめの新電力です。

また、沖縄に引っ越し予定の方もぜひご検討ください。

\全国で料金が最安値級/

電気をどれだけ使っても単価が一律|HTBエナジー

HTBエナジー
引用元|HTBエナジー公式サイト
料金比較表
HTBエナジー東京電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
6,756円
年間
81,072円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
11,046円
年間
132,552円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
12,647円
年間
151,764円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
13,648円
年間
163,776円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※HTBエナジーはベーシックプランで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出

HTBエナジーは、HTBエナジー株式会社によって販売されている新電力です。

電気料金が特別安いわけではありませんが、単価が一律なので、料金計算がシンプルで分かりやすいです。

一人暮らしの場合、月額料金で約1,300円弱お得になります。

また、HTBエナジー株式会社はガスも販売しているので、両方利用すればセット割で安くできます。

おすすめポイント

  • ガスとのセット割がある
  • ライフスタイルに合わせてプランを選択できる
  • 無料で「あんしんサポート365プラス」「あんしんサポート365」が付く

HTBエナジーがおすすめな人の特徴は下記の通りです。

  • 料金が一律のプランを探している人
  • HTBエナジーガスを利用している人
  • オール電化の住宅に住んでいる人

日頃から電気料金の試算をこまめにしている人や、HTBエナジーのガスを既に契約している人などにおすすめの新電力です。

\電気をどれだけ使っても単価が一律/

豊富なプランから選べる|TERASELでんき

teraselでんき
引用元|TERASELでんき(PR)
料金比較表
TERASELでんき(PR)東京電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
7,208円
年間
86,496円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
13,065円
年間
156,780円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
15,373円
年間
184,476円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
16,932円
年間
203,184円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較 ※TERASELでんきは1〜2人はTERASEL東京B、3〜4人は超TERASEL東京Bで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出

TERASELでんき(PR)とは、伊藤忠エネクスグループが提供している新電力です。

一人暮らしの場合、月額料金で約800円お得になります。

プランの内、TERASELマーケットプランであれば、他の大手電力会社よりも安くなる可能性があります。

しかし、30分ごとに料金が変動する市場連動型のプランなので、必ず安くなるというわけではありません。

ちなみに、他のTERASELプランと超TERASELプランは、それほど安くなりません。

おすすめポイント

  • 毎月楽天ポイントが貯まる
  • WEBで申し込みが完結する
  • 電気使用量が多いほど安くなる可能性がある

TERASELでんきがおすすめな人の特徴は下記の通りです。

  • ファミリー世帯
  • 安くなる可能性に賭けてみたい人

毎日の電気使用量が多い、ファミリー世帯にはおすすめの新電力ですが、一人暮らしの方には向いていません。

\豊富なプランから自分に合ったものが見つかる/

東京ガスのセット割がお得|東京ガスの電気

東京ガスの電気
引用元|東京ガスの電気
料金比較表
東京ガスの電気東京電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
7,908円
年間
94,896円
月間
8,042円
年間
96,504円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
13,358円
年間
160,296円
月間
13,776円
年間
165,312円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
15,752円
年間
189,024円
月間
16,355円
年間
196,260円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
17,359円
年間
208,308円
月間
18,114円
年間
217,368円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※東京ガスの電気はきほんプランで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出

東京ガスの電気とは、東京ガス株式会社によって販売されている新電力です。

一人暮らしの場合、月額料金で約130円お得になります。

割引き後の金額で比較をしても最安値ではありませんが、既に東京ガスを契約している方にとっては請求がまとまるので便利です。

おすすめポイント

  • ガスとのセット割がある
  • 解約金・手数料が0円
  • 固定費の請求がまとまるので管理が楽

東京ガスの電気がおすすめな人の特徴は下記の通りです。

  • 既に東京ガスを契約している人
  • ガスとのセット割で固定費を抑えたい人

関東圏に在住の方で、各種請求をまとめて管理したい人にはおすすめの新電力です。

東京ガスの電気が気になる人は、評判や口コミも確認してみましょう。

\東京ガスのセット割がお得/

大阪ガスのセット割がお得|大阪ガスの電気

大阪ガス 電気
引用元|大阪ガスの電気
料金比較表
大阪ガスの電気関西電力
1人暮らし
30A 月間217kWh
月間
4,994円
年間
59,928円
月間
5,128円
年間
61,536円
2人暮らし
30A 月間367kWh
月間
8,763円
年間
105,156円
月間
9,169円
年間
110,028円
3人暮らし
40A 月間423kWh
月間
10,316円
年間
123,792円
月間
10,771円
年間
129,252円
4人暮らし
50A 月間458kWh
月間
11,286円
年間
135,432円
月間
11,771円
年間
141,252円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※大阪ガスの電気は大阪ガスの都市ガスを契約している方向けのプランで計算
※関西電力は従量電灯Aで算出

大阪ガスの電気は、大阪ガス株式会社が販売している新電力です。

関西電力と比べてそこまで安くなるわけではありませんが、4人暮らしなら年間で5,000円以上の節約につながります。

また、電気とガスと同じ会社にすることで、固定費の管理がしやすくなるのも魅力です。

おすすめポイント

  • 申し込みが簡単
  • Amazonプライムの年会費が無料になる
  • ポイントを貯めたり使用したりできる

大阪ガスの電気がおすすめな方の特徴は下記の通りです。

  • 関西在中の人
  • プランが豊富な新電力を利用したい人

提供エリアは関西に限定されていますが、今現在関西電力を使っている方にとっては固定費を節約するチャンスです。

大阪ガスの都市ガスを契約している方なら、通常よりも安い単価で電気を利用できるので、ぜひチェックしてみてください。

\大阪ガスのセット割がお得/

地域別安い電気会社ランキング|大手電力会社と比較シミュレーション

地域別電力会社ランキング

ここからは、各地域別に安い電気会社をランキング形式でご紹介します。

各電気会社ごとに、大手電力会社との比較シミュレーションを行いましたので、どの電気会社も大手電力会社と現在契約している場合であれば、お得に感じられる電気会社ばかりです。

ちなみに、電気料金は同じ会社であっても、地域によって料金が異なるため、必ず在住している地域の料金をご確認ください。

北海道エリア

1位2位3位
一人暮らし
オクトパスエナジーエバーグリーン・リテイリングJapan電力
二人暮らし
エバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジーJapan電力
三人暮らし
Looopでんきエバーグリーン・リテイリングJapan電力
四人暮らし
Looopでんきエバーグリーン・リテイリングJapan電力

従来の電力会社である北海道電力と、この記事でも紹介している主要な新電力会社の電気料金をシミュレーションしたところ、暮らしている人数別に安くておすすめの電力会社は上記のとおりになりました。

以下では1〜4人暮らしの方向けに、それぞれ安くておすすめの電力会社を紹介し、従来の北海道電力から乗り換えるといくら安くなるのか紹介していきます。

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー6,728円80,736円
北海道電力9,488円113,856円
差額2,760円33,120円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:1日36.84円→1105.2円
基本料40A:1日49.12円→1473.6円
基本料50A:1日61.40円→1842円
120kwhまで:23.57円
280kwhまで:28.81円
281kwh以降:31.21円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング6,730円80,760円
北海道電力9,488円113,856円
差額2,758円33,096円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:1022.01円
基本料40A:1362.68円
基本料50A:1703.35円
120kwhまで:23.85円
280kwhまで:29.35円
281kwh以降:29.90円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力7,688円92,256円
北海道電力9,488円113,856円
差額1,800円21,600円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり32.00円
401kwh以降:1kwhあたり31.00円

単価が一律でお得!

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング11,181円134,172円
北海道電力16,058円192,696円
差額4,877円58,524円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:1022.01円
基本料40A:1362.68円
基本料50A:1703.35円
120kwhまで:23.85円
280kwhまで:29.35円
281kwh以降:29.90円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー11,258円135,096円
北海道電力16,058円192,696円
差額4,800円57,600円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:1105.2円
基本料40A:1473.6円
基本料50A:1842円
120kwhまで:23.57円
280kwhまで:28.81円
281kwh以降:31.21円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力12,488円149,856円
北海道電力16,058円192,696円
差額3,570円42,840円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり32.00円
401kwh以降:1kwhあたり31.00円

単価が一律でお得!

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき13,058円156,696円
北海道電力19,001円228,012円
差額5,943円71,316円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定15.87円+30分ごと15円を想定)
※北海道電力は従量電灯Bで算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価30.87〜円(基本料0円)
2024年7月固定:15.87
30分ごと:15円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング13,196円158,352円
北海道電力19,001円228,012円
差額5,805円69,660円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:1022.01円
基本料40A:1362.68円
基本料50A:1703.35円
120kwhまで:23.85円
280kwhまで:29.35円
281kwh以降:29.90円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力14,226円170,712円
北海道電力19,001円228,012円
差額4,775円57,300円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり32.00円
401kwh以降:1kwhあたり31.00円

単価が一律でお得!

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき14,138円169,656円
北海道電力20,991円251,892円
差額6,853円82,236円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定15.87円+30分ごと15円を想定)
※北海道電力は従量電灯Bで算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価30.87〜円(基本料0円)
2024年7月固定:15.87
30分ごと:15円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング14,583円174,996円
北海道電力20,991円251,892円
差額6,408円76,896円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:1022.01円
基本料40A:1362.68円
基本料50A:1703.35円
120kwhまで:23.85円
280kwhまで:29.35円
281kwh以降:29.90円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力15,311円183,732円
北海道電力20,991円251,892円
差額5,680円68,160円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※北海道電力は従量電灯Bで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり32.00円
401kwh以降:1kwhあたり31.00円

単価が一律でお得!

東北エリア(宮城・青森・岩手・秋田・山形・福島・新潟)

1位2位3位
一人暮らし
エバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジーシン・エナジー
二人暮らし
エバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジーシン・エナジー
三人暮らし
エバーグリーン・リテイリングJapan電力シン・エナジー
四人暮らし
Japan電力エバーグリーン・リテイリングシン・エナジー

大手電力会社である東北電力と、今回ご紹介している主要な新電力会社を比較してシミュレーションした結果、上記のようなランキングとなりました。

そして、以下からは1~4人暮らしの方に向けて、それぞれの人数別に安い新電力会社をご紹介しています。

東北電力から乗り換えると、いくら安くなるのかも併せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング5,639円67,668円
東北電力8,191円98,292円
差額2,552円30,624円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:990円
基本料40A:1320円
基本料50A:1650円
120kwhまで:18.58円
300kwhまで:24.95円
301kwh以降:26.28円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー5,713円68,556円
東北電力8,191円98,292円
差額2,478円29,736円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:1092.6円
基本料40A:1456.8円
基本料50A:1821円
120kwhまで:18.59円
300kwhまで:24.64円
301kwh以降:27.44円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

3位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー5,737円68,844円
東北電力8,191円98,292円
差額2,454円29,448円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:1,099.63円
基本料40A:1466.18円
基本料50A:1,831.70円
120kwhまで:18.64円
300kwhまで:24.75円
301kwh以降:27.12円

\全国で料金が最安値級/

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング9,471円113,652円
東北電力13,911円166,932円
差額4,440円53,280円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:990円
基本料40A:1320円
基本料50A:1650円
120kwhまで:18.58円
300kwhまで:24.95円
301kwh以降:26.28円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー9,597円115,164円
東北電力13,911円166,932円
差額4,314円51,768円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:1092.6円
基本料40A:1456.8円
基本料50A:1821円
120kwhまで:18.59円
300kwhまで:24.64円
301kwh以降:27.44円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

3位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー9,608円115,296円
東北電力13,911円166,932円
差額4,303円51,636円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:1,099.63円
基本料40A:1466.18円
基本料50A:1,831.70円
120kwhまで:18.64円
300kwhまで:24.75円
301kwh以降:27.12円

\全国で料金が最安値級/

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング11,273円135,276円
東北電力16,538円198,456円
差額5,265円63,180円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:990円
基本料40A:1320円
基本料50A:1650円
120kwhまで:18.58円
300kwhまで:24.95円
301kwh以降:26.28円

\一人暮らしでも料金が安い/

単価が一律でお得!

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー11,493円137,916円
東北電力16,538円198,456円
差額5,045円60,540円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:1,099.63円
基本料40A:1466.18円
基本料50A:1,831.70円
120kwhまで:18.64円
300kwhまで:24.75円
301kwh以降:27.12円

\全国で料金が最安値級/

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力12,538円150,456円
東北電力16,538円198,456円
差額4,000円48,000円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり28.00円
401kwh以降:1kwhあたり27.00円

単価が一律でお得!

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング12,522円150,264円
東北電力18,319円219,828円
差額5,797円69,564円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:990円
基本料40A:1320円
基本料50A:1650円
120kwhまで:18.58円
300kwhまで:24.95円
301kwh以降:26.28円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー12,808円153,696円
東北電力18,319円219,828円
差額5,511円66,132円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:1,099.63円
基本料40A:1466.18円
基本料50A:1,831.70円
120kwhまで:18.64円
300kwhまで:24.75円
301kwh以降:27.12円

\全国で料金が最安値級/

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力13,483円161,796円
東北電力18,319円219,828円
差額4,836円58,032円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※東北電力は従量電灯Bで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり28.00円
401kwh以降:1kwhあたり27.00円

単価が一律でお得!

関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・静岡の富士川より東)

1位2位3位
一人暮らし
エバーグリーン・リテイリングシン・エナジーオクトパスエナジー
二人暮らし
エバーグリーン・リテイリングシン・エナジーオクトパスエナジー
三人暮らし
シン・エナジーエバーグリーン・リテイリングJapan電力
四人暮らし
シン・エナジーエバーグリーン・リテイリングJapan電力

関東エリアにおいて主要電力会社である東京電力と、全国的に主要だと言われている新電力会社を比較し、シミュレーションした結果のランキングが上記の表です。

そして以下からは暮らしている人数別に、1~4人の4パターンで新電力会社を安い順にご紹介しています。

従来の電力会社である東京電力と比較し、いくら安くなるのかもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング5,597円67,164円
東京電力8,042円96,504円
差額2,445円29,340円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:852.87円
基本料40A:1137.16円
基本料50A:1421.45円
120kwhまで:19.69円
300kwhまで:24.55円
301kwh以降:27.44円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー5,560円66,720円
東京電力8,042円96,504円
差額2,482円29,784円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:796.06円
基本料40A:1061.41円
基本料50A:1,326.76円
120kwhまで:19.67円
300kwhまで:24.78円
301kwh以降:27.71円

