ポケット型WiFiおすすめ人気ランキング!無制限やレンタルできるモバイルