カーリースのおすすめランキング12選!軽自動車や中古車をお得に乗れる会社も徹底解説!

カーリース おすすめ ランキング

日本自動車リース協会連合会の報告によれば、令和6年時点での各リース業者の車両保有台数は2,310,974台と、そのニーズは毎年増加傾向にあります。

しかし、そんなカーリースには「デメリットだらけ」「やめとけ」なんて悪い評判や口コミもあり、おすすめな人・おすすめできない人のタイプをきちんと理解していない場合、大きな損をしてしまう可能性もあるんです

そこで当記事では、カーリースのおすすめ業者12社のランキングに加え、後になって後悔しないためにはどんな点に注意すべきなのか、軽自動車や中古車もお得に購入できるのかなど、カーリースの疑問のすべてを解説していきます。

カーリース・サブスクの
おすすめTop3
SOMPOで乗ーる
損保で乗ーる カーリース おすすめ
輸入車のリースがある
細かなリース期間の設定が可能

頭金、初期費用が不要
詳細公式
ニコノリ
ニコノリ カーリース おすすめ
トップクラスの安さ
契約から納車まで代車が1ヶ月無料
最短2週間で納車
詳細公式
定額カルモくん
定額カルモくん カーリース おすすめ
もらえるオプションがある
金額がリーズナブルで利用しやすい
周りからの評価が高い
頭金・ボーナス払い0円
顧客満足度99%
詳細公式
目次

カーリースとは?カーローンやカーシェア、車のサブスクとの違い

現在、カーリースと車のサブスクはほぼ同義のものと考えられていますが、カーローンやカーシェアといったその他の車の所有方法との違いは以下のとおりです。

カーリース
サブスク
自動車ローンカーシェア
契約満了時譲渡
乗換
返却
再リース
所有権が
買主に移る
返却
再レンタル
頭金基本的に不要必要な場合が多い不要
メンテナンスプランに含まれる、
またはパックで用意
自身で対応自分
または専任
税金の
支払処理
リース会社が行う自身で対応業者が行う
中途解約原則的に
中途解約不可
可能解約可能
ディーラー
との値引交渉
不要自身で対応不要
任意保険自身で加入、
またはプランに
含まれる
自身で対応業者が行う

カーリースと自動車ローンは車を所有するための費用を月々分割して支払うところは同じですが、カーリースの車両の所有権はリース会社に、自動車ローンの車両の所有者はローン会社にあるところがそれぞれ違います。

また、カーリースではオイル交換などの定期メンテナンスにかかる費用が料金に含まれている、または別途パックプランとして申し込める場合が多く、どちらの場合も月々の出費が定額で済む(把握しやすい)という利点があります。

カーリースとカーシェアはどちらも車の所有権を車両を提供している業者が持つのは同じですが、カーシェアはどちらかといえばレンタカーと携帯が似ているため、事前に予約した一定の時間内しか車を使用することができません。

その点、カーリースは車両自体は借主が自由に保管・管理することができ、多くの場合で契約満了後は残価清算をおこなうことで、そのまま車を引き取る(譲渡してもらう)ことも可能です。

それでいて、カーリースは自動車ローンのように頭金がかかることもほぼ無く保険の加入や車検、所有権の移動といった面倒な手続きは業者が代行してくれるので、より初期費用や手間を減らして車を所有することができます。

残価清算とは?

カーリースで車を借りる(購入する)場合、事前に契約満了時点での車の価値(査定額)を予想し、これを「残価(該当車両に残された価値)」として設定するケースがあります。

この残価が契約満了時点での車の査定額を下回っていた場合、借主はその差額を清算しなければならず、これをカーリースにおける「残価清算」といいます。

「残価設定なし」よりも「残価設定あり」のプランの方が月々の料金は安くなりますが、最終的には清算が必要になる可能性があるため、リース契約を結ぶ前によく考えてからどちらにするかを選択することが大切です。

\細かなリース期間の設定可能/

カーリースのおすすめランキングBEST12!

スクロールできます
社名月額料金特徴取り扱いメーカーリース期間走行距離の上限契約満了時の扱い中途解約
SOMPOで乗ーる10,670円~輸入車のリースがある
細かなリース期間の設定が可能
頭金、初期費用が不要
国産メーカーの全車種
全グレード

外車メーカーの一部
1~9年
3、5、7、9年
月間1,000km
月間1,500km
月間2,000km
月間3,000km
(9年の場合は制限なし)
返却
延長
乗換え
もらう
規定の解約金が必要
(解約金フリープランあり)
ニコノリ5,500円~トップクラスの安さ
契約から納車まで代車が1ヶ月無料
国産メーカーの
全車種
全グレード
1~9年契約時に設定
(7年以上の契約で
無制限)
返却
延長
乗換え
もらう
不可
定額カルモくん12,490円~もらえるオプションがある
金額がリーズナブルで利用しやすい
周りからの評価が高い
頭金・ボーナス払い0円
顧客満足度99%
国産メーカーの全車種
全グレード
1~11年
(1年単位で選択可)
月間1,500km
(7年以上の契約で
無制限)
返却
乗換え
もらう
不可
KINTO14,740円~トヨタの子会社が運営
知名度が高い
任意保険が含まれている
契約期間中でも解約できるプランがある
トヨタとレクサスの
一部車種
3年・5年・7年
(解約金フリープラン、レクサス車は3年)
3年プラン:54,000km
5年プラン:90,000km
7年プラン:126,000km
(1ヵ月あたり1,500km)
返却
延長
乗換え
規定の解約金が必要
(解約金フリープランあり)
リースナブル6,600円~契約期間中でも解約できる
フォロー、リツイートで10,000円のギフト券
ポイントを貯めて残価清算や買取に使える
トヨタ、ホンダ、
日産、マツダ、
ダイハツ、スズキ
の一部
3、5、9年3年プラン:27,000km
5年プラン:45,000km
(1ヵ月あたり750km)
返却
延長
乗換え
もらう
契約期間中でも解約金の支払いなし
(車の状態による)
クルカ27,500円~紹介者、紹介された方にそれぞれ20,000円プレゼント
短期間リースが可能
プランが1つだけ
延長ができず車をもらえない
トヨタ、ホンダ、スバル、
マツダ、スズキの一部
2年、3年月間1,000km返却
乗換え
規定の解約金が必要
ノルカ34,100円~審査が通りやすい
20万円の頭金が必要
トヨタ、スバル、
三菱、スズキの一部
3年月間1,000km返却
乗換え
規定の解約金が必要
オリックスカーリース13,090円~カーリース会社の中でも老舗
有名で安心感がある
シンプルでわかりやすい
国産メーカーの全車種
全グレード
5年、7年、9年、11年月間2,000km
(もらう場合と返却は制限なし。
ただし、乗り換え含む満了前の解約は
8円/1km請求される)
返却
延長
乗換え
もらう
規定の解約金が必要
ピタクル10,890円~走行距離制限を細かく設定できる
契約期間中でも解約できる
国産メーカーの全車種
全グレード
5年、7年、9年月間500km、
月間1,000km、
月間1,500km
(もらう場合は
制限なし)
返却
延長
乗換え
もらう
契約期間中でも解約金の支払いなし
(車の状態による)
MOTA カーリース6,710円~車検無料クーポン付属
走行距離の制限なし
車のカスタムも可能
国産メーカーの
全車種
全グレード
7年、9年、11年月間2,000km
(もらう場合は
制限なし)
返却
延長
乗換え
もらう
規定の解約金が必要
カーコンカーリース8,800円〜リース期間が豊富
納車まで最短2週間
国産メーカーの全車種
全グレード
3年、5年、7年、9年、11年月間1,000km、
月間2,000km
(もらう場合は制限なし)
返却
延長
乗換え
もらう
規定の解約金が必要
オートフラット14,630円~
(店舗による)
出光SSのガソリン代が割引店舗によって異なる【新車】
3年〜7年、9年
【中古】
2年〜8年
無制限
(もらう場合は制限なし)
返却
延長
乗換え
もらう
規定の解約金が必要
コスモMyカーリース16,280円~コスモSSのガソリン代が割引
全国に店舗が多い
国産メーカーの全車種
全グレード
【車種・店舗限定】
3年
【店舗限定】
9年
【共通】
5年・7年
月間500km、
月間1,000km、
月間1,500km
(9年の場合は
制限なし)
返却
延長
乗換え
もらう
不可

※更新日:2024年7月04日

ここでは、各カーリース会社ごとの月額料金提供車種の充実度利用しやすさ(リース期間など)メンテナンス費用などの評価ポイントや、ユーザーの評価の高さなどから各社をランク付けしてみました。

以下の内容を参考にすることで、自分にピッタリ合ったカーリース会社を見つけることに役立ちますので、ぜひ最後までしっかりと参考にしてみてください。

1位:SOMPOで乗ーる|細かなリース期間の設定が可能

損保で乗ーる カーリース おすすめ
SOMPOで乗ーるの基本情報
特徴輸入車のリースがある
細かなリース期間の設定が可能
頭金、初期費用が不要
月額料金10,670円~
取扱メーカー国産メーカーの全車種、全グレード
外車メーカーの一部
リース期間【通常】
1~9年

【パック】
3、5、7、9年
走行距離の上限月間1,000km
月間1,500km
月間2,000km
月間3,000km
(9年の場合は制限なし)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約規定の中途解約金が必要
(中途解約できるオプションもある)
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用
その他諸費用
車庫証明登録費用
(メンテプランへの加入によって、
車検整備費用・メンテナンス費用
も含められる)
公式ページhttps://sompo-de-noru.jp/

※更新日:2024年7月04日

SOMPOで乗ーるは株式会社DeNAが運営するサービスとなっており、国内車種やグレード、輸入車まで取り扱っているカーリースとなっております。

またSOMPOで乗ーるでは細かなリース期間の設定やメンテナンスオプションなどの設定が可能なことから、ご自身の状況にあったピッタリな契約ができるということも人気を集めているカーリースとなっております。

さらにSOMPOで乗ーるでは頭金や初期費用がなくても契約できるのにプラスして、低価格となっておりますので、非常に使用しやすいサービスと言えるでしょう。

また中古車のカーリースも行っており、低価格で使用できるというメリットもございます。

SOMPOで乗ーるの良い評判や口コミ

良い評判

好きな車をリースできる会社がなかったけど、
SOMPOで乗ーるは車種が豊富だったので、
SOMPOで乗ーるを選んだけど、
値段も意外に安くて正解だった

良い評判

外車が乗りたかったから取扱いがあって助かった!
整備費用とか心配してたけど
やってくれるプランがあって助かった!

※引用元:X

SOMPOで乗ーるでは輸入車も含め多くの取扱車種がございますので、「自分の希望車種が見つかりやすく、さらにお値段も安い」という特徴を気に入っておたれる方が多くなっております。

また輸入車では点検費用や消耗品の交換費用など、高額になってしまうこともありますが、オプションによってはそれらの費用も全て込みにできるというメリットも評価が良い理由となっております。

SOMPOで乗ーるの悪い評判や口コミ

悪い評判

輸入車の取扱があって契約したけど、
不人気車種だったためか、金額が高く感じた

悪い評判

SOMPOで乗ーるで頼んだら半年待ちって言われた。
他の会社で同じ車頼んだら1ヶ月で納車できた

※引用元:X

SOMPOで乗ーるでは輸入車に限らず、不人気車種はどうしても月々のお支払い金額が高額になってしまうことがありますので、そこに不満がある方が多くなっておりました。

これはSOMPOで乗ーるに限らず、他のカーリース会社も同じことなので、SOMPOで乗ーる自体の不満というより、カーリース会社全体の不満と思っても良いでしょう。

また在庫状況によっては納車できる期間もバラバラとなっておりますので、特に人気の車種はできるだけ早めに頼んでおくようにしましょう。

\細かなリース期間の設定可能/

2位:ニコノリ|業界最安値レベル&代車が1ヶ月無料

ニコノリ カーリース おすすめ
ニコノリの基本情報
特徴トップクラスの安さ
納車まで代車が1ヶ月無料
最短2週間で納車
業界最安
月額料金5,500円~
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間1~9年
走行距離の上限契約時に設定
(7年以上の契約で無制限)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約不可
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用・その他諸費用、
車庫証明登録費
(メンテプランへの加入によって
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://www.niconori.jp/

※更新日:2024年7月04日

ニコノリは中古車を利用したレンタカー事業で知られる「ニコニコレンタカー」が提供するカーリースで、レンタカー事業と同じく、主に全国のガソリンスタンドがフランチャイズとして仲介する形でサービス提供されています。

そのため、給油やオイル交換、その他整備などを受けるついでに車に関する相談ができ、その点では通常のカーリースやディーラーと比べて利用しやすいポイントです。

また、月々の基本料金とメンテナンスパックを併せても毎月7,700円~の低価格でサービスを利用でき、もちろん倹約満了時にはそれまで乗っていた車をもらい受けることも可能。

さらに納車まで代車を無料で貸し出してくれるため、今すぐ車が必要という方にもピッタリのカーリースになっています。

\ トップラクスの安さ/

ニコノリの良い評判や口コミ

良い評判

ニコノリはとにかく安い!
月々5,500円で車借りれて、車検や税金もコミコミ!
しかも契約満了時も追加清算がいらないので、
コスパなら業界最強なんじゃないかな!?

良い評判

他のカーリースやローン審査に落ちまくって困ってたんですが、
最後の頼みの綱でニコノリに申し込んだら審査通った!
公式サイトに「審査が通りやすい」って書いてあったものの、
半信半疑だったんでマジ嬉しいです!

※引用元:X

ニコノリはその月額料金の安さももちろん好評なのですが、他の評判や口コミでは「他社と比べて審査に通りやすい」といった口コミも多く見られました。

これはニコノリが3社のリース会社と提携してサービスの提供をおこなっているためで、ある1社の審査に落ちてしまったとしても、他の2社の審査に通る可能性があることが大きな理由です。

それでいて月々の料金も業界最安値レベルなので、フリーターや専業主婦の方などにも比較的利用しやすいでしょう。

ニコノリの悪い評判や口コミ

悪い評判

まだLINE来ない・・
もしかして既読無視ってやつかな?
企業としてそんなことをするのってありなのかな~
なんかすごいやばいところと
契約しようとしてるのかもしれない予感・・
#ニコノリ
#カーリース

悪い評判

うちの近所のニコノリ、めっちゃ態度悪かったわ。
やっぱフランチャイズはあかんな~。

※引用元:X

ニコノリに対する悪い評判や口コミとしては、「店舗によっては接客対応の質が低いことがある」という点に不満の声が集まっていました。

ニコノリはガソリンスタンド向けのフランチャイズとして全国展開をしているカーリースなので、社員教育や接客太陽の内容などは、そのお店任せになってしまっている面もあるようです。

とはいえ、その店舗数は全国11,000店を超えているおり、事前に店舗ごとの口コミなどを調べれば評判の悪いお店を容易にふるいにかけることができるため、それほど不安を感じる必要はないでしょう。

\ トップラクスの安さ/

3位:定額カルモくん|評判&口コミを重視する人におすすめ

定額カルモくん カーリース おすすめ
定額カルモくんの基本情報
特徴車をもらえるオプションがある
金額がリーズナブルで利用しやすい
ユーザーからの評価が高い
頭金・ボーナス払い0円
顧客満足度99%
月額料金12,490円~
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間1~11年
(1年単位で選択可)
走行距離の上限月間1,500km
(7年以上の契約で無制限)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/乗換え/もらう
中途解約不可
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用・その他諸費用
車庫証明登録費用
仲介手数料
お客様サポート料
(メンテプランへの加入によって、
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://car-mo.jp/

※更新日:2024年7月04日

定額カルモくんは、各種税金や自賠責保険料を含め、月々1万円台の格安料金で車を借りられるカーリース会社です。

また、通常は短くても3年からの長期でしか結べなかった契約期間が、定額カルモくんでは1年単位で細かく設定できるため、単身赴任や進学などで短い期間だけ車を利用したい方に利用しやすいサービスになっています。

さらに、リース契約を結ぶ際に「もらえるオプション」に加入することで、リース期間が終わった後に車をそのままもらうことも可能です。

ただし、定額カルモくんは契約途中での解約や契約内容の変更ができないため、契約を結ぶ際にはできるだけ慎重に検討をするようにしましょう。

\ 周りからの評価が高い/

定額カルモくんの良い評判や口コミ

良い評判

定額カルモくんの利用開始から1年余りが過ぎました。
仕事に、お買い物に、旅行に…と大活躍!
フルフラットになる荷室にワンコをのせて長旅も🐶🚗💨
メンテプランもあるので、
急な出費に慌てずメンテナンスができて安心!
これからも末長くよろしくねぇ!

良い評判

新車のミライースを定額カルモくんでリースして
もう直ぐ2年になります。新車って良いですよね、
大事にするし、故障しないし、快適だし、
あと洗車したり、コーティングしに行ったり、
定期点検に行くのが楽しみになります。
これまでの車によるストレスに解放されて、
とても感謝しています。

※引用元:X

定額カルモくんの良い評判や口コミとしては、「料金がリーズナブルで利用しやすい」「リース期間を自由に設定できて使いやすい」といった、利便性の良さについて高く評価している方が多かったです。

とくに1年単位で柔軟に契約期間を設定できる点は、短いスパンで新車に乗り換えたい方、乗り慣れた車に長く乗り続けたい方のどちらにも強く支持されています。

また、7年以上の契約であれば煩わしい走行距離制限もなくなるので、定額カルモくんは車によく乗る方、家族で1台の車をシェアする方々などに非常におすすめです。

定額カルモくんの悪い評判や口コミ

悪い評判

走行距離制限が無しになるの、7年契約からって長すぎ。
7年リースを続けるならローンで買った方が安いし、
中古車なんて借りた日にゃ、
先に車がつぶれる可能性の方が高いじゃん。

悪い評判

定額カルモくんは確かに基本料金は安いけど、
メンテパックが別料金だから、結局高くつくんよなぁ…
まあ、別に強制で入んなきゃいけないわけじゃないし、
整備工場くらい自分で探せばいいんだけど、
じゃあカーリースを使うメリットはどこ?って感じやし

※引用元:X

定額カルモくんには「7年以上のリース契約を結ぶと走行距離制限が無限になる」というシステムがあるのですが、カーリースで人気なのは3年程度の短めのプランなので、この辺はあまり利用者のニーズに合っていないと言えます。

また、定額カルモくんで定期メンテナンスや保証などのサービスを受けるには、軽自動車の場合で月々3,340円~普通自動車で月々3,850円~の料金がかかるので、その点もやや評価が割れるところです。

とはいえ、そもそもの基本料金がリーズナブルであり、契約期間も1年単位である程度自由が利くことから、比較的短い期間でカーリースを利用したい方にはおすすめのサービスと言えます。

\ 周りからの評価が高い/

4位:KINTO|トヨタ車をお得にリースしたい人におすすめ

kinto キント カーリース 評判 口コミ おすすめ
KINTOの基本情報
特徴トヨタの子会社が運営
知名度が高い
任意保険が含まれている
契約期間中でも解約できる

(一部プランのみ)
LINEでお問い合わせ可能
中古車なら最短1ヶ月程度で納車可能
月額料金14,740円~
取扱メーカートヨタとレクサスの一部車種
リース期間3年・5年・7年
(解約金フリープラン、
レクサス車は3年のみ)
走行距離の上限3年プラン:54,000km
5年プラン:90,000km
7年プラン:126,000km

(1ヵ月あたり1,500km)
メンテナンスプラン
の有無
なし
(すべて月額料金に込み)
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え
中途解約解約金フリープランあり
(車の状態による)
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割、
登録費用・その他諸費用
車庫証明登録費用
任意保険
(メンテプランへの加入によって、
車検整備費用・メンテナンス費用も
含められる)
公式ページhttps://kinto-jp.com/

※更新日:2024年7月04日

KINTOは同名のトヨタ系企業が運営をおこなっている自動車のリースサービスであり、取り扱っている車もトヨタのディーラーから仕入れた質の良い新車・中古車ばかりです。

世界的にも品質への信頼度の高いトヨタの車に、頭金なし・税金や自賠責保険等の費用の負担なしで乗れるのはもちろん、KINTOのリース料には任意保険も含まれているため、契約中にもしものことが起きても安心です。

また、初期費用として5ヶ月分のリース料相当額を支払う必要があるものの、いつ解約をしても違約金を請求されない「解約金フリープラン」があるのもKINTOの大きなセールスポイント。

もちろん、しっかりと契約満了まで乗ることでそのまま車をもらうこともできるため、購入するより手間なく、初期費用を抑えてトヨタ車に乗りたいという方には非常におすすめなカーリースです。

\任意保険が含まれる/

KINTOの良い評判や口コミ

良い評判

シエンタをKINTOでリースすると、月々48000円くらいか
つけたいオプションをつけても48000円って安すぎる!!
保険、税金、車検、メンテが込みってところも良いよね

良い評判

新型プリウスめちゃくちゃ良かった🥺
予定通りKINTOにて契約😌
リースだからちょっと気を使うけど
新車のハードルめっちゃ下がったわ🚙

※引用元:X

KINTOの良い評判や口コミとしては、「トヨタの車を手軽に購入することができた」といった内容の投稿が最も多く寄せられていました。

とくにレクサスやランドクルーザー、クラウンといった普段は高級でなかなか手を出せないような車でも、頭金などの初期費用なしでゲットできるというのは庶民の強い味方と言えます。

ただし、そういった人気車種は納期まで半年~1年近く待たされる可能性もあるので、希望する車種がある方はできるだけ早めに検討や相談を始めておくのがおすすめです。

KINTOの悪い評判や口コミ

悪い評判

解約金フリープランに申し込んだが、
保証金で5ヶ月分の料金を取られたのは痛かった。
これだと先に支払った金がもったいなくて、
短期間で解約する気が起きないから無意味。
普通に初期費用フリーのプランにしとけばよかった。

悪い評判

俺いまKINTO使ってんだけど、失敗だった気がする。
メーカーにこだわりがないなら、
もっと安いカーリースなんか他にいっぱいあるし、
契約期間が3年からってちょっと長いし。

※引用元:X

KINTOは質のいいトヨタ車に安く乗れるというのは大きな利点なのですが、メーカーや車種にこだわらなければもっと安い価格帯でリースを利用できる会社もあるので、料金の安さのみを重視する方にはあまりおすすめできません

また、KINTOの最大の利点である「解約金フリープラン」を利用するためには、頭金として5ヶ月分のリース料相当の初期費用を支払う必要があるため、自動車ローンを利用できる方にはメリットが少ないと言えます。

とはいえ、税金や自賠責、車検費用の支払いや手続きをリース会社に一任できるというメリットもあるので、購入するより手間なくトヨタ車に乗りたいという方には、十分におすすめできる価値があります。

\任意保険が含まれる/

5位:リースナブル|業界最安値レベル&キャンペーンも豊富

リースナブル カーリース おすすめ 評判 口コミ
リースナブルの基本情報
特徴契約期間中でも解約できる
フォロー、リツイートで10,000円のギフト券
ポイントを貯め残価清算や買取に使える
頭金、登録料0円
メーカー保証5年
月額料金6,600円~
取扱メーカートヨタ、ホンダ、日産、
マツダ、ダイハツ、スズキ
の一部
リース期間3、5、9年
走行距離の上限3年プラン:27,000km/
5年プラン:45,000km
(1ヵ月あたり750km)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/
乗換え/もらう
中途解約契約期間中でも解約金の支払いなし
(車の状態による)
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
(メンテプランへの加入によって、
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://leasonable.com/

※更新日:2024年7月04日

リースナブルは月額料金6,600円から車を借りることができ、契約が満了すればそのまま車を買い取ることもできるカーリースです。

また、リースナブルでは月額料金に+3,000円プラスすることで、月々3%のボーナス(90円)を受けながら積み立てることができる「たま~るプラス」というオプションもあります。

「たま~るプラス」で積み立てたお金は契約満了時の車の購入契約中の故障・修理新車購入の頭金の支払い装備費用に使えるので、残価清算の前払いや故障時の保険として活用することが可能です。

この点を鑑みれば、月々1万円ほどで車の購入が可能になるため、「車は欲しいけど費用面で不安がある」という方に非常におすすめのサービスになっています。

たま~るプラスの注意点

リースナブルの「たま~るプラス」は、下記の条件の当てはまる場合に、満期ボーナスの受け取りができない可能性があるため注意が必要です。

  • 車両の価値が故意・過失により下がる状態にあるとき
  • 積み立て金額が満額に満たない場合

\細かなリース期間の設定可能/

リースナブルの良い評判や口コミ

良い評判

何年か前に自分で起業して車が必要になったんだけど、
店舗借りるのに思ったよりお金がかかっちゃって、
社用車を買う費用が無くて困ってた。
そんなときに利用したのがリースナブルで、
月々1万円以下で車が購入出来てめちゃくちゃ助けられた。
リース期間が終わったら車ももらえるし、
下手なディーラーで買うより安く済んだんじゃないかな。

良い評判

以前、車が急に故障してしまい困ったことがあったんだが、
リースナブルに車の購入をお願いしたら、
「在庫がある車なら即納車できますよ!」
って言ってくれてスゲー助かったよ。

※引用元:X

リースナブルの良い評判や口コミとしては、「料金が安いのが嬉しい」「即納車OK(在庫アリの車の場合)なのが助かる」といった内容のものが多く見受けられました。

とくにリース専用の保険込みで10,000円から車が購入できるという点は非常に評判が良く、厳選された車に安く・安心して乗りたい方に強く支持されているようでした。

リースナブルの悪い評判や口コミ

悪い評判

リースナブルの契約満了時の距離清算、
1キロ15円とか高すぎん?
普通は高くても10円くらいでしょ。
まぁ、基本料金が安いから仕方ないのかもだけど、
長距離乗る可能性があるやつは怖くて使えねーよ。

悪い評判

リースナブルの走行距離制限ってさ、
月750kmはいくらなんでも短すぎじゃない?
毎日通勤に使ってりゃ月800kmくらいは余裕で行くし、
契約満了した時にいくら請求されるか、今から恐ろしい…

※引用元:X

リースナブルの悪い評判や口コミとしては、「走行距離制限の短さ」や「距離制限超過時の追加料金が高い」といった点に不満の声が集まっていました。

実際、リースナブルの走行距離制限は1ヶ月あたり750㎞で、これを超過してしまうと1kmあたり15円の追加料金を契約満了時に請求されてしまうため、車によく乗る方にはやや使いづらい面があります。

とはいえ、この点は平日は買い物くらいにしか使わないなど、チョイノリ感覚で車に乗りたい方には問題ないところなので、一部の方以外はそこまで不安に考える必要はないでしょう。

\契約期間中でも解約できる/

6位:クルカ|短期契約OK&お友達紹介キャンペーンでお得

クルマ カーリース おすすめ 評判 口コミ
クルカの基本情報
特徴紹介者、紹介された方に
現金20,000円プレゼント

短期間リースが可能
プランが1つだけ
延長ができず車をもらえない
最低価格保証
クレジットカード払い対応
月額料金27,500円~
取扱メーカートヨタ、ホンダ、スバル、
マツダ、スズキの一部
リース期間2、3年
走行距離の上限月間1,000km
メンテナンスプラン
の有無
×
契約満了時の扱い返却/乗換え
中途解約規定の中途解約金が必要
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用・その他諸費用
車庫証明登録費用
公式ページhttps://newcar.shop/

※更新日:2024年7月04日

月額料金だけでみると少し高めに見えるクルカですが、3年以内の短期リースでみると実は業界最安値を実現しているサービスです。

公式サイト上でも最低価格保証を謳っているので他のカーリースサービスの方が高い場合には相談してみると良いでしょう。

他にもメリットがあり、月額費用以外は料金がかからず、諸経費や税金もコミコミで、いろいろとつけたら実は高かったなんていうことがありません。

クレジットカード払いも出来ることでポイントもたまりますので、他のカーリースサービスにはない、3年ごとに新車に乗り換え出来るのが特徴のクルカ。常に新車なので安全面もバッチリです。

ただし、クルカでは契約満了時に必ず車の返却が必要なので、「車を購入したい」という方向けのサービスでないことには留意しておく必要があります。

\短期間リースが可能/

クルカの良い評判や口コミ

良い評判

フリードは今年新型が出ると思います。
またKINTOは金利が高く、保険料は自分で払う形になりますが
クルカというサービスがカーリースでは最安かと思います。
ボディサイズばかりは運転してみないと分かりませんが、
リセールや満足度など何を優先するか次第かと思います。

良い評判

良いですよね。リースだとクルカが1番安いと思います!
今の車が来年の8月までなので注文したかったのですが、
納期が2〜3年と聞いてどうしようかと…😅

※引用元:X

月々27,500円~という額面だけ見るとややお高めな印象を受けてしまいがちなクルカですが、Xなどの口コミでは「普通車や高級車を借りるならクルカが一番安い」といった口コミも多く見られました。

これはクルカの利用形態が3年ごとの更新制で車検を受ける必要がないため、その分を月額のリース料に還元することができているためです。

クルカの悪い評判や口コミ

悪い評判

クルカは契約満了後に車の返却がいるのがなぁ。
車検がいらないのは良いけど、やっぱ自分の車が欲しい…

悪い評判

クルカで希望の車種を頼んだら、1年待ちって言われた。
なんやそれ、そんなに待ってられるわけないやん。
んで腹立つからニコノリで同じ車頼んだら在庫があって、
「1ヶ月で納車できる」って言われて草生えた

※引用元:X

クルカの悪い評判や口コミとしては、「車の返却が必要なのが残念」「納車まで時間がかかった」といった口コミがやや多く見られました。

とくに、クルカには3年の契約プランしかなく、さらに期間延長もできないことには不満を感じられている方が多かったです。

とはいえ、その代わりに月々のリース料は安めに設定されているため、短いスパンで新車に乗り換えたい方には十分に利用する価値のあるサービスと言えます。

\短期間リースが可能/

7位:ノルカ|頭金が必要だが審査に通りやすい

ノルカ おすすめ カーリース 評判 口コミ
ノルカの基本情報
特徴審査が通りやすい
20万円の頭金が必要
審査通過率95%
勤務先ヒアリング、連帯保証人が不要
月額料金34,100円~
取扱メーカートヨタ、スバル、
三菱、スズキの一部
リース期間3年
走行距離の上限月間1,000km
メンテナンスプラン
の有無
×
契約満了時の扱い返却/乗換え
中途解約規定の中途解約金が必要
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用・その他諸費用
車庫証明登録費用
公式ページhttps://newcar.shop/noruca/

※更新日:2024年7月04日

ノルカは95%という高い審査通過率を誇るカーリースで、他社の審査に落ちた方や自動車ローンを借りるのが難しい方にピッタリです。

ただし、ノルカのサービスを利用するためには20万円(一律)の頭金が必要なので、他のカーリースや自動車ローンを利用できる方であれば、同サービスを利用するメリットはあまりありません。

とはいえ、審査が緩いところは大きなメリットと言えるため、確実に車を借りたいという方は選択肢の1つに入れるのが良いでしょう。

\審査が通りやすい/

ノルカの良い評判や口コミ

良い評判

どこのカーリースも審査に受からなくてヤバい時に、
ノルカだけは車を借してくれた。
頭金はいるけど残価清算の前払いと思えば理不尽じゃないし、
ローンが組めない俺みたいな輩には救世主!

良い評判

ノルカは自分とこ専用の信用会社を通して審査をするので、
もし審査に落ちても、他のローンなどの審査に
悪影響を与えることはないとのこと。
まぁ、そもそもノルカで審査に落ちること自体珍しいんだけど、
その点を安心して申し込めたのは良かった。

※引用元:X

ノルカの良い評判や口コミとしては、「他社では通らなかった審査に通った」「情報が外部に漏れないので安心して査定を受けられる」といった内容の投稿が多く見られました。

これはノルカが「MCCS」と言われるGPS端末を販売車両に取り付け、未払いが発生した際にエンジン始動制御ができるといったリスク対策が備わっているからで、これにより審査のハードルが他社よりもかなり低くなっています。

もちろん、この機能はリース料の未払いがない限りは使用されることはないので、ユーザー側は実質的に「審査が緩い」というメリットだけを享受することが可能です。

ノルカの悪い評判や口コミ

悪い評判

ノルカは走行距離制限が短いから使いにくい。
せめて1,000kmじゃなく1,500kmあればよかった。
まあ、主婦なんかがチョイノリで使う分にはいいだろうけど。

悪い評判

ノルカは料金が高すぎる!事前審査が通りやすい分、
どこかにしわ寄せが来ることにはなるんだろうが、
最低でも3万円台からってボッタクリだろ!
しかも頭金まで必要だっていうし最低!

※引用元:X

ノルカは1回あたりの契約期間が3年と短く、人気の車種ばかりを取り揃えているため致し方ない点はあるのですが、他社と比べてやや料金が高めなところに不満を感じている方も多いです。

また、ノルカで車を借りる際には頭金として一律20万円が必要なので、学生さんやフリーターには利用しにくいところもデメリットと言えます。

とはいえ、競合他社に比べて審査に通りやすいという点は大きなアドバンテージです。

\審査が通りやすい/

8位:オリックスカーリース|40年の歴史を持つ老舗のカーリース

オリックス おすすめ カーリース 評判 口コミ
オリックスカーリースの基本情報
特徴カーリース会社の中でも老舗
有名で安心感がある
シンプルでわかりやすい
オイル交換・車検無料クーポン付
月額料金13,090円~
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間5年、7年、9年、11年
走行距離の上限月間2,000km
(もらう、返却は制限なし。
ただし、乗り換え含む満了前の解約は
8円/1km請求)
メンテナンスプラン
の有無
×
契約期間中の車検・オイル交換などは
無料クーポン利用可
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約規定の中途解約金が必要
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
新車登録時手数料
公式ページhttps://www.carlease-online.jp/index.html

※更新日:2024年7月04日

オリックスカーリースはサービス開始から40年以上も続く老舗であり、その知名度や信頼性は業界トップレベルのカーリース会社です。

別途加入できるメンテナンスパックなどはありませんが、どの契約プランにもオイル交換や車検が0円で受けられる無料クーポンがついているので、契約中のアフターフォローも万全と言えます。

また、オリックスカーリースには「契約満了の2年前からは無料で新しい車に乗り換えられる」というメリットもあり、常に新車に乗り続けたいというわがままなユーザーにもピッタリです。

\カーリース会社の中でも老舗/

オリックスカーリースの良い評判や口コミ

良い評判

オリックスカーリースは毎月の料金も割と安いし、
オイル交換とか車検が無料になるのもいいところ。
担当者の対応も丁寧で親切だし、
やっぱ車を買うなら信頼できる老舗が一番だね。

良い評判

オリックスカーリースは
一定期間経ったら乗り換えが無料でできるから、
常に新しい車に乗り続けたいって人にはおすすめ。
俺はそのやり方で何種類か色々乗ってみて、
最終的に一番しっくり来た車を購入したよ。

※引用元:X

オリックスカーリースの良い評判や口コミには、「料金・接客対応・アフターフォローすべての水準が高い」という内容のものがとくに多く投稿されていました。

その料金は月々13,090円~というお手軽さでありながら、オイル交換・車検の無料クーポンがもれなくついてくるという豪華さです。

さらに「契約満了2年前から無料で他の車に乗り換えできる」という点も非常に魅力的で、契約満了後に車をもらう前提でなくても、とてもお得にカーリースを利用することができます。

また、リースされる車は国産車の全メーカーから選ぶことができるので、豊富な選択肢から乗りたい車をじっくりと選ぶことができるところも大きな利点です。

オリックスカーリースの悪い評判や口コミ

悪い評判

オリックスカーリーで中古車をリースしたら、
思ってたより車が汚れててガッカリした(傷はなし)。
シートのシミとかとるのは難しいんだろうけど、
それなりの料金とるんなら、
もっと状態のいい車探してきてくれ…

悪い評判

オリックスカーリースはオイル交換も車検も
ぜんぶ無料クーポン使うんだけど、
それないと普通に金とられるのがキツイ。
紛失したとか足りないとかならないように、
もう少し枚数に余裕をもってくれたら嬉しいんだけどなぁ。

※引用元:X

オリックスカーリースの悪い評判や口コミとしては、「中古車の状態があまり良くなかった」「オイル交換や車検のクーポン制が不便」といった内容の投稿が見られました。

とくにオイル交換などの費用が無料になるクーポンは、オイル交換で半年に1回エンジンオイル・エレメント交換で1年に1回分のクーポンしか配布されないので、利用者の中には足りないと感じている方も多いです。

とはいえ、このクーポンの枚数は普通に車に乗っていれば十分に足りる数ですし、提供された車に問題があれば他の車を手配してもらうことも可能ですので、その辺はそれほど不安視する必要もないでしょう。

\カーリース会社の中でも老舗/

9位:ピタクル|走行距離制限を細かく設定できる

ピタクル おすすめ カーリース 評判 口コミ
ピタクルの基本情報
特徴走行距離制限を細かく設定できる
契約期間中でも解約できる
月額料金10,890円~
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間5、7、9年
走行距離の上限月間500km
月間1,000km
月間1,500km
(もらう場合は制限なし)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約契約期間中でも解約金なし
(車の状態による)
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
(メンテプランへの加入によって、
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://pitacle.com/

※更新日:2024年7月04日

ピタクルは月々10,890円~という料金の安さも魅力的なカーリースですが、その一番のメリットは中途解約が無料でおこなえるという点にあります。

解約金が無料になるには一定の条件を満たす必要があるものの、引っ越しや結婚、病気や免許返納等のライフスタイルの変化に柔軟に対応できるのはうれしいところです。

ただし、車を返却・乗り換えをする場合は走行距離制限が付き(もらうプランでは付かない)、それも月500km~1.50kmとプランによっては短いものもあるため、翌車に乗る方には注意すべき点もあります。

解約金が無料になる例
  • 海外転勤
  • お引越し
  • 結婚
  • 傷害
  • 疾病
  • 免許返納など

\走行距離制限を細かく設定/

ピタクルの良い評判や口コミ

良い評判

ピタクルは三菱が運営してる会社だから、安心感があって良い。
それでいて扱ってる車は三菱ばっかってわけじゃなく、
色んなメーカー・車種から自由に選べる。
俺が説明を受けた時は、確か100種類以上あるって聞いた。

良い評判

カーリースの中にはロード―サービスは別料金ってとこも多いけど、
ピタクルは料金やすいのに、無料でJAFがついてて便利。
こないだ山の中を走ってるときに車が止まっちゃったんだけど、
適切なロードサービスを受けられて助かったよ。

※引用元:X

ピタクルは三菱グループの1社である「三菱オートリース」が運営するカーリース事業なのですが、そんなピタクルのユーザーには、「大手ならではの安心感がある」といった口コミを投稿されている方の声が目立ちました。

また、大手自動車メーカーのカーリースとしては月々10,890円~と比較的リーズナブルで、メンテナンスパックは別料金であるものの、無料でJAFのロードサービスが受けられるところは高い評価を集めていました。

ピタクルの悪い評判や口コミ

悪い評判

ピタクルは一応国産車の全車種、
全グレードを扱ってるって触れ込みなんだけど、
実際は全部集めても100車種くらいしかないので、
他の大手と比べるとラインナップに難あり。
とくに軽自動車の取り扱いがほとんど無く、
コンパクトな車を求める人には向いてない。

悪い評判

ピタクルは一見安いんだけど、
表示されてる金額は走行距離制限が500kmのプランだから、
追加料金を払うことを含めればそこまで安くない。
また、契約期間は最低5年間からと長く、
使い勝手が悪いので検討する段階で候補から外した。

※引用元:X

ピタクルに対する悪い評判や口コミとしては、「大手にしては取り扱い車種が少ない(とくに軽自動車)」「走行距離制限が著しく短いプランがある」といった内容のものが散見されました。

実際、ピタクルで選ぶことができる軽自動車は10車種ほどで、その中にはクーペなどの高級車も含まれるため、街乗りやちょっとしたお出かけに利用しやすい車をお求めの方には、少し残念なポイントです。

とはいえ、はやりのコンパクトカーなどその他の車種については十分品ぞろえが良く、走行距離制限については1,500kmまで自由に設定できるため、日常使いで困ることはほぼ無いでしょう。

\走行距離制限を細かく設定/

10位:MOTA カーリース|距離制限なし&車のカスタム可能

mota おすすめ カーリース 評判 口コミ
MOTAカーリースの基本情報
特徴車検無料クーポン付属
走行距離の制限なし
車のカスタムも可能走行
距離制限、修理費請求なし
月額料金6,710円~
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間7、9、11年
走行距離の上限月間2,000km
(もらう場合は制限なし)
メンテナンスプラン
の有無
なし
(クーポン利用で無料)
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約規定の中途解約金が必要
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
(メンテパックの加入によって、
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://autoc-one.jp/lease/

※更新日:2024年7月04日

MOTA カーリースは車の一括査定や中古車販売で有名な「MOTA」が運営するカーリース事業で、月々6,710円からの低価格で愛車の購入・レンタルが可能です。

また、MOTA カーリースでは頭金やボーナス払いにも対応しており、それらを駆使すれば月々5,000円台から車に乗ることができる上、契約期間の満了時にはそのまま車をもおらうこともできます。

さらに、車検やオイル交換が無料になるクーポンが付いてくるなど非常にお得ですが、リース期間は最短7年からとやや長めなところがネックです。

とはいえ、MOTA カーリースでは車をもらう前提で契約をするため、車のカスタムを自由にできるという他社にはない特別なメリットもあるため、リースという形式にとらわれないサービス内容が魅力です。

\車のカスタムも可能/

MOTA カーリースの良い評判や口コミ

良い評判

MOTA カーリース、どうせ安いだけだろと思ったら、
車検とか年1のオイル交換も無料でビックリΣ(゚Д゚)
これで月1万いかないとかどうなってんだ…

良い評判

MOTA カーリースのホントにいいとこは
料金の安さでも納車の早さでもなく、残価設定がないことや。
つまり、契約期間が終わったら、
残価清算なしで車がそのままもらえるってこと。
そのかわり設定期間が長めなのが玉に瑕やけどな。

※引用元:X

MOTA カーリースは「リース料が安いところ」がとくに高い評価を集めているのですが、そんな口コミに次いで多いのが「残価設定が必要ない」という口コミです。

MOTA カーリースでは契約期間が7年~11年と長めに設定されている分、契約満了時の残価清算や走行距離制限の超過分の清算などが必要ない(追加料金が発生しない)という大きなメリットがあります。

そのため、MOTA カーリースは「短いスパンで車を乗り換えたい」という方にはイマイチですが、「乗り慣れた車に長く乗りたい」という方にはピッタリなカーリースです。

MOTA カーリースの悪い評判や口コミ

悪い評判

MOTA、車検とメンテの無料クーポンがあるのは良いが、
オリックスと提携してる整備工場じゃないと使えんのが不便。
個人でやってるような工場しかない
ド田舎住みの俺はどうしたらええんや…

悪い評判

MOTA カーリースの契約期間、最短7年とか長すぎ。
それなら自動車ローン借りた方が安いし、
契約中に廃車になったらと思うと怖くて使えねぇ…

※引用元:X

MOTA カーリースの悪い評判や口コミとしては、「車検や定期メンテナンスの無料クーポンが指定の整備工場でしか使えない」といった内容や、「契約期間が長すぎる」といったいくつか見られました。

また、MOTA カーリースのリース料には任意保険が含まれていないため、契約期間が長いのもあって事故や故障に対するリスクが大きいのもネックと言えます。

とはいえ、任意保険は契約時に紹介してもらうこともできるので、前もって任意保険に加入しておくことで、そういったリスクを最小限に抑えることが可能です。

\車のカスタムも可能/

11位:カーコンカーリース|リース期間を細かく設定可能

カーコンカーリース おすすめ カーリース 評判 口コミ
カーコンカーリースの基本情報
特徴リース期間が豊富
納車まで最短2週間
月額料金8,800円〜
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間3、5、7、9、11年
走行距離の上限月間1,000km
月間2,000km
(もらう場合は制限なし)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約規定の中途解約金が必要
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
(メンテプランへの加入によって、
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://morokomi.carcon.co.jp/

※更新日:2024年7月04日

カーコンカーリースは日本でもとくに有名な自動車板金修理フランチャイズチェーンの「カーコンビニ倶楽部」がサービスの提供をおこなっているカーリースです。

同社では車検費用や税金などをコミコミで月々8,800円から車の購入ができ、リース期間も3~11年まで2年刻みで柔軟に設定できるので、短期間での利用を希望される方も、長期間同じ車に乗り続けたい方にも同様におすすめできます。

\リース期間が豊富/

カーコンカーリースの良い評判や口コミ

良い評判

カーコンカーリースは値段もお手頃で利用しやすいし、
車検・税金・メンテナンスもコミコミだから、
家計の管理がしやすいのが助かる。

良い評判

俺いまカーコンカーリースを使ってるんだけど、
納車まで2週間もかからず車乗れたよ。
人気の車種は数か月待ちとかもあるみたいだけど、
「何でもいいからすぐ車が必要!」
ってタイプの人には結構重宝すると思う。

※引用元:X

カーコンカーリースに対する良い評判や口コミとしては、「料金がリーズナブルで使いやすい」「納車までが早くてありがたい」といったものが多く見られました。

とくに最短2週間で納車が可能という手続きの早さは業界トップレベルで、それでいて元が自動車板金修理を専門としている会社ということもあり、整備などもしっかりといきわたっていたという評価の声もあります。

カーコンカーリースの悪い評判や口コミ

悪い評判

カーコンのリースは安いけど、店員がマジクソ。
どう見ても年下のスタッフに、
なれなれしくため口使われた時はさすがに笑ったわw
なんでフランチャイズってこんなとこばっかなん?

悪い評判

カーコンは中古車のリースもやってるけど、
借りるなら絶対に新車にしとけ。
なぜか新車よりもリース料が高いのあるし、
板金修理はうまいが機械系の整備はイマイチな店が多い。
…というのが俺が実際に使ってみた感想な。

※引用元:X

カーコンカーリースは基本的にフランチャイズで全国展開をしている会社なので、店舗によってスタッフの接客対応や整備技術に明確な差があるという方も多いです。

もちろん、良い店舗やスタッフに当たれば文句はありませんが、イマイチなスタッフにいい加減な対応をされてしまわないためにも、店舗ごとの評判や口コミは事前に調べておくことをおすすめします。

\リース期間が豊富/

12位:オートフラット|出光SSのガソリン代がお得になる

オートフラット おすすめ カーリース 評判 口コミ
オートフラットの基本情報
特徴出光SSのガソリン代が割引
月額料金14,630円~
(店舗による)
取扱メーカー店舗によって異なる
リース期間【新車】
3年〜7年、9年
【中古】
2年〜8年
走行距離の上限無制限
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約規定の中途解約金が必要
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用
その他諸費用
車庫証明登録費用
(メンテプランへの加入によって、
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://www.idemitsu-autoflat.com/

※更新日:2024年7月04日

オートフラットはガソリンスタンドでおなじみの「出光興産株式会社」が運営しているカーリース事業で、全国各地にある出光のSS(サービスステーション)で各種手続きやメンテナンスがおこなえる便利なサービスです。

オートフラットと別料金のメンテナンスパックを同時に利用することで、1Lあたり3円~7円のガソリン代の割引が受けられるので、出光のSSをよく利用する方におすすめです。

\ガソリン代が割引/

オートフラットの良い評判や口コミ

良い評判

最近はガソリンの料金がどんどん上がってるし、
オートフラットのガソリン代の割引が嬉しい!
他のカーリースと比べて特別リース料が安いわけじゃないけど、
車によく乗る人ならこっちの方がお得だと思う!

良い評判

オートフラットは出光のカーリースだから、
給油のついでに車の相談とかができて楽。
行きつけのSSで契約したから毎日のように通うし。
おかげでオイル交換や定期点検のタイミングを忘れることもない。

※引用元:X

オートフラットの良い評判や口コミとしては、「ガソリン代が安くなるのが嬉しい」「ガソリンスタンドが提供しているサービスだから利用しやすい」といった点を高く評価している人が多かったです。

定期メンテなしのプランだと1Lあたり3円の割引しか受けられませんが、フルメンテナンス込みのプランだと1Lあたり7円ものガソリン代の割引が受けられるのは、メリットとして非常に大きいです。

オートフラットの悪い評判や口コミ

悪い評判

うちのジムニーさん、先日納期確認したら
後8ヶ月かかるって言われて、
このままだと2年待つ事になりますけどw
周り見ても誰もそんなに待ってる人いないぞ。
ほんとに去年の3月にオーダー入れてたのかも怪しいレベル。
オートフラット、もう2度と使わん。

悪い評判

うちの地元の出光、めちゃ態度悪い店員しかいないから、
正直言って利用するのがはばかられる。
カーリースの契約しようとしたらまともな説明も一切せず、
こっちから質問したらため息つかれたからブチギレて帰った。

※引用元:X

これは店舗ごとの差が非常に大きいのですが、オートフラットを利用された方の中には「接客態度が悪かった」「ちゃんと説明をしてくれなかった」といった口コミが多く見られます。

一度契約してしまうと自由に契約変更や解約できないカーリースにとって、この点は極めて深刻と言えるので、そういった信頼のおけない店舗でのリース契約は差し控えることをおすすめします。

とはいえ、ほとんどの出光SSはしっかりとしたスタッフ教育がなされているので、そういったトラブルに出遭うことは極めてまれなケースと言えます。

\ガソリン代が割引/

13位:コスモMyカーリース|コスモSSのガソリン代が割引&店舗が多い

コスモmyカーリース おすすめ カーリース 評判 口コミ
コスモMyカーリースの基本情報
特徴コスモSSのガソリン代が割引
全国に店舗が多い
月額料金16,280円~
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間車種・店舗限定:3年
店舗限定:9年
共通:5年・7年
走行距離の上限月間500km
月間1,000km
月間1,500km
(9年の場合は制限なし)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約不可
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用・その他諸費用
車庫証明登録費用
任意保険
(メンテプランへの加入によって、
車検整備費用・メンテナンス費用も
含められる)
公式ページhttps://www.cosmo-mycar.com/

※更新日:2024年7月04日

コスモMyカーリースは「コスモ石油」が運営しているカーリース事業で、個人・商用車どちらも同じ条件(頭金0円)で車をリースできるのが大きな特長です。

また、リース料金と給油料金をどちらもコスモ石油指定のクレジットカードで支払うことで、ガソリン・軽油が1Lあたり最大10円も安くなるというメリットがあります。

月々のリース料は平均レベルなのでそこまで優先度は高くありませんが、コスモ石油をよく利用される方にはおすすめのサービスです。

\ガソリン代が割引/

コスモMyカーリースの良い評判や口コミ

良い評判

僕がコスモMyカーリースに決めたのは、
ガソリン代が安くなるから。
このご時世にリッター10円引きはでかい!

良い評判

家から一番近いカーリース店がコスモだったこともあり、
コスモMyカーリースを利用しています。
メンテナンスパックに入れば
車検・税金・メンテナンスも全部リース代に込みなので、
購入するより手軽に車に乗ることができています。

※引用元:X

コスモMyカーリースに寄せられている良い評判や口コミには、「ガソリン代の割引きがお得!」「車検や税金、メンテナンス費用がコミコミなのが嬉しい」といった内容の投稿がとくに多かったです。

また、別途メンテナンスパックに加入すれば税金や車検などの諸費用が無料になることや、コスモ石油の店舗の多さによる利便性の良さなどにも高い評価が集まっていました。

コスモMyカーリースの悪い評判や口コミ

悪い評判

走行距離制限がちょっと短いかな。
プランによっては最大で1,500kmまでイケるけど、
それだと料金が高くなってお得感が削がれるし。
無制限にするには9年契約が必要だし。
まぁ、今乗ってる車に飽きるまでは続けるつもりだけど。

悪い評判

自分は法人名義でコスモのカーリースを利用していますが、
個人だと問題なく使えるクレカが使えないのが不便です。
メンテナンスも別料金だし、リース期間が終わったら
他の会社に変えようかなと思っています。

※引用元:X

コスモMyカーリースは走行距離制限が通常プランで500km~1,500km9年以上の継続プランで無制限になっているのですが、この制限が厳しい・不便だという声が目立ちます。

また、店舗によっては5年以上のプランしか選択できない場合もあり、そういった点でもコスモMyカーリースは使い勝手が悪いと言えます。

とはいえ、ガソリン代の割引はどのプランにもついてくるので、給油などのランニングコストを削減したいという方にはおすすめできます。

\ガソリン代が割引/

軽自動車がおすすめのカーリースはどこ?

ここでは数あるカーリース会社の中から、軽自動車を購入するのにおすすめの会社をご紹介していきます。

↓↓軽自動車の購入におすすめのカーリースは以下の3社です。

軽自動車がおすすめのカーリース
社名月額料金リース期間と
走行距離の上限
ニコノリ
ニコノリ カーリース おすすめ
5,500円~【リース期間】
1~9年

【走行距離制限】
契約時に設定
※7年以上の契約で無制限
SOMPOで乗ーる
損保で乗ーる カーリース おすすめ
10,670円~【リース期間】
1~9年
3、5、7、9年

【走行距離制限】
月間1,000km
月間1,500km
月間2,000km
月間3,000km
(9年の場合は制限なし)
リーズナブル
リースナブル カーリース おすすめ 評判 口コミ
6,600円~【リース期間】
3、5、9年

【走行距離制限】
3年プラン:27,000km
5年プラン:45,000km
(1ヵ月あたり750km)

※更新日:2024年7月04日

ニコノリ|新車の軽自動車が月々5,500円~

ニコノリ カーリース おすすめ
ニコノリの基本情報
特徴トップクラスの安さ
納車まで代車が1ヶ月無料
最短2週間で納車
業界最安
月額料金5,500円~
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間1~9年
走行距離の上限契約時に設定
(7年以上の契約で無制限)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約不可
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用・その他諸費用、
車庫証明登録費
(メンテプランへの加入によって
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://www.niconori.jp/

※更新日:2024年7月04日

ニコノリは月々のリース料が5,500円~と業界最安値レベルであり、加えてプラス2,200円~の追加料金で定期的な点検・整備を無料で受けられるメンテナンスパックも用意されています。

軽自動車であればこの業界最安値レベルの格安リースを利用できるため、ニコノリを利用される方はまず軽自動車から先に検討を勧めていくのがおすすめ。

契約期間も最短1年からと申し込みやすいですし、「今回はお試しで軽にして、次は普通車に乗ってみる」なんて幅の広い使い方も可能です

\ トップラクスの安さ/

SOMPOで乗ーる|頭金、初期費用が不要

損保で乗ーる カーリース おすすめ
SOMPOで乗ーるの基本情報
特徴輸入車のリースがある
細かなリース期間の設定が可能
頭金、初期費用が不要
月額料金10,670円~
取扱メーカー国産メーカーの全車種、全グレード
外車メーカーの一部
リース期間【通常】
1~9年

【パック】
3、5、7、9年
走行距離の上限月間1,000km
月間1,500km
月間2,000km
月間3,000km
(9年の場合は制限なし)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約規定の中途解約金が必要
(中途解約できるオプションもある)
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用
その他諸費用
車庫証明登録費用
(メンテプランへの加入によって、
車検整備費用・メンテナンス費用
も含められる)
公式ページhttps://sompo-de-noru.jp/

※更新日:2024年7月04日

SOMPOで乗ーるでは中古車の取り扱いは少ないものの、軽自動車の新車はほぼ全車種、全グレードが揃っており、希望の車種が見つかりやすくなっております。

また頭金や初期費用も不要となっておりますので、乗り出しはできるだけ安く抑えたいという方にもピッタリです。

細かなリース期間も設定できることから、軽自動車をセカンドカーとして使用される際には、ご自身の状況にあった内容で無駄なく節約することも可能でしょう。

\細かなリース期間の設定可能/

リースナブル|新車の軽自動車が月々6,600円~

リースナブル カーリース おすすめ 評判 口コミ
リースナブルの基本情報
特徴契約期間中でも解約できる
フォロー、リツイートで10,000円のギフト券
ポイントを貯め残価清算や買取に使える
頭金、登録料0円
メーカー保証5年
月額料金6,600円~
取扱メーカートヨタ、ホンダ、日産、
マツダ、ダイハツ、スズキ
の一部
リース期間3、5、9年
走行距離の上限3年プラン:27,000km/
5年プラン:45,000km
(1ヵ月あたり750km)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/
乗換え/もらう
中途解約契約期間中でも解約金の支払いなし
(車の状態による)
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
(メンテプランへの加入によって、
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://leasonable.com/

※更新日:2024年7月04日

リーズナブルでは軽自動車を月々6,600円の低価格で購入できる上、解約期間中でも解約金無料で車の乗り換えをおこなうことができます

そのため、「今は軽自動車だけど、家族が増えるのを見越して大きな車に乗りたいな」なんて方にはまさにピッタリで、車種にこだわらずおすすめできるという点を高く評価します。

また、リースナブルの料金にはリース専用保険も含まれているため、もしもの時の対応がスムーズにできるところも大きな利点です。

\契約期間中でも解約できる/

中古車がおすすめのカーリースはどこ?

ここでは、冒頭でご紹介した全12社のカーリース会社の中から、中古車を購入するのにとくにおすすめの会社を3社ほどピックアップして解説します。

↓↓中古車の購入におすすめのカーリースは以下の3社です。

中古車がおすすめのカーリース
社名月額料金リース期間と
走行距離の上限
定額カルモくん
定額カルモくん カーリース おすすめ
6,710円~【リース期間】
7、9、11年

【走行距離制限】
月間1,500km
※7年以上の契約で無制限
ニコノリ
ニコノリ カーリース おすすめ
5,500円~【リース期間】
1~9年

【走行距離制限】
契約時に設定
※7年以上の契約で無制限
リースナブル
リースナブル カーリース おすすめ 評判 口コミ
6,600円~【リース期間】
3、5、9年

【走行距離制限】
3年プラン:27,000km
5年プラン:45,000km
(1ヵ月あたり750km)

※更新日:2024年7月04日

定額カルモくん|メンテナンス費用コミコミのお得な中古車リース

定額カルモくん カーリース おすすめ
定額カルモくんの基本情報
特徴車をもらえるオプションがある
金額がリーズナブルで利用しやすい
ユーザーからの評価が高い
頭金・ボーナス払い0円
顧客満足度99%
月額料金12,490円~
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間1~11年
(1年単位で選択可)
走行距離の上限月間1,500km
(7年以上の契約で無制限)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/乗換え/もらう
中途解約不可
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用・その他諸費用
車庫証明登録費用
仲介手数料
お客様サポート料
(メンテプランへの加入によって、
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://car-mo.jp/

※更新日:2024年7月04日

定額カルモくんは新車・中古車のどちらのリースも受け付けており、中古車だけでも1,300台近い車の取り扱いがあるため、ほしい車がすぐに見つかる可能性が非常に高いです。

昨今はガソリン代の高騰などでより維持費のかからない車が求められており、人気の軽自動車・ハイブリット車はすぐに在庫切れになってしまうような状況なので、保有車の台数が豊富である部分は非常に大きなメリットと言えます。

そういった人気の車をより価格帯の安い中古から選べる(手に入りやすい)という点は、車を購入・レンタルする上での選択肢を広げることにも直結するでしょう。

\ 周りからの評価が高い/

ニコノリ|トップクラスの安さ

ニコノリ カーリース おすすめ
ニコノリの基本情報
特徴トップクラスの安さ
納車まで代車が1ヶ月無料
最短2週間で納車
業界最安
月額料金5,500円~
取扱メーカー国産メーカーの
全車種、全グレード
リース期間1~9年
走行距離の上限契約時に設定
(7年以上の契約で無制限)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/乗換え/もらう
中途解約不可
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
登録費用・その他諸費用、
車庫証明登録費
(メンテプランへの加入によって
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://www.niconori.jp/

※更新日:2024年7月04日

ニコノリの魅力はなんと言ってもその安さで、カーリース会社の中でもトップクラスとなっております。

そのため中古車のカーリースにも強く、多くの車種が用意されているため、希望の車種が見つかりやすくなっております。

さらに、リース料金に任意保険が含まれているなどのメリットは新車の場合と同じですので、ほしい車の在庫状況に合わせて、新車と中古どちらにするかを選ぶのもおすすめです。

\ トップラクスの安さ/

リースナブル|中古の普通車が車検も付いて月々6,600円~

リースナブル カーリース おすすめ 評判 口コミ
リースナブルの基本情報
特徴契約期間中でも解約できる
フォロー、リツイートで10,000円のギフト券
ポイントを貯め残価清算や買取に使える
頭金、登録料0円
メーカー保証5年
月額料金6,600円~
取扱メーカートヨタ、ホンダ、日産、
マツダ、ダイハツ、スズキ
の一部
リース期間3、5、9年
走行距離の上限3年プラン:27,000km/
5年プラン:45,000km
(1ヵ月あたり750km)
メンテナンスプラン
の有無
契約満了時の扱い返却/延長/
乗換え/もらう
中途解約契約期間中でも解約金の支払いなし
(車の状態による)
リースに含まれる
内容
車両本体価格
自賠責保険料
自動車税(種別割)
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
(メンテプランへの加入によって、
車検・メンテナンス費用も含められる)
公式ページhttps://leasonable.com/

※更新日:2024年7月04日

リースナブルが中古車のリースにおすすめなのは、6,600円の超低価格でフルメンテナンスリース専用保険の2つのオプションサービスが利用できるためです。

この2つのオプションがあれば定期的な点検整備により、中古車でも長く安全に乗り続けることができますし、万が一の事故などがあっても、その際の損害を保険で補償してもらうことができます

中古車に乗るなら安心と安全の2点はしっかりと担保してほしいところですから、その点でリースナブルは非常におすすめのカーリースです。

\契約期間中でも解約できる/

カーリースで後悔しないためにおすすめするチェックすべきポイントは?

カーリースを利用する際または利用した後に後悔しないためには、下記5つのポイントに注目して契約する・しないをしっかりと検討することが重要です。

続いて以下より、上記5つのポイントについて詳しく解説をしていきますので、この機会にしっかりとチェックしてください。

月々の料金に税金、保険料、整備費用、車検費用が含まれているところを選ぶ

多くのカーリース会社では月々の料金に税金、保険料(強制保険)、整備費用、車検費用を含めているのですが、中にはそれらの費用を別途請求してくるようなところもあります。

こういった業者は悪質とまでは言えませんが、リースを受ける側としては「車を所有するのに月々いくらかかるのか」が明確に分かった方が家計の管理がしやすいため、月々のリース料金に諸費用が含まれるサービスの方が便利です。

なお、業者によっては車両のリースとは別にメンテナンスパック(定額パック)を用意しているところもありますが、こちらも月々の支払額が固定されるため、わかりやすくておすすめです。

ただし、どこのカーリース会社でも、任意保険や事故を起こしたときなどの修理費用は借主負担である場合が多いので、この辺は必要な出費として前もって了解しておくようにしましょう。

リース期間が長いほど月々の料金が安くなりやすい

カーリースは1年・3年・5年といった契約期間が定められているものが多いのですが、ほとんどの場合でこの契約期間が長いほど月々の料金が安くなります。

しかし、この契約期間は途中で変更できないのが原則なので、ただ長ければ良いというわけではなく、ご自身のライフプランと照らし合わせて契約期間を決めるのが最も適切です。

例えば、共働きなどである程度生活が安定しており、将来的な収入の変動が少ないと思われる方は長期契約を、逆に将来的に家族構成や収入などに大きな変化が見込まれる方には短期契約をそれぞれおすすめします。

なお、もし途中で契約の解除などを求める場合は、その時点で残っている契約満了までのリース料を請求されることになるので注意しましょう。

もし1年間だけカーリースを契約したいという方は、以下の記事でより詳しくご紹介しておりますので、ぜひ、参考にしてみてください。

車によく乗る人は走行距離制限が長い会社・プランを選ぶ

カーリースの契約では「月あたり〇km」といった走行距離制限が設定されている場合が多いため、車によく乗られる方は方は、できるだけ走行距離制限が長いプランを選ぶのがおすすめです。

とはいえ、たとえ制限をオーバーした場合でも、その際に請求される金額は1kmあたり3円~10円程度(業者による)なので、大幅に超過しない限りはそこまで気にする必要はありません。

とはいえ、これが毎月となると積み重なってそれなりに出費がかさんできますから、想定外の出費をできるだけなくしたいという方は、できるだけ走行距離制限に余裕のあるリース会社・プランを選ぶのが良いでしょう。

カーリースの「残価設定」の仕組みをしっかりと理解する

カーリースの契約には「残価設定あり」と「残価設定なし」の2つの契約プランがあり、「残価設定あり」のプランを選ぶことで、月々のリース料金を安く抑えることも可能です。

ただし、これには後述するリスクもあるので、下記囲い内で解説している内容を参考に、残価設定の仕組みをしっかりと理解した上で、どちらの契約プランを利用するかを慎重に考えるようにしてください。

なお、契約満了後に乗っていた車がもらえるプランについては残価設定が設定されず、基本的にはローンを払っているのと同じ感覚で車を所有することができます

車がもらえるプランは月々の支払額が高くなったり、契約期間が長いなどのデメリットはありますが、乗り慣れた車に長く乗りたいという方には「残価設定なし」のプランを選ぶのもおすすめです。

残価清算とは?

カーリースで車を借りる(購入する)場合、事前に契約満了時点での車の価値(査定額)を予想し、これを「残価(該当車両に残された価値)」として設定するケースがあります。

この残価が契約満了時点での車の査定額を下回っていた場合、借主はその差額を清算しなければならず、これをカーリースにおける「残価清算」といいます。

「残価設定なし」よりも「残価設定あり」のプランの方が月々の料金は安くなりますが、最終的には清算が必要になる可能性があるため、リース契約を結ぶ前によく考えてからどちらにするかを選択することが大切です。

カーリースの契約には任意保険が含まれてない場合が多い

車の任意保険はあくまでも運転者の意思で加入するものなので、カーリースの契約プランには含まれていないことが多いです。

しかし、カーリース会社は万が一事故や盗難に遭った時の補償はしてくれないので、その際に発生する被害金やカーリース会社への違約金などはすべて自己負担で賄わなければいけなくなってしまいます。

そんな最悪の事態を避けるためには任意保険で補償をしてもらうことが一番ですから、カーリースを利用する際は必ず自分で任意保険に加入するようにしましょう。

なお、数あるサービスの中には、「KINTO」のように初めから任意保険が組み込まれているところもありますので、ご自身で手続きするのが面倒だという場合は、そういったカーリース会社を優先的に選ぶのがおすすめです。

\任意保険が含まれる/

カーリースはデメリットだらけ?やばい、やめとけと言われている理由とは

一見便利で手軽なサービスにも思えるカーリースですが、そんなカーリースには下記のようなデメリットもあります。

これらのデメリットを知っておくことで、もしもの時の迅速な対応にもつながりますので、以下の詳しい解説と併せ、ここでしっかりとチェックしていただくことをおすすめします。

カーリースは契約を途中で解除できないことも多い

カーリースの中には月単位で契約できるものもありますが、それらは長期的に見ればコスパが非常に悪いため、ほとんどの場合は年単位での契約を結ぶことになります。

しかし、カーリースでは基本的に契約の途中解約ができず、もしどうしても解約をしたいという場合、契約満了までに残っているリース料金を全額払う必要があるため現実的とは言えません。

そのため、カーリースを利用する際には、将来的な生活の見通し(家族が増える・仕事が変わるなど)をしっかりと立てて契約することが大切です。

また、カーリースは通常2~3年ごとに契約期間が区切られているものが多い中、一部には1年ごとの短い期間で契約できるものもあるので、そういったものを優先的に選ぶことで違約金のリスクを減らせます。

契約期間が比較的自由なカーリース

中途解約が可能な会社

契約期間が1年刻みの会社

カーリースは審査に通らないとサービスを利用できない

カーリースにはサービスを利用するための事前審査があり、この審査に通らないと車をリースしてもらうことができないため、「自動車ローンの審査に落ちた代わりに」といった使い方は難しいケースもあります。

なお、同審査では主に下記のような点をチェックされ、当てはまる点が多いほど審査に通りやすいとされており、さらに審査基準もローンより優しいとされるのが一般的です。

審査基準(一例)
  • 年収:200万以上あると通りやすいと言われている
  • 勤務先と雇用形態:公務員や大手企業勤めなど安定していると通りやすい
  • 勤続年数:1年以上あることが基準とされている
  • 資産(不動産など):なくても問題ないがあると有利
  • 債務履歴:所得に対しての返済負担率が30~35%以下であることが望ましい
  • ローンなどの支払い実績:クレジットカードなどの支払いの遅延がないこと

※引用元:定額カルモくん 公式コラム

とはいえ、上記5つのポイントに当てはまらなくても、扶養者の有無やリース会社ごとの審査基準などの要因によって審査に通る可能性はいくらでもあるため、申し込む前からあきらめる必要はありません。