\全国で料金が最安値級/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー5,800円69,600円
東京電力8,042円96,504円
差額2,242円26,904円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:873円
基本料40A:1,164円
基本料50A:1,455円
120kwhまで:20.62円
300kwhまで:25.29円
301kwh以降:27.44円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング9,473円113,676円
東京電力13,776円165,312円
差額4,303円51,636円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:852.87円
基本料40A:1137.16円
基本料50A:1421.45円
120kwhまで:19.69円
300kwhまで:24.55円
301kwh以降:27.44円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー9,473円113,676円
東京電力13,776円165,312円
差額4,303円51,636円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:796.06円
基本料40A:1061.41円
基本料50A:1,326.76円
120kwhまで:19.67円
300kwhまで:24.78円
301kwh以降:27.71円

\全国で料金が最安値級/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー9,738円116,856円
東京電力13,776円165,312円
差額4,038円48,456円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:873円
基本料40A:1,164円
基本料50A:1,455円
120kwhまで:20.62円
300kwhまで:25.29円
301kwh以降:27.44円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー11,290円135,480円
東京電力16,355円196,260円
差額5,065円60,780円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:796.06円
基本料40A:1061.41円
基本料50A:1,326.76円
120kwhまで:19.67円
300kwhまで:24.78円
301kwh以降:27.71円

\全国で料金が最安値級/

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング11,294円135,528円
東京電力16,355円196,260円
差額5,061円60,732円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:852.87円
基本料40A:1137.16円
基本料50A:1421.45円
120kwhまで:19.69円
300kwhまで:24.55円
301kwh以降:27.44円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力12,538円150,456円
東京電力16,355円196,260円
差額3,817円45,804円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり28.00円
401kwh以降:1kwhあたり27.00円

単価が一律でお得!

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー12,525円150,300円
東京電力18,114円217,368円
差額5,589円67,068円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:796.06円
基本料40A:1061.41円
基本料50A:1,326.76円
120kwhまで:19.67円
300kwhまで:24.78円
301kwh以降:27.71円

\全国で料金が最安値級/

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング12,538円150,456円
東京電力18,114円217,368円
差額5,576円66,912円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:852.87円
基本料40A:1137.16円
基本料50A:1421.45円
120kwhまで:19.69円
300kwhまで:24.55円
301kwh以降:27.44円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力13,483円161,796円
東京電力18,114円217,368円
差額4,631円55,572円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※東京電力は従量電灯Bで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり28.00円
401kwh以降:1kwhあたり27.00円

単価が一律でお得!

中部エリア(愛知・静岡の富士川より西・岐阜・三重・長野)

1位2位3位
一人暮らし
シン・エナジーエバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジー
二人暮らし
シン・エナジーエバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジー
三人暮らし
シン・エナジーエバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジー
四人暮らし
シン・エナジーエバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジー

上記の表は、中部エリアの大手電力会社である中部電力と、今回の記事でご紹介している新電力会社の電気料金をシミュレーションしてランキング付けしたものになります。

そして以下からは、同居している人数別におすすめの新電力会社をご紹介しています。

電力会社を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー5,684円68,208円
中部電力5,997円71,964円
差額313円3,756円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:857.95円
基本料40A:1145.59円
基本料50A:1,430.25円
120kwhまで:20.69円
300kwhまで:24.16円
301kwh以降:25.53円

\全国で料金が最安値級/

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング5,718円68,616円
中部電力5,997円71,964円
差額279円3,348円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:849.42円
基本料40A:1,132.56円
基本料50A:1,415.70円
120kwhまで:20.96円
280kwhまで:24.27円
281kwh以降:25.78円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー5,831円69,972円
中部電力5,997円71,964円
差額166円1,992円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:890.4円
基本料40A:1,187.2円
基本料50A:1480円
120kwhまで:21.05円
280kwhまで:24.90円
281kwh以降:26.70円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー9,400円112,800円
中部電力10,045円120,540円
差額645円7,740円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:857.95円
基本料40A:1145.59円
基本料50A:1,430.25円
120kwhまで:20.69円
300kwhまで:24.16円
301kwh以降:25.53円

\全国で料金が最安値級/

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング9,460円113,520円
中部電力10,045円120,540円
差額585円7,020円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:849.42円
基本料40A:1,132.56円
基本料50A:1,415.70円
120kwhまで:20.96円
280kwhまで:24.27円
281kwh以降:25.78円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー9,687円116,244円
中部電力10,045円120,540円
差額358円4,296円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:890.4円
基本料40A:1,187.2円
基本料50A:1480円
120kwhまで:21.05円
280kwhまで:24.90円
281kwh以降:26.70円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー11,117円133,404円
中部電力11,969円143,628円
差額852円10,224円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:857.95円
基本料40A:1145.59円
基本料50A:1,430.25円
120kwhまで:20.69円
300kwhまで:24.16円
301kwh以降:25.53円

\全国で料金が最安値級/

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング11,187円134,244円
中部電力11,969円143,628円
差額782円9,384円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:849.42円
基本料40A:1,132.56円
基本料50A:1,415.70円
120kwhまで:20.96円
280kwhまで:24.27円
281kwh以降:25.78円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー11,463円137,564円
中部電力11,969円143,628円
差額506円6,064円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:890.4円
基本料40A:1,187.2円
基本料50A:1480円
120kwhまで:21.05円
280kwhまで:24.90円
281kwh以降:26.70円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー12,295円147,540円
中部電力13,292円159,504円
差額997円11,964円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:857.95円
基本料40A:1145.59円
基本料50A:1,430.25円
120kwhまで:20.69円
300kwhまで:24.16円
301kwh以降:25.53円

\全国で料金が最安値級/

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング12,372円148,464円
中部電力13,292円159,504円
差額920円11,040円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:849.42円
基本料40A:1,132.56円
基本料50A:1,415.70円
120kwhまで:20.96円
280kwhまで:24.27円
281kwh以降:25.78円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー12,691円152,292円
中部電力13,292円159,504円
差額601円7,212円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※中部電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:890.4円
基本料40A:1,187.2円
基本料50A:1480円
120kwhまで:21.05円
280kwhまで:24.90円
281kwh以降:26.70円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

北陸エリア(石川・富山・福井)

1位2位3位
一人暮らし
エバーグリーン・リテイリングシン・エナジーオクトパスエナジー
二人暮らし
エバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジーシン・エナジー
三人暮らし
エバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジーシン・エナジー
四人暮らし
エバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジーシン・エナジー

北陸エリアの主要電力会社である北陸電力と、国内でも有名な新電力会社の料金を比較シミュレーションしてランキング付けした表が上記です。

なお、同居している人数別に、おすすめの電力会社は異なります。

そして下記からは、人数別におすすめの新電力会社を、北陸電力といくら安くなるのか比較しながらご紹介していきます。

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング4,922円59,064円
北陸電力7,981円95,772円
差額3,059円36,708円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:726.00円
基本料40A:968.00円
基本料50A:1,210.00円
120kwhまで:17.84円
300kwhまで:21.19円
301kwh以降:21.39円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー5,059円60,708円
北陸電力7,981円95,772円
差額2,922円25,644円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:885.72円
基本料40A:1,180.96円
基本料50A:1,476.20円
120kwhまで:17.68円
300kwhまで:21.16円
301kwh以降:23.12円

