Uber Eats(ウーバーイーツ)へ出店! 店舗側の登録方法やながれ、条件、メリット・デメリットを解説

ウーバーイーツに出店

デリバリーの導入は店舗に新たな収入源をもたらしますが、いちから自分で準備するのは大変なこと。そこで利用したいのがUber Eats の仕組みです。この記事では、Uber Eats に出店するための登録方法や条件、受注のながれや管理ツールなどについてご紹介します。

目次

Uber Eats 出店のメリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)へ出店すると、どんなメリットがあるのでしょうか? 逆に、デメリットはどんな点なのでしょうか。

〇 メリット
  • 出店料、固定費がかからない
  • 遠方のお客様にもリーチできる
  • リピーターを増やせる
  • 少ない必需品ではじめられる
  • 混雑時はタ一時休業できる
  • 混雑時は準備時間の延長ができる
  • メニューや営業時間を変更できる
  • 売上分析や受注管理ができる
  • キャンペーンを打てる
  • 閉店時の解約金や違約金がない
✕ デメリット
  • ピークタイムはイートインと重なり忙しい
  • 一人でまわすお店はタスクが増えて大変
  • デリバリー用品を在庫するスペースが必要
  • 自らの手でお客さんに商品を渡せない
  • 配達員の質が店の評判に影響するおそれあり
  • 手数料がかかる(出店後)

Uber Eats に出店するメリットとデメリットは、それぞれにあります。店の特徴や現状をふまえて検討しましょう。

Uber Eats を始めて、だんだんと店が知られてくると、これまでよりは忙しくなるでしょう。オペレーションの効率化を見直すチャンスととらえるのも一つです。

Uber Eats 出店の条件

Uber Eats に加盟店登録する飲食店は、「レストランパートナー」といいます。レストランパートナーになるための条件は以下です。

  • 営業許可証がある
  • 週4日以上営業
  • 1日3時間以上営業
  • メニューは5品以上

5種類以上のメニューには、ドリンクやトッピングなども含みます。

※バーチャルレストラン(2店舗目以降)の場合は10品以上が必要です(うちメイン5品以上、他サイドも可)。

Uber Eats 出店で必要なもの

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店にあたり、取り急ぎ必要なものは以下です。

  • タブレット
  • デリバリー用の容器、カトラリー、袋
  • インターネット環境

Uber Eats での受注は、Uber Eats の管理アプリでおこないます。(記事内で説明)

このため、タブレットが必須です。自前のタブレットがない場合は、Uber Eats からレンタルできます。

Uber Eats 出店でかかる費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するうえでかかる費用は以下です。

  • 登録料(50,000円)
  • 写真撮影費用
  • 手数料(35%)※出店後

2024年6月現在、登録料50,000円が0円になるキャンペーン中! 登録はこちら

それぞれの費用について説明していきます。

① 登録料

登録料(50,000円 税込)の内訳は、

  • タブレットのレンタル費用
  • その他の諸経費

です。

タブレットを店舗で用意できる場合は、レンタルの費用はかかりません。

2024年6月現在、登録料50,000円がにな無料になるキャンペーン中! 登録はこちら

② 写真撮影費用

Uber Eats に掲載する写真は自分で撮影もできますが、Uber Eats にお願いするお店も少なくありません。

お願いすると、Uber Eats が委託するプロのカメラマンが1時間 13,000円(税込)で撮影してくれます。写真は、TOP画面に出る店舗のメイン写真1枚と、商品の写真15枚(最大)です。

支払いは、Uber Eats 出店後に毎週の売上から相殺されます(売上のあった週のみ)。

③ 手数料 ※出店後

一方、「手数料」は、Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店してからかかる費用です。注文を受けるごとに、Uber Eats へ支払う手数料が発生します。

手数料は、

1回の注文ごとに売上の35%

です。

基本的に、手数料分は商品価格にそのまま上乗せします。このため店舗側が損をすることはありません。

なお、厳密には35%に消費税が加算されるので、売上の37%くらいが手数料としてマイナスされます。

Uber Eats 店舗登録の方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)への出店を決めたら、まず、公式サイトからレストランパートナーの登録をします。

Uber Eats の登録画面

登録から開店にいたるまでのながれは、以下のとおりです。

  • Uber Eats へアクセス
  • 店舗情報を入力
  • 業務提携タイプを選択
  • メニュー一覧を提出
  • 営業許可証番号を入力
  • 電子契約書に署名
  • メニュー写真をアップロード(または撮影予約 → 撮影)
  • 銀行情報の証明書類を提出
  • タブレット端末の設定
  • 最終確認
  • Uber Eats で営業スタート!

一連の手続きのあいだに、Uber Eats のスタッフから電話やメールがきて、いろいろとサポートしてくれます。わからないことは何でも質問しましょう。

\ 今なら登録料50,000円無料キャンペーン! /

Uber Eats 出店にかかる時間

Uber Eats に登録し、営業を開始するまでの期間は1か月を見ておけば十分でしょう。

申請書類に不備がなく、メニューの設定や写真の撮影などもスムーズにいくと、2週間で出店できるケースもあるようです。

Uber Eats 出店で使う2つのアプリ

Uber Eats に出店すると、お店は2つの管理アプリを使用します。

1. Uber Eats オーダーズ
2. Uber Eats マネージャー

です。

1. Uber Eats オーダーズ

毎日の受注に使うアプリです。ダッシュボードともいわれ、タブレットで開きます。

お客様から注文が入るとタブレットに通知がくるので、商品の準備を始めます。

お店が忙しいときに新規注文をストップしたり、準備時間の延長、売切れの表示などもできます。

2. Uber Eats マネージャー

おもに営業時間外に使うのが「Uber Eats マネージャー」です。アプリではなくWeb上のツールです。

メニューの管理や売上の分析、プロモーションの設定や銀行口座の登録など、さまざまなことができます。

Uber Eats 受注のながれ

Uber Eats で受注して、お客さんに商品を配達するながれは以下です。

  1.  タブレットに通知がくる
  2. 注文番号、商品名、配達パートナ―の到着時間を確認
  3. 商品を準備する
  4. 準備完了ボタンを押す
  5. 配達パートナーがマッチングされる
  6. 配達パートナーが到着する
  7. 注文番号を照合して、商品を渡す

商品の渡し間違えに注意

間違えた商品を渡してしまわないように、注文番号を袋の外に貼るか記入しておきます。

配達パートナーが到着したら、必ず注文番号の照合をおこないましょう。

梱包の工夫が大切

料理がこぼれたり崩れたりしないように、仕切りをつけたりしっかり固定するなど、梱包の工夫が大切です。

商品の見た目のよさは注文者の満足度に直結するので、包材選びにも気を配るようにしましょう。

忙しいときは一時休止可能

店舗が忙しくてUber Eats に対応できないときは、タブレットで一時的に営業を休止することができます。

また、事前に設定していた準備時間を超えてしまいそうなときは、準備時間の延長も可能です。

キャンセルはできるが難点も

やむをえず受注した商品を準備できない場合、キャンセルもできます。

ただし、キャンセルが続くとお店の評価が下がったり、Uber Eats で上位掲載されなくなったりします。

トラブルがあっても、アプリからUber Eats のサポートやお客様に連絡することで、キャンセルを回避できることがあります。

困ったらサポートに相談

上記のようにトラブルがあれば、その場でサポートに電話できます。また、急ぎの用件でなければチャットやメールでもサポートに相談可能です。

基本的にUber Eats は加盟店に伴走するシステムができているので、その点は安心できます。

Uber Eats 売上金の振込日

Uber Eats(ウーバーイーツ)の売上は、週単位で振り込まれます。

前一週間分の売上分を、Uber Eats 側が月曜に送金します。その後銀行が処理をおこない、だいたい2~3日して登録口座に入金されるイメージです。支払いが完了すると、メールで明細が届きます。

また、過去の支払い状況は上記のUber Eats マネージャー上で確認可能です。

Uber Eats のプロモーションを打つ

Uber Eats のプロモーションとはキャンペーンのことです。

店舗側は、

・対象商品の割引
・1つ頼むと1つ無料
・配達手数料 無料

などのプロモーションを、タブレットから自分で設定できます。

週単位の設定で、予算も自分で決められるので、むりなくトライできます。注文者が注文をすると、店舗側の支払いが発生する仕組みです。

「Eats 厳選」になるには?

注文する側としてUber Eats を見ていると、緑のメダルマークがついているお店があります。これは「Eats 厳選」のお店です。

過去90日の実績が優れていると、自動的に「Eats 厳選」のステータスが付与されます。

Eats 厳選の採択は、月に1回、Uber Eats がおこないます。その月が終わるとEats 厳選ステータスも終了しますが、何度でも採択される可能性があります。

\ 今なら登録料50,000円無料キャンペーン! /

Uber Eats 出店でビジネスチャンスを拡大

Uber Eats 出店にむけて、登録方法や条件、受注のながれや管理ツールなどを解説しました。Uber Eats に出店すれば、お店自慢の商品を、より多くのお客様に届けられるようになります。Uber Eats は加盟店へのサポートも手厚いので、ぜひ導入を検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フードデリバリー界隈の記事を多数執筆するライター。注文者、配達員、店舗の各方面で実際にパートナー登録をし、最新の様子を実況できるフレッシュな記事を作ることを信条にする。

目次