なお、もし審査に不安がある方は以下の記事で審査が甘いカーリース会社をご紹介しておりますので、ぜひ、参考にしてみてください。

カーリースには1ヶ月あたりの走行距離制限がある

多くのカーリースでは、「月間2,000kmまで」といった走行距離の制限が定められている場合が多く、これを超過すると1kmあたり3~10円程度(業者による)の追加料金が発生します。

そのため、車によく乗る方はできるだけ制限距離が長いカーリース会社・プランを選んだ方が良く、その点も月々の基本料金と併せて比較検討をおこなう余地があります。

とはいえ、よほど大幅に超過しない限りは高額な請求が来ることもないため、「この月は少しオーバーしちゃうかも」程度であれば、無理をして値段の高い長距離プランと契約する必要はないでしょう。

また、下記のカーリース会社は走行距離が無制限のプラン(しかも契約満了時に車をもらえる)も提供していますので、車移動が多い方などはこちらのサービスを優先的に検討していくのもおすすめです。

走行距離制限がないカーリースの例

カーリースは車両の原状回復が必要な場合がある

カーリースでは車を返却する際に車両の原状回復が義務付けられており、借りていた車に傷や凹み、故障やシートの汚れなどがあった場合には、全て修復してから返却しなければいけません。

とはいえ、経年劣化等で自然に起こる程度のものであれば看過してもらえるので、常識の範囲内で大切に車を扱っている方であれば特に気にする必要はないでしょう。

また、このルールは「車を返却するプラン」が対象であるため、「車をもらえるプラン」に契約している方も対象外です。

とはいえ、あまり乱暴に扱って車が動かなくなれば、リース料の残額を請求された上に廃車費用を請求されるなんてことにもなりかねませんので、少なくともリース契約が満了するまでは大切に乗るように心がけましょう。

カーリースは契約満了時に残価清算が必要な場合がある

カーリースには「契約満了時に車を返却するプラン」と「契約満了時に車をもらえるプラン」の2つのリース形態がありますが、このうち「車を返却するプラン」については契約満了時に残価清算が必要になる場合が多いです。

ただし、契約満了時の査定額が基準を上回る場合または「車をもらえるプラン」に契約していた場合は、原則的に残価清算がおこなわれることはありません。

残価清算が必要になる基準は各カーリース会社によってまちまちですが、これは多くのカーリース会社が「残価設定額と査定額の差額が○万円未満である場合は請求しない」といったルールを設けているためです。

このように、どのようなカーリース会社・プランでも必ず残価清算が必要になるというわけでは無いですが、とは言えども場合によってはまとまった金額を請求される可能性もあるため、その点はしっかりと注意をしておきましょう。

残価清算とは?

カーリースで車を借りる(購入する)場合、事前に契約満了時点での車の価値(査定額)を予想し、これを「残価(該当車両に残された価値)」として設定するケースがあります。

この残価が契約満了時点での車の査定額を下回っていた場合、借主はその差額を清算しなければならず、これをカーリースにおける「残価清算」といいます。

「残価設定なし」よりも「残価設定あり」のプランの方が月々の料金は安くなりますが、最終的には清算が必要になる可能性があるため、リース契約を結ぶ前によく考えてからどちらにするかを選択することが大切です。

車を買い替えるなら中古車買取専門店もおすすめ

すでに車をお持ちの方で、新しく車を買い替えようと考えておられる方には、カーリースではなく中古車買取店で買い替えをするのもおすすめです。

今ある車を売ることで新しい車を購入する費用に充てられますし、場合によっては一括で購入できる程度の費用で済むことも多いため、リースやローンの審査に通る自信のない方にはおすすめできます。

ただし、そのためには今ある車をできるだけ高く売ることが重要ですので、中古車買取店の利用を検討されたい方は、ぜひ下記の記事を参考に、自分に合った車買取店を探してみてください。

車買取業者のおすすめランキング1~10位!車を売るならどこがいいのか評判と口コミも調査!

\細かなリース期間の設定可能/

カーリースのメリットは?

ここまではカーリースのデメリットについて解説してきましたが、そんなカーリースには様々なデメリットを吹き飛ばすほどの、下記のような魅力的なメリットもあるんです。

続いて以下より、上記5つのデメリットをわかりやすく解説していきますので、カーリースへの申し込みを検討されている方はぜひ参考にしてください。

カーリースは初期費用が安い

カーリースは原則的に頭金を必要とせず、各種税金や自賠責保険料といった車に乗るために必要な初期費用がすべてリース料に含まれているため、現金やローンで購入するよりも初期費用が安く済むのがメリットです。

また、登録書類の提出などもリース会社が代行してくれますので、こちらのやることは最初の車選びと契約、納車確認、駐車場の準備および任意保険の加入くらいで、こちらも購入するよりずっと少ない手間で車を入手できます。

「頭金が高くて新車を買うのがはばかられる」という方には特におすすめの手段と言えるため、フリーターや専業主婦などの収入面に不安がある方でも、比較的お手軽に夢の愛車をゲットできるでしょう。

カーリースは定期整備やオイル交換などのアフターフォローも万全

カーリースにはリース料に定期メンテナンスの費用が含まれていたり、12ヶ月法令点検の実施やタイヤなどの交換整備をすべてコミコミで一任できる「メンテナンスパック(別料金)」が用意されているものがあります。

こういったサービスを利用することで、毎回実費でかかる点検整備費用を毎月一定の金額にすることができるため、自分で整備業者に頼むよりもメンテナンス費用の把握や管理がしやすくなります

ちなみに、これらの作業をディーラーに頼んだ場合、オイル交換だけでも1回3,000~8,000円ほどかかるので、きちんと定期的にメンテナンスをすればしっかりと元を取ることも可能です。

アフターフォローの例
  • タイヤ交換(タイヤが無料でついてくる場合も)
  • バッテリー交換
  • エンジンオイル交換
  • オイルエレメント交換
  • オートマチックオイル交換
  • ブレーキオイル交換
  • ブレーキパッド交換
  • Vベルト交換
  • LLC交換
  • 点火プラグ交換
  • ワイパーゴム交換・・・など

カーリースの契約と同時にメンテナンスパック(名称は各リース会社によって異なる)に入ると、上記のサービスの一部あるいはすべてを原則追加料金なしで受けることが可能です。

ただし、メンテナンスパックに含まれるサービスはカーリース会社・契約プランによって大きく異なるので、必要なアフターフォローに応じて加入するプランを選ぶのが良いでしょう。

カーリースは車の乗り換えが気軽にできる

カーリースの相場(3年契約)
  • 軽自動車:3万円〜
  • コンパクトカー:4万円〜
  • ミニバン・SUV:6万円〜

カーリースで3年契約を結ぶ場合のリース料の相場は上記のとおりで、1日(24時間)で1万円以上かかることも珍しくないカーシェアやレンタカーと比べれば、かなりコスパが良いことがわかります。

車両価格のみの支払い総額で見れば、新車を現金やローンで購入した方が安くなることもありますが、その代わりに乗り換えに必要な手続きはカーリース会社が代行してくれるため、乗り換えのしやすさではカーリースの方が優位です。

そのため、2年・3年と短いスパンで新車に乗り換えたいという方には、カーリースも優先的に検討する価値のある手段の1つと言えます。

カーリースは車の購入や維持にかかる手間が少ない

ここまでも何度か触れていますが、カーリースで入手した車は税金や登録、車検などの手間のかかる手続きを全て代行してくれるため、初めて車を借りる(購入する)方でも比較的簡単に車を所有することができます。

また、定期メンテナンスや必要な整備などもカーリース会社と提携している、もしくは自社の信頼できる工場で実施してくれるので、自分で整備工場や車検場を探す手間が省けるのも大きなメリット。

この点はとくに複数の車を所有・管理する必要のある方に有利な点ですので、カーリースは自家用車を手に入れたい個人ユーザーだけではなく、法人にとってもおすすめできるサービスです。

カーリースは月々の支払いが均等だから利用しやすい

カーリースには「ボーナス払いあり」のプランと、「均等払い(ボーナス払いなし)」のプランの2種類があり、月々の支払額が完全に均等になるのは後者の「均等払い」です。

そして、そんなカーリースの均等払いの料金と前述のメンテナンスパックは、どちらも月々かかる費用が契約満了までずっと一律という大きな特長を持ちます。

その点、購入した車の場合はやれ車検だ、やれオイル交換だとその都度費用が実費でかかりますが、カーリースの場合はそういった急な出費が発生することがなく、家計の管理がしやすいというのも便利なポイントです。

\細かなリース期間の設定可能/

カーリースはどんな人におすすめ?

ここでは、これまでご紹介してきたメリットやデメリットを基に、どんな方にカーリースがおすすめなのか・おすすめでないのかを分かりやすくまとめていきます。

これを見れば自分がカーリースに向いているのか、それとも現金やローンでの購入が向いているのかが分かるので、ぜひこの機会にしっかりとチェックしておいて下さい。

カーリースがおすすめな人

おすすめな人
  • 初期費用を抑えたい人
  • 車の購入に必要な手続きを簡略化したい人
  • 気軽に車の乗り換えをしたい人
  • 安心して車に乗り続けたい人

カーリースがとくにおすすめなのは、上記のタイプに当てはまる方々です。

まず、カーリースはほとんどの場合で頭金の準備が必要なく、税金や登録費用などもリース料に含まれているため、急に車が必要になったなどでまとまったお金の用意が難しいという方に向いています。

また、車の所有に必要な手続きや税金の支払いなどもすべてリース会社が代行してくれるので、わざわざ自分で役所に出向いたり、車検の手続きをしたりといった手間がありません。

さらに契約期間はカーリース会社やプランによりますが、短いところでは最短1年からリース契約が結べるため、車を購入するより手軽に・安く車の乗り換えをおこなえます。

もちろん、指定のメンテナンスパックに加入すれば安価に、または無料で定期点検・定期整備が受けられるため、契約期間中は安心かつ安全に車を運転できるところもおすすめポイントです。

カーリースをおすすめできない人

おすすめじゃない人
  • 車のカスタムをしたい人
  • 同じ車に長く乗り続けたい人

カーリースをおすすめできないのは、上記のタイプに当てはまる方々です。

カーリースで借りている車は、例え契約満了後に車両がもらえるプランであっても、その間の車の所有権はリース会社にあるため、契約期間中のカスタムを禁止している業者も多いです。

そのため、車を自分好みに改造したいとお考えの方には、カーリースよりも現金やローンでの購入がおすすめです。

また、カーリースの料金には様々な手続きの代行費用や手数料、メンテナンス料も含まれており、支払総額で見れば購入するよりも高いため、短いスパンでの乗り換えを想定していない方には割高になってしまいます

現在は頭金不要で借りられるカーローンなどもありますし(利息は高め)、これらの条件に当てはまる方はリースよりも購入されることをおすすめします。

\細かなリース期間の設定可能/

カーリースはボーナス払いなしの方がおすすめ?

カーリースには1月と8月の年2回、賞与の時期に月々の定額料金にいくらか上乗せして料金を支払うことで、通常よりも月々の料金負担を軽くできる「ボーナス払い」に対応したプランがあります。

ここではそんな「ボーナス払いあり」のカーリースと「ボーナス払いなし」のカーリースはどちらがお得なのか、初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

【結論】カーリースはボーナス払いなしで利用するのがおすすめ!