\全国で料金が最安値級/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー5,105円61,260円
北陸電力7,981円95,772円
差額2,876円34,512円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:894.6円
基本料40A:1192.8円
基本料50A:1491円
120kwhまで:17.96円
280kwhまで:21.19円
281kwh以降:21.94円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング8,114円97,368円
北陸電力13,308円159,696円
差額5,194円62,328円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:726.00円
基本料40A:968.00円
基本料50A:1,210.00円
120kwhまで:17.84円
300kwhまで:21.19円
301kwh以降:21.39円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー8,333円99,996円
北陸電力13,308円159,696円
差額4,975円59,700円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:894.6円
基本料40A:1192.8円
基本料50A:1491円
120kwhまで:17.96円
280kwhまで:21.19円
281kwh以降:21.94円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

3位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー8,365円100,380円
北陸電力13,308円159,696円
差額4,943円59,316円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:885.72円
基本料40A:1,180.96円
基本料50A:1,476.20円
120kwhまで:17.68円
300kwhまで:21.16円
301kwh以降:23.12円

\全国で料金が最安値級/

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング9,553円114,636円
北陸電力15,652円187,824円
差額6,099円73,188円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:726.00円
基本料40A:968.00円
基本料50A:1,210.00円
120kwhまで:17.84円
300kwhまで:21.19円
301kwh以降:21.39円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー9,860円118,320円
北陸電力15,652円187,824円
差額5,792円69,504円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:894.6円
基本料40A:1192.8円
基本料50A:1491円
120kwhまで:17.96円
280kwhまで:21.19円
281kwh以降:21.94円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

3位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー9,955円119,460円
北陸電力15,652円187,824円
差額5,697円68,364円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:885.72円
基本料40A:1,180.96円
基本料50A:1,476.20円
120kwhまで:17.68円
300kwhまで:21.16円
301kwh以降:23.12円

\全国で料金が最安値級/

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング10,544円126,528円
北陸電力17,231円206,772円
差額6,687円80,244円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:726.00円
基本料40A:968.00円
基本料50A:1,210.00円
120kwhまで:17.84円
300kwhまで:21.19円
301kwh以降:21.39円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー10,926円131,112円
北陸電力17,231円206,772円
差額6,305円75,660円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料30A:894.6円
基本料40A:1192.8円
基本料50A:1491円
120kwhまで:17.96円
280kwhまで:21.19円
281kwh以降:21.94円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

3位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー11,059円132,708円
北陸電力17,231円206,772円
差額6,172円74,064円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※北陸電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:885.72円
基本料40A:1,180.96円
基本料50A:1,476.20円
120kwhまで:17.68円
300kwhまで:21.16円
301kwh以降:23.12円

\全国で料金が最安値級/

関西エリア(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)

1位2位3位
一人暮らし
シン・エナジーオクトパスエナジーエバーグリーン・リテイリング
二人暮らし
オクトパスエナジーシン・エナジーエバーグリーン・リテイリング
三人暮らし
オクトパスエナジーシン・エナジーエバーグリーン・リテイリング
四人暮らし
オクトパスエナジーシン・エナジーエバーグリーン・リテイリング

関西エリアの主要電力会社である関西電力と新電力会社をシミュレーションし、世帯人数別にランキングにした表が上記です。

人数別におすすめの電力会社は異なるので、ぜひ参考にしてみてください。

そして下記からは、さらに詳細におすすめの新電力会社を人数別にご紹介していきます。

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー4,788円57,456円
関西電力12,444円149,328円
差額7,656円91,872円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
シン・エナジーの単価

基本料:396.81円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:19.81円
300kwhまで:23.83円
301kwh以降:27.30円

\全国で料金が最安値級/

2位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー4,803円57,636円
関西電力12,444円149,328円
差額7,641円91,692円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):372円(15kwhまで)
15から120kwhまで:20.21円
300kwhまで:23.81円
301kwh以降:26.61円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

3位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング4,850円58,200円
関西電力12,444円149,328円
差額7,594円91,128円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:341.00円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:20.30円
300kwhまで:24.52円
301kwh以降:26.98円

\一人暮らしでも料金が安い/

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー8,562円102,744円
関西電力16,486円197,832円
差額7,924円95,088円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):372円(15kwhまで)
15から120kwhまで:20.21円
300kwhまで:23.81円
301kwh以降:26.61円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー8,595円103,140円
関西電力16,486円197,832円
差額7,891円94,692円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
シン・エナジーの単価

基本料:396.81円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:19.81円
300kwhまで:23.83円
301kwh以降:27.30円

\全国で料金が最安値級/

3位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング8,693円104,316円
関西電力16,486円197,832円
差額7,793円93,516円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:341.00円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:20.30円
300kwhまで:24.52円
301kwh以降:26.98円

\一人暮らしでも料金が安い/

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー10,052円120,624円
関西電力18,087円217,044円
差額8,035円96,420円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):372円(15kwhまで)
15から120kwhまで:20.21円
300kwhまで:23.81円
301kwh以降:26.61円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー10,124円121,488円
関西電力18,087円217,044円
差額7,963円95,556円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
シン・エナジーの単価

基本料:396.81円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:19.81円
300kwhまで:23.83円
301kwh以降:27.30円

\全国で料金が最安値級/

3位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング10,204円122,448円
関西電力18,087円217,044円
差額7,883円94,596円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:341.00円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:20.30円
300kwhまで:24.52円
301kwh以降:26.98円

\一人暮らしでも料金が安い/

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー10,984円131,808円
関西電力19,087円229,044円
差額8,103円97,236円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):372円(15kwhまで)
15から120kwhまで:20.21円
300kwhまで:23.81円
301kwh以降:26.61円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー11,079円132,948円
関西電力19,087円229,044円
差額8,008円96,096円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
シン・エナジーの単価

基本料:396.81円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:19.81円
300kwhまで:23.83円
301kwh以降:27.30円

\全国で料金が最安値級/

3位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング11,148円133,776円
関西電力19,087円229,044円
差額7,939円95,268円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※関西電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:341.00円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:20.30円
300kwhまで:24.52円
301kwh以降:26.98円

\一人暮らしでも料金が安い/

中国エリア(広島・岡山・山口・鳥取・島根)

1位2位3位
一人暮らし
エバーグリーン・リテイリングシン・エナジーオクトパスエナジー
二人暮らし
エバーグリーン・リテイリングシン・エナジーLooopでんき
三人暮らし
エバーグリーン・リテイリングシン・エナジーLooopでんき
四人暮らし
エバーグリーン・リテイリングシン・エナジーLooopでんき

上記の表では、従来の電力会社である中国電力と新電力会社をシミュレーションしています。

世帯人数ごとにおすすめの電力会社は異なります。

そして次からは、人数ごとのおすすめ電力会社を詳細にご紹介すると共に、中国電力から乗り換えるといくらお得になるのかもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング4,990円59,880円
中国電力18,658円223,896円
差額13,668円164,016円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※中国電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:336.38円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:20.36円
300kwhまで:25.94円
301kwh以降:26.10円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー5,162円61,944円
中国電力18,658円223,896円
差額13,496円161,952円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※中国電力は従量電灯Aで算出
シン・エナジーの単価

基本料:420.81円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:21.44円
300kwhまで:25.67円
301kwh以降:28.42円

\全国で料金が最安値級/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー5,378円64,536円
中国電力18,658円223,896円
差額13,280円159,360円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※中国電力は従量電灯Aで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):524.1円(15kwhまで)
16から120kwhまで:21.21円
300kwhまで:27.09円
301kwh以降:28.08円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング8,892円106,704円
中国電力24,715円296,580円
差額15,823円189,876円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※中国電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:336.38円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:20.36円
300kwhまで:25.94円
301kwh以降:26.10円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー9,196円110,352円
中国電力24,715円296,580円
差額15,519円186,228円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※中国電力は従量電灯Aで算出
シン・エナジーの単価

基本料:420.81円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:21.44円
300kwhまで:25.67円
301kwh以降:28.42円

\全国で料金が最安値級/

3位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき9,420円113,040円
中国電力24,715円296,580円
差額15,295円183,540円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定15.67円+30分ごと10円を想定)
※中国電力は従量電灯Aで算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価25.67〜円(基本料0円)
2024年7月固定:15.67
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング10,353円124,236円
中国電力27,042円324,504円
差額16,689円200,268円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※中国電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:336.38円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:20.36円
300kwhまで:25.94円
301kwh以降:26.10円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー10,788円129,456円
中国電力27,042円324,504円
差額16,254円195,048円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※中国電力は従量電灯Aで算出
シン・エナジーの単価

基本料:420.81円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:21.44円
300kwhまで:25.67円
301kwh以降:28.42円

\全国で料金が最安値級/

3位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき10,858円130,296円
中国電力27,042円324,504円
差額16,184円194,208円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定15.67円+30分ごと10円を想定)
※中国電力は従量電灯Aで算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価25.67〜円(基本料0円)
2024年7月固定:15.67
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング11,367円135,204円
中国電力28,496円341,952円
差額17,129円206,748円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※中国電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:336.38円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:20.36円
300kwhまで:25.94円
301kwh以降:26.10円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー11,782円141,384円
中国電力28,496円341,952円
差額16,714円200,568円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※中国電力は従量電灯Aで算出
シン・エナジーの単価

基本料:420.81円(15kwhまで含まれる)
16から120kwhまで:21.44円
300kwhまで:25.67円
301kwh以降:28.42円

\全国で料金が最安値級/

3位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき11,756円141,072円
中国電力28,496円341,952円
差額16,740円200,880円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定15.67円+30分ごと10円を想定)
※中国電力は従量電灯Aで算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価25.67〜円(基本料0円)
2024年7月固定:15.67
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

四国エリア(香川・愛媛・徳島・高知)

1位2位3位
一人暮らし
エバーグリーン・リテイリングシン・エナジーオクトパスエナジー
二人暮らし
エバーグリーン・リテイリングLooopでんきオクトパスエナジー
三人暮らし
エバーグリーン・リテイリングLooopでんきJapan電力
四人暮らし
エバーグリーン・リテイリングLooopでんきJapan電力

四国エリアの従来の電力会社である四国電力と、新電力会社の電気料金をシミュレーションした表が上記になります。

暮らしている人数別に、少し順位が異なっているのが特徴的です。

そこで下記からは、人数別のおすすめ電力会社を、四国電力からいくら安くなるのか比較しながらご紹介していきます。

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング5,057円60,684円
四国電力16,836円202,032円
差額11,779円141,348円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※四国電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:407.41円(11kwhまで含まれる)
12から120kwhまで:20.10円
300kwhまで:25.35円
301kwh以降:26.30円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー5,332円63,984円
四国電力16,836円202,032円
差額11,504円138,048円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※四国電力は従量電灯Aで算出
シン・エナジーの単価

基本料:448.96円(11kwhまで含まれる)
12から120kwhまで:20.83円
300kwhまで:26.94円
301kwh以降:28.27円

\全国で料金が最安値級/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー5,354円64,248円
四国電力16,836円202,032円
差額11,482円137,784円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※四国電力は従量電灯Aで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):552円(11kwhまで)
12から120kwhまで:20.73円
300kwhまで:26.22円
301kwh以降:28.22円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング8,923円107,076円
四国電力22,662円271,944円
差額13,739円164,868円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※四国電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:407.41円(11kwhまで含まれる)
12から120kwhまで:20.10円
300kwhまで:25.35円
301kwh以降:26.30円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき9,380円112,560円
四国電力22,662円271,944円
差額13,282円159,384円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定15.56円+30分ごと10円を想定)
※四国電力は従量電灯Aで算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価25.56〜円(基本料0円)
2024年7月固定:15.56
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー9,421円113,052円
四国電力22,662円271,944円
差額13,241円158,892円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※四国電力は従量電灯Aで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):552円(11kwhまで)
12から120kwhまで:20.73円
300kwhまで:26.22円
301kwh以降:28.22円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング10,396円124,752円
四国電力24,946円299,352円
差額14,550円174,600円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※四国電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:407.41円(11kwhまで含まれる)
12から120kwhまで:20.10円
300kwhまで:25.35円
301kwh以降:26.30円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき10,811円129,732円
四国電力24,946円299,352円
差額14,135円169,620円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定15.56円+30分ごと10円を想定)
※四国電力は従量電灯Aで算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価25.56〜円(基本料0円)
2024年7月固定:15.56
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力12,142円145,704円
四国電力24,946円299,352円
差額12,804円153,648円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※四国電力は従量電灯Aで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり27.00円
401kwh以降:1kwhあたり26.00円

単価が一律でお得!

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング11,316円135,792円
四国電力26,373円316,476円
差額15,057円180,684円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Aで算出
※四国電力は従量電灯Aで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料:407.41円(11kwhまで含まれる)
12から120kwhまで:20.10円
300kwhまで:25.35円
301kwh以降:26.30円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき11,706円140,472円
四国電力26,373円316,476円
差額14,667円176,004円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定15.56円+30分ごと10円を想定)
※四国電力は従量電灯Aで算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価25.56〜円(基本料0円)
2024年7月固定:15.56
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

3位:Japan電力

料金比較表月間料金年間料金
Japan電力13,052円156,624円
四国電力26,373円316,476円
差額13,321円159,852円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※Japan電力はくらしプランSで算出
※四国電力は従量電灯Aで算出
Japan電力の単価

容量拠出金反映額:744円

従量料金
1〜400kwhまで:1kwhあたり27.00円
401kwh以降:1kwhあたり26.00円

単価が一律でお得!