カーリースの「ボーナス払いあり」のプランと「ボーナス払いなし」のプランは、どちらも1年あたりの支払総額はまったく同じです

「じゃあどっちを選んでも変わらないんじゃ?」と思われる方もいるかもしれませんが、将来的に安定して支払いを続けたい(強制解約されるのを避けたい)という方には、「ボーナス払いなし」の方がおすすめです。

詳しい理由は次の項目で解説をしていきますので、ぜひそちらの内容もしっかりとチェックしておいて下さい。

カーリースをボーナス払いなしで利用するメリット・デメリット

ボーナス払いなしのメリット・デメリット

メリット

  • 急なライフスタイルの変化に対応しやすい
  • 家計の管理がしやすい

デメリット

  • ボーナス払いありと比べて月々の料金が高い

カーリースは基本的に3年~11年という長いスパンで契約を結ぶものであり、リース会社と契約を結ぶ時点では、将来のライフスタイルの変化に対する予測を立てるのが非常に難しいです。

また、フリーターや自営業者の方にはそもそもボーナスが無いという方も多いので、「ボーナス払いあり」のカーリースを利用すると毎年1月・8月のタイミングでの費用の負担が大きくなってしまいます。

結局のところは「ボーナス払いあり」でも「ボーナス払いなし」でも支払総額は同じですので、これらのデメリットをきちんと理解した上で、どちらのプランを利用するかをしっかりと検討するようにしましょう。

カーリースのボーナス払いはだれでも利用できる

基本的に、カーリースの事前審査(リース契約できるかどうかの審査)に通りさえすれば、料金を「ボーナス払いあり」で支払うか「ボーナス払いなし」で支払うかは借主の自由です。

ただし、カーリース会社の中には「ボーナス払いなし」のプランを提供していないところもあるので注意が必要です。

また、カーリースはリース期間中の契約変更ができないため、一度どちらの支払い方法にするかを選んでしまったら、後からの変更は難しいことも理解しておく必要があります。

そのため、こういった注意点も含め、カーリースの支払い方法はできるだけ慎重に決めることが大切です。

\細かなリース期間の設定可能/

Yahoo!知恵袋やブログでカーリースを使用し後悔した人の失敗談とは?

ここではYahoo!知恵袋などを参考に、実際にカーリースを利用したことがある方々の、成功談や失敗談をご紹介していきます。

これらの体験談を参考にすることで、カーリースが自分に合っているか否かをさらに詳しく検証できるので、ぜひ最後までしっかりとお読みいただければと思います。

カーリースはやめとけという人の失敗談

悪い評判

カーリースは普通に買いより高くつくぞ。
200万で買える車がリースだと250万かかるとか、
頭金がいらないからって早まってもうたわ。
ローンが借りられるならそっちの方がずっと安上がりだ。
みんなは俺と同じ失敗するなよ。

悪い評判

先週、リースしてた車をぶつけて廃車に。
リース会社に連絡したら、
「このまま契約満了まで料金を支払い続ける」か
「一括で残りのリース料を清算する」の2択って言われた。
任意保険に入ってりゃある程度は保険金で賄えたのに…
借りもんだしいらねぇやってバカな考えをしてた、
あの時の自分をぶんなぐってやりたいよ。

※引用元:Yahoo!知恵袋

カーリースがおすすめじゃないという方の多くは、主に「現金一括や自動車ローンで購入するよりも支払総額が高くなるから」と理由で、カーリースをおすすめしていないようです。

とはいえ、条件の良い自動車ローンは審査が非常に厳しかったり、ある程度のまとまった金額の頭金が必要だったりと、フリーターや主婦の方などには利用しづらいというデメリットがあります。

その点、カーローンは原則頭金なしで利用できるため、そういった方には渡りに船な存在と言えます。

とはいえ頭金を問題なく用意できる方、並びに頭金なしのローンを借りられる方にはカーリースを利用するメリットはなく、そういった方々には現金一括か自動車ローンで車を購入されることをおすすめします。

なお、もし審査に不安がある方は以下の記事で審査が甘いカーリース会社をご紹介しておりますので、ぜひ、参考にしてみてください。

カーリースがおすすめという人の成功談

良い評判

俺もフリーターの時にカーリースで車買ったことあるよ。
最終的には車両を引き取って、今もサブカーとして乗ってる。
そりゃ最初から購入出来たらそっちの方が良かったけど、
当時は頭金を用意する余裕もなかったし、
頭金なしのローンは大体審査落とされた状態だったから、
カーリースが無かったら向こう5年は車なんて持てなかったよ。

良い評判

この間、長年乗ってた車が壊れてしまったので、
あれこれ悩んだ結果、カーリースで車を購入。
カーリースの何がいいって、手続きの手間が少ないこと。
税金も登録もぜ~んぶ業者がやってくれるから。
リース中の車は軽だし、どうせ総額の支払いもそんな高くないし、
3年とか6年とかで手軽に乗り換えられるから、
マイカーにこだわりがない人にはおすすめだな。

※引用元:Yahoo!知恵袋

カーリースをおすすめする人の多くは、「初期費用が安く済む」という点や「新しい車への乗り換えがしやすい」といった部分を高く評価されているようでした。

一昔前まではマイカー(自分が所有権を持つ車)に乗ることが一種のステータスだった時代もありましたが、昨今ではカーリースやカーシェアなど、所有権にこだわらない車の乗り方へのニーズも増大してきています。

その点、カーリースは実質的には購入したのと同じ感覚で車を所有しつつ、それでいて購入よりもはるかに手軽にサービスを利用することができるので、新しい車の乗り方を求める方々にはまさにピッタリです。

\細かなリース期間の設定可能/

カーリースに関するよくある質問

ここからは、カーリースによくある下記6つの質問に回答していきます。

どの質問もネット上で特に多く検索されていたものばかりですので、カーリースを利用する際のトラブルシューティングにぜひご活用ください。

カーリースでおすすめの車種はなに?

オリックスカーリースの公式サイトの情報によれば、とくに下記の5車種が人気を集めているようです。

  • 1位:ホンダ N-BOX
  • 2位:トヨタ ヤリス
  • 3位:スズキ ハスラー
  • 4位:ダイハツ ミライース
  • 5位:スズキ スペーシア

車種としてはとくに軽自動車が人気で、価格帯としては月々15,000円~20,000円台前半(もらえるプランの場合)のものが多くの方々に利用されています。

逆にSUVや4WD、その他高級車は月々のリース料が30,000円を超えることも珍しくないためか、人気としては控えめになっています。

とはいえ、せっかくの愛車を他人の意見に流されて決めるのはもったいないですから、その辺はお財布と相談しながら、自分が欲しい車を第一に選ぶのが最もおすすめです

カーリースとローン購入はどっちがお得?

カーリースローン
頭金不要必要
審査の
通りやすさ
比較的やさしい比較的厳しい
登録時諸費用月額料金に含まれる必要
自動車税
(種別割)
月額料金に含まれる都度必要
車検時の
法定費用
月額料金に含まれる都度必要
車検基本料・
車検整備費用
プランによって異なる
(料金に含まれることが多い)
都度必要
メンテナンス
費用
プランによって異なる
(料金に含まれることが多い)
都度必要
駐車場代
燃料費
必要都度必要

上記表はカーリースとカーローンの主な違いを比較したものですが、この中で特に注目すべき点が「カーローンと比べてカーリスの方が審査が易しい」という点です。

とはいえ、カーローンの審査に落ちて、カーリースの審査にも落ちるなどということは普通にあり得る話なので断言はできませんが、カーリースにはローン審査に落ちた方の駆け込み寺として一定の需要があります。

ただし、カーリースはもろもろの手続きの代行料や定期メンテナンスの費用などが料金に含まれていることもあって、ローンよりも契約満了までの支払総額が多くなることがほとんどです

そのため、カーリースは「メンテも手続きも全部業者に任せたい」という人にはお得ですが、「整備会社の選択やもろもろの手続きは自分でできる」という方にはカーローンの方がお得に感じやすいでしょう。

カーリースの車で事故を起こしたらどうなる?

カーリースで借りている車で事故に遭ってしまった場合、修理すれば問題ない程度であれば修理費を負担するだけで済みます。

ただし、廃車になってしまった場合は契約を強制解除された上、残りのリース料を一括清算しなければいけなくなる可能性がありますのでご注意ください。

といっても、この辺は任意保険に加入することで賄うことができる費用なので、リース契約と同時に必要な保険に加入していれば特に心配する必要はありません。

多くのカーリース会社は契約を結ぶ際に任意保険の紹介などもしてくれますが、一部には自分で別途(別の窓口で)申し込みをしないといけないところもあるため、その際は忘れずに申し込むようにしましょう。

カーリースを利用するのは貧乏人ばっかりってホント?

公益社団法人リース事業連合会の2018年度の報告書によれば、当年カーリースを利用した方々の年収別の分布は以下のとおりになっています(モニター数は3,915人)。

年収別のカーリース利用者割合
  • 300万円未満:13.1%
  • 300万円~500万円未満:24.2%
  • 500万円~800万円未満:31.6%TOP!
  • 800万円~1,000万円未満:15.2%
  • 1,000万円~1,500万円未満:11.3%
  • 1,500万円~2,000万円未満:2.4%
  • 2,000万円以上:1.7%
  • 無回答:0.5%

上記の結果の通り、カーリースの利用者数が最も多いのは年収500万円を超える中間層で、一般的に高所得者と呼ばれる年収1,000万円を超える世帯でも、実に全体の14%近い方々がカーリースを利用されています。

そのため、カーリースは「低所得者向けのサービス」というよりはむしろ、「将来的なライフスタイルの変化を見据えた方向けのサービス」ということができるでしょう。

カーリースは納車までにどのくらいかかる?

カーリースの納車には平均で1~3ヶ月ほどかかるのが一般的ですが、中にはもっと早く納車してくれるところもあります。

納車が早いカーリース

また、納車までにかかる期間は業者の在庫状況によっても異なり、在庫がある車は予定より早く納車できたり、反対に在庫がない車は納車まで半年待ちなんてこともよくあります。

これは新車を購入する場合でも同様のことが起こりうるので、希望の車を手に入れるためには多少の我慢も必要だということを、あらかじめ了解しておきましょう。

カーリースのおすすめランキング まとめ

ここまで、カーリースのおすすめランキングや評判口コミ、メリットやデメリット、注意点などについて詳しくまとめてきました。

以下にここまでの要点を簡潔にまとめますので、カーリースにお申し込みになる前の最終チェックにご活用ください。

↓↓カーリースのおすすめランキング(ベスト3)はこちら。

カーリース・サブスクの
おすすめTop3
SOMPOで乗ーる
損保で乗ーる カーリース おすすめ
輸入車のリースがある
細かなリース期間の設定が可能

頭金、初期費用が不要
詳細公式
ニコノリ
ニコノリ カーリース おすすめ
トップクラスの安さ
契約から納車まで代車が1ヶ月無料
最短2週間で納車
詳細公式
定額カルモくん
定額カルモくん カーリース おすすめ
もらえるオプションがある
金額がリーズナブルで利用しやすい
周りからの評価が高い
頭金・ボーナス払い0円
顧客満足度99%
詳細公式

※更新日:2024年7月04日

↓↓カーリースのメリットについてまとめた内容はこちら。

カーリースのメリット
  • カーリースは初期費用が安い
  • カーリースは定期整備やオイル交換などのアフターフォローも万全
  • カーリースは車の乗り換えが気軽にできる
  • カーリースは車の購入や維持にかかる手間が少ない
  • カーリースは月々の支払いが均等だから利用しやすい

↓↓カーリースのデメリットはこちら。

カーリースのデメリット
  • カーリースは契約を途中で解除できないことも多い
  • カーリースは審査に通らないとサービスを利用できない
  • カーリースには1ヶ月あたりの走行距離制限がある
  • カーリースは車両の原状回復が必要な場合がある
  • カーリースは契約満了時に残価が必清算が必要な場合がある

カーリースは頭金なしで手軽に車を借りられる、または購入できる便利なサービスですが、利用者の状況によってはカーリースよりも現金やローンでの購入をおすすめするケースもあります。

本記事をしっかりとチェックしていただくことで、自分がカーリースに向いているか否かを判別することができますので、ぜひ本記事をより良いリース会社選びを実践してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次