九州エリア(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島)

1位2位3位
一人暮らし
エバーグリーン・リテイリングTERASELでんきシン・エナジー
二人暮らし
エバーグリーン・リテイリングシン・エナジーオクトパスエナジー
三人暮らし
エバーグリーン・リテイリングオクトパスエナジーシン・エナジー
四人暮らし
オクトパスエナジーエバーグリーン・リテイリングシン・エナジー

九州エリアの主要電力会社である九州電力と、今回の記事で主にご紹介している新電力会社とシミュレーションした結果が、上記の表の内容になります。

そして以下からは、1~4人の世帯人数別におすすめ新電力会社をご紹介していきます。

九州電力から乗り換えるといくら安くなるのかもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング5,164円61,968円
九州電力5,478円65,736円
差額314円3,768円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:886.53円
基本料40A:1,182.04円
基本料50A:1,477.55円
120kwhまで:17.45円
280kwhまで:22.52円
281kwh以降:23.44円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:TERASELでんき

料金比較表月間料金年間料金
TERASELでんき5,215円62,580円
九州電力5,478円65,736円
差額263円3,156円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※TERASELでんきはTERASEL九州Bで算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
TERASELでんきの単価

10Aごとの基本料
TERASEL九州B:301.39円
超TERASEL九州B:316.24円

TERASEL九州B:(1人暮らし)
120kwhまで:17.49円
300kwhまで:22.81円
301kwh以降:25.66円

超TERASEL九州B:(2人暮らし以降)
120kwhまで:18.19円
300kwhまで:22.96円
301kwh以降:24.38円

\豊富なプランから自分に合ったものが見つかる/

3位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー5,263円63,156円
九州電力5,478円65,736円
差額215円2,580円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:939.81円
基本料40A:1,229.32円
基本料50A:1,506.95円
120kwhまで:18.08円
280kwhまで:22.21円
281kwh以降:24.25円

\全国で料金が最安値級/

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング8,604円103,248円
九州電力9,274円111,288円
差額670円8,040円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:886.53円
基本料40A:1,182.04円
基本料50A:1,477.55円
120kwhまで:17.45円
280kwhまで:22.52円
281kwh以降:23.44円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー8,731円104,772円
九州電力9,274円111,288円
差額543円6,516円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:939.81円
基本料40A:1,229.32円
基本料50A:1,506.95円
120kwhまで:18.08円
280kwhまで:22.21円
281kwh以降:24.25円

\全国で料金が最安値級/

3位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー8,881円106,572円
九州電力9,274円111,288円
差額393円4,716円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):934.2円
120kwhまで:17.98円
300kwhまで:22.98円
301kwh以降:24.68円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング10,212円122,544円
九州電力11,101円133,212円
差額889円10,668円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:886.53円
基本料40A:1,182.04円
基本料50A:1,477.55円
120kwhまで:17.45円
280kwhまで:22.52円
281kwh以降:23.44円

\一人暮らしでも料金が安い/

2位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー10,263円123,156円
九州電力11,101円133,212円
差額838円10,056円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):934.2円
120kwhまで:17.98円
300kwhまで:22.98円
301kwh以降:24.68円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

3位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー10,379円124,548円
九州電力11,101円133,212円
差額722円8,664円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:939.81円
基本料40A:1,229.32円
基本料50A:1,506.95円
120kwhまで:18.08円
280kwhまで:22.21円
281kwh以降:24.25円

\全国で料金が最安値級/

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:オクトパスエナジー

料金比較表月間料金年間料金
オクトパスエナジー11,127円133,524円
九州電力12,361円148,332円
差額1,234円14,808円
※実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、比較のためにひと月あたり30日として計算した総額を掲載しています。
引用元:お知らせ・約款類
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※オクトパスエナジーはグリーンオクトパス 2023-12で算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
オクトパスエナジーの単価

基本料(全部同じ):934.2円
120kwhまで:17.98円
300kwhまで:22.98円
301kwh以降:24.68円

\再生可能エネルギーでお得な電気/

2位:エバーグリーン・リテイリング

料金比較表月間料金年間料金
エバーグリーン・リテイリング11,328円135,936円
九州電力12,361円148,332円
差額1,033円12,396円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※エバーグリーン・リテイリングは従量電灯Bで算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
エバーグリーン・リテイリングの単価

基本料30A:886.53円
基本料40A:1,182.04円
基本料50A:1,477.55円
120kwhまで:17.45円
280kwhまで:22.52円
281kwh以降:23.44円

\一人暮らしでも料金が安い/

3位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー11,505円138,060円
九州電力12,361円148,332円
差額856円10,272円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※九州電力は従量電灯Bで算出
シン・エナジーの単価

基本料30A:939.81円
基本料40A:1,229.32円
基本料50A:1,506.95円
120kwhまで:18.08円
280kwhまで:22.21円
281kwh以降:24.25円

\全国で料金が最安値級/

沖縄エリア

1位2位
一人暮らし
シン・エナジーLooopでんき
二人暮らし
シン・エナジーLooopでんき
三人暮らし
シン・エナジーLooopでんき
四人暮らし
Looopでんきシン・エナジー

沖縄エリアでの主要電力会社である沖縄電力と、今回主にご紹介している新電力会社の料金を比較した結果が上記の表です。

世帯人数別に順位が少し変わっているのかポイントで、以下からはその人数別におすすめの電力会社をさらに詳細にご紹介しています。

沖縄電力から変更すると、いくら安くなるのかも併せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

一人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:217kWh
  • 年間電気使用量:2,606kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー6,008円72,096円
沖縄電力15,289円183,468円
差額9,281円111,372円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※沖縄電力は従量電灯で算出
シン・エナジーの単価

基本料:428.67円(10kwhまで含まれる)
11から120kwhまで:24.81円
300kwhまで:29.39円
301kwh以降:30.41円

\全国で料金が最安値級/

2位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき6,266円75,192円
沖縄電力15,289円183,468円
差額9,023円108,276円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定18.88円+30分ごと10円を想定)
※沖縄電力は従量電灯で算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価28.88円(基本料0円)
2024年7月固定:18.88
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

二人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:30A
  • 月間電気使用量:367kWh
  • 年間電気使用量:4,400kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー10,485円125,820円
沖縄電力22,282円267,384円
差額11,797円141,564円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※沖縄電力は従量電灯で算出
シン・エナジーの単価

基本料:428.67円(10kwhまで含まれる)
11から120kwhまで:24.81円
300kwhまで:29.39円
301kwh以降:30.41円

\全国で料金が最安値級/

2位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき10,598円127,176円
沖縄電力22,282円267,384円
差額11,684円140,208円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定18.88円+30分ごと10円を想定)
※沖縄電力は従量電灯で算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価28.88円(基本料0円)
2024年7月固定:18.88
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

三人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:40A
  • 月間電気使用量:423kWh
  • 年間電気使用量:5,080kWh

1位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー12,188円146,256円
沖縄電力24,955円299,460円
差額12,767円153,204円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※沖縄電力は従量電灯で算出
シン・エナジーの単価

基本料:428.67円(10kwhまで含まれる)
11から120kwhまで:24.81円
300kwhまで:29.39円
301kwh以降:30.41円

\全国で料金が最安値級/

2位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき12,216円146,592円
沖縄電力24,955円299,460円
差額12,739円152,868円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定18.88円+30分ごと10円を想定)
※沖縄電力は従量電灯で算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価28.88円(基本料0円)
2024年7月固定:18.88
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

四人暮らし向け電力会社

料金シミュレーションの内容

  • 契約アンペア数:50A
  • 月間電気使用量:458kWh
  • 年間電気使用量:5,490kWh

1位:Looopでんき

料金比較表月間料金年間料金
Looopでんき13,227円158,724円
沖縄電力26,625円319,500円
差額13,398円160,776円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※LooopでんきはスマートタイムONEで算出(単価は2024年7月固定18.88円+30分ごと10円を想定)
※沖縄電力は従量電灯で算出
Looopでんきの単価

1kwhあたり単価28.88円(基本料0円)
2024年7月固定:18.88
30分ごと:10円の想定

基本料金・燃料費調整額がずっと0円!

2位:シン・エナジー

料金比較表月間料金年間料金
シン・エナジー13,252円159,024円
沖縄電力26,625円319,500円
差額13,373円160,476円
※原・燃料費調整額および再生可能エネルギー発電補足賦課金を含まない金額の比較
※シン・エナジーはきほんプランで算出
※沖縄電力は従量電灯で算出
シン・エナジーの単価

基本料:428.67円(10kwhまで含まれる)
11から120kwhまで:24.81円
300kwhまで:29.39円
301kwh以降:30.41円

\全国で料金が最安値級/

電力会社を比較する際の5つのポイント

電力会社 比較 ポイント

電力会社を比較する際に、どのようなポイントに注目すれば良いのか、分からない方も多いと思います。

そこでここからは、電力会社を比較する時のポイントをご紹介します。

ポイントは次の5つです。

すべてのご家庭が同じ条件ではないので、日頃の電気使用量や在住地に応じて比較する必要があります。

では、順番にご紹介していきます。

電気料金は、基本料金と従量料金の組み合わせで決まる場合が多いです。

基本料金は契約しているアンペア数で決まり、従量料金は使用した電気量によって決まります。

そのため、もし電気使用量が多い場合は従量料金が安いプラン少ない場合は基本料金が安いプランがおすすめです。

現在の電気利用状況を確認した上で選ぶようにしてみましょう。

対応エリアを確認する

電力会社

意外と忘れがちなのが、電力会社の対応エリアです。

お住いの地域が、契約を考えている電力会社のサービスエリア外だと、そもそも契約ができません。

契約前に対応エリアをしっかり確認しましょう。

東京電力、関西電力、中部電力エリアの大都市圏であれば、多くの電力会社がサービスを提供しています。

ここに住んでいる人は、電力会社選びに困らないでしょう。

一方、北海道電力、東北電力、沖縄電力エリアなど人口が比較的少ない地域は、サービスを提供していない電力会社もあります。

地方に住んでいる人は、契約前に電力会社の提供エリアをしっかり確認しましょう

電力会社の信頼性もチェックする

電力会社と契約する前に、その会社の信頼性も確認しておくことをおすすめします。

ここでは、「大手電力会社ランキング」「電力会社売上ランキング」「新電力あまりおすすめできない会社」をご紹介します。

どの電力会社にするか検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

大手電力会社ランキング
順位社名
1位関西電力
2位北海道電力
3位東北電力
※引用元:オリコン

加入手続き・サポートサービス・コストパフォーマンス・料金プラン・キャンペーン・特典などを加味した、総合ランキングです。

オリコン顧客満足度を参考にしているため、上記3つの電力会社は、利用者の満足度が高いといえます。

電力会社売上ランキング
順位社名売上(億円)
1位東京電力HD53,099
2位関西電力28,518
3位中部電力27,051
※引用元:業界動向サーチ

電力会社売上ランキングでは、やはり大手の電力会社が上位を占めています。

とくに、関東エリアをメインに運営している東京電力HDが1位という結果になりました。

新電力あまりおすすめできない会社
順位社名倒産危険度
(Zスコア)
1位リニューアブル・ジャパン0.66
2位西部ガスHD1.08
3位J-POWER1.16
※引用元:DIAMONDonline

Zスコアとは、短期的な資金繰り圧迫度・利益の蓄積・資産効率など、5つの指標の合計値から算出された値です。
倒産危険度が高い企業ほど合計値が低く、1.81未満が危険水域と言われています。

なお、新電力会社では株式会社ストエネが運営している「ストエネ」というサービスもありますが、こちらは過去に高額請求による苦情が問題になってます。

ストエネも新電力のなかではおすすめできないので、契約を検討している方は注意しましょう。

参照:新電力「グランデータ」、高額請求で苦情相次ぐ 月13万円超も…会社は燃料費調整を変更して謝罪

セット割やその他特典にも注目する

電力会社にもよりますが、中には契約をするとさまざまな特典が付与される場合もあります。

例えば、ガスの販売も行っている会社であれば、電気とガスの両方を契約することで、割引が受けられる会社があります。

本記事で紹介している会社のなかで、電気とガスのセット割プランのある会社をまとめました。

また、楽天ポイントやWAONなどのポイントで還元されるサービスもあります。

代表的なサービスが「楽天でんき」です。

一時期対象外になっていた楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象として復活したため、楽天市場でのお買い物がお得になりました。

楽天経済圏を利用している人は、楽天でんきの評判もチェックしてみましょう。

解約違約金がない電力会社を契約する

解約違約金のかからない電力会社は多いですが、中には発生する電力会社もあります

ライフスタイルの変化で、同居や別居、引越しをする可能性がある人はとくにチェックしておきましょう。

電力会社サービス名解約違約金備考
ENEOSでんきにねんとくとく割1,100円通常のプランは発生しない
HTBエナジーすべてのプラン2,200円お客様都合による1年未満の解約時に発生
(引越しに伴う解約は発生せず)
ソフトバンクでんきおうちでんき550円
※関西は5,550円
関西は2年契約の自動更新
(更新月の2ヶ月間に解約すれば550円)
スマ電プレミアムオプション1,200円通常のプランは発生しない

上記の会社もすべてのプランで解約違約金が発生するわけではないので、契約する前に条件を確かめておきましょう。

新電力会社へ乗り換える3つのメリット

新電力会社 乗り換え メリット

新電力会社へ乗り換えるメリットは、次の3つです。

この中で最も重要なのは、電気料金がこれまでよりも安くなる可能性があることです。

従来の地方電力会社から乗り換えるだけで、月1,000円以上安くなるケースも珍しくありません。

ほかにもさまざまなメリットがあるので、順番にご紹介していきます。

電気料金が安くなる

新電力会社へ乗り換える一番のメリットは、電気料金が安くなることです

PR TIMESのアンケート結果によると、電力会社を切り替えた人は、平均で年間5,000円以上も安くなったとのことです。

人気の電力会社が必ずしも安いとは限らない

アンケートで人気の電力会社が安いかというと、必ずしもそうではありません

現状、知名度がある電力会社の人気が先行しています。

しかし知名度がある電力会社は、CMや広告で多くの予算を費やしているため、電気料金にあまり還元できていないようです。

お得な電力会社を選べば、四人家族以上だと年間10,000円以上も節約することは十分可能です

お得な電力会社に関して、くわしくは「地域別安い電気会社ランキング」をご確認ください。

切り替えの手続きはかなりカンタン!

「でも、電力会社の切り替えってめんどうくさいな…」と思いますよね。

実際のところ、切り替えの手続きはかなりカンタンです

私自身、電力会社を何社も切り替えてきました。本当に5〜10分程度で手続きが完了します。

契約している電力会社の解約手続きが不要ですし、面倒な立ち合いも必要ありません

電力会社の切り替えに必要なもの

  • 検針票(電力会社から渡される「電気使用量のお知らせ」)
検針票
  • クレジットカード(口座振替の人は通帳など口座情報がわかるもの)

好きな電力会社が選べる

好きな電力会社を選べるのはメリットの1つです。

2016年以前は、電力を販売できるのは地域の大手電力会社のみでした。

現在は「電気料金をとにかく安くしたい」「ポイントをためたい」「地元の電力会社を応援したい」など、多種多様な理由で電力会社を選ぶことが可能です。

ご自身のライスタイルにピッタリの電力会社を選んでください。

ポイント還元やその他の特典がある

電力会社 ポイント

電力会社によっては、各種ポイント還元や、その他特典があるのはうれしいところです。

ポイント還元や、その他暮らしのサービスで年間数千円相当はお得になるケースもあります

例えばCDエナジーダイレクトの場合、毎月の電気料金を支払うだけで、電気料金の支払いに使用できるカテエネポイントが貯まります。

また、LINEでカテエネの会員番号を登録したり、カテエネ経由でネットショッピングをしたりすることでもポイントは貰えます。

新電力会社へ乗り換える3つのデメリット

新電力会社 乗り換え デメリット

新電力会社へ乗り換えるデメリットは、次の3つです。

とくに注意が必要なのは、新電力会社には複数のプランが展開されている場合が多く、プランによっては想定よりも高くなる可能性があることです。

ほかにもさまざまなデメリットがあるので、順番にご紹介していきます。

プランによっては高くなる場合がある

従来の電力会社(東京電力や関西電力)から、新電力に切り替えると確実に安くなるかというと、必ずしもそうではありません。

どのくらい安くなるのかは、現在の契約プランや使用量によって異なります

とくに、一人暮らしで電気使用量の少ない人や、オール電化の人はプランによっては高くなる可能性があります

切り替え前にはシミュレーションをしよう

ジニーエナジー シミュレーション
※引用元:ENEOSでんき

たいていの電力会社は、公式サイトにシミュレーターがあります。

切り替えようと思っている電力会社のシミュレーターで、事前にシミュレーションをしてから切り替えるようにしましょう

電力会社から届く検針票があれば、ひとまずシミュレーションが可能です。

さらに、Webサイトから毎月の電気使用量がわかる人は、より正確なシミュレーション結果を算出できます

マンションやアパートでは切り替えできない場合がある

マンションやアパートによっては、大家さんと電力会社が契約している場合があり、その場合は切り替えができません。

ただマンションやアパートで切り替えできないケースは珍しく、基本的には多くのマンションやアパートで切り替えができます

実際に私自身、これまで4回も賃貸マンションの引越しをしたところ、すべてのマンションで新電力の切り替えができました!

新電力に切り替えできるかどうかの確認方法として、検針票が自宅に届いている人は、新電力に切り替えが可能です。

支払い方法が限られているサービスもある

電力会社の決済方法は、クレジットカードか口座振替の場合が多いです。

しかし、中にはクレジットカードしか支払方法が無い会社もあります。

もしクレジットカードを所持していない場合、契約可能な電力会社が限られてしまうので、事前に確認をしておきましょう。

支払方法がクレジットカードのみの電力会社

電力会社の乗り換え手順

新電力会社 乗り換え手順

ここからは、電力会社の乗り換え手順をご紹介します。

主な手順の流れは、下記の通りです。

電力会社への申し込みは10分程度で完了することが多いですが、供給が切り替わるまでには1~2ヵ月程度かかる場合があります。

時間には余裕を持って、申し込みを行うようにしましょう。

検針票やマイページから契約情報を確認する

電力会社の切り替えで必要になる情報は、下記の通りです。

  • 契約している電力会社のお客様番号や供給地点番号
  • クレジットカード(口座振替の人は口座情報がわかるもの)

申し込みを始める前に、「供給地点番号」と「クレジットカード(口座情報)」を準備しておきましょう。

申し込みを始めると5分程度で完了しますが、事前準備ができているとさらにスムーズに申し込めます。

特に電力会社を切り替えるのがはじめての人は、「供給地点番号」を調べるのに苦労するかもしれません。

乗り換え先の電力会社を申し込む

乗り換え先の電力会社WEBサイトから、申し込み手続きを行います。

ほとんどの電力会社の場合、WEB上での手続きのみで契約は完了します。

上記で用意をした必要情報が揃っていれば、画面の指示に従って入力を進めていくだけで問題ありません。

ちなみに、「供給地点番号」とは電気を利用している地点を特定するための番号で、22桁の全国共通番号です。

この番号が分からない場合は、現在使用している電力会社のカスタマーセンターに確認をしてみましょう。

もしくは、WEB上にマイページを表示できる電力会社であれば、そのページ内で番号を確認できる場合もあります。

申し込み完了後は自動で切り替わる

申し込み完了後は、念のために申込内容を確認しておきましょう。

間違いなく申し込みが完了していれば、あとは自動で切り替わるのを待つだけで大丈夫です。

また、乗り換え前の電力会社を解約する必要はありません

ただし、自動で切り替わるまでに1~2ヵ月程度かかる場合もあるので、時間には余裕を持って手続きを行いましょう。

とくに引っ越しなどをきっかけに切り替えを検討している方は、逆算をして開通日を合わせるようにするのがベストです。

電力会社の比較に関するよくある質問

今回ご紹介している電力会社の比較に関して、上記5つのよくある質問をご紹介します。

切り替え時に不安になる二重請求や、電力自由化などについて解説していますので、不安がある方はぜひ参考にしてみてください。

少しでも納得できる電力会社と契約できるように、事前確認は入念におこなっておきましょう。

電力会社を切り替えたあと二重請求されることはある?

基本的に、契約期間が重複して二重請求になることはありません

乗り換え元と乗り換え先の電力会社が連携して手続きを行うので、余計に電気料金を支払う状態にはなりません。

ただし、稀に請求書が2通届く場合があります。

これは、支払いのタイミングによって、同月に乗り換え前後の両方の料金を支払う期間が発生するためです。

一人暮らしでも電力会社を切り替えて安くなることはある?

結論から言うと、従来の電力会社(東京電力や関西電力など)を契約している人は、電力会社を切り替えると基本は安くなります

ただし、家を空けがちで電気使用量が少ない人は、安くならない場合があります。

検針票をもとに、実際にどのくらい安くなるのかシミュレーションをしてみましょう。

社名おすすめな地域(一人暮らしの場合)
オクトパスエナジー北海道
シン・エナジー中部・関西・沖縄
エバーグリーン・リテイリング東北・関東・北陸・中国・四国・九州

電力自由化が意味ないと言われるのはなぜ?

電力自由化(電気自由化)が2016年4月からスタートしましたが、業者同士の競争によってメリットが生まれている反面、デメリットも発生しています。

例えば、新電力会社による電力の安定供給への不安や、電気料金が全体的に値上がりする可能性などに言及している人は多いです。

電力自由化に関してはさまざまな意見がありますが、契約前にご自身で電力会社ランキングなどで情報収集をし、納得ができる業者と契約をするようにしましょう

契約している電力会社が倒産したらどうなるの?

電気が止まることはないので安心してください

従来の電力会社(東京電力や関西電力など)が代わりに供給します。

しかし新たな電力会社と契約する必要があるかもしれません。

この点はおぼえておきましょう。

市場連動型の電力会社を一覧でみるには?

市場連動型の電力会社をまとめました。

以下の電力会社と契約するときは、電力の高騰リスクがないか確認しましょう

まとめ

今回の記事で解説したとおり、大手電力会社から新電力会社に乗り換えることによって、電気料金が安くなる可能性があります。

電気の品質はどの会社も変わらないので、料金や特典重視で選ぶのがおすすめです。

ただし、世帯人数や居住地域によって料金は異なるので、シミュレーションをしながら最も安く利用できる電力会社を選びましょう。

上記にエリア別におすすめの電力会社をまとめているので、手取り早く自分の住んでいる地域でおすすめの電力会社を契約したい方は、ぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ユーザーの皆様に向けて、暮らしの役に立つメディアを常に立ち上げ紹介しております。既に79サイト以上を運営しており、日々情報を更新し発信いたします。

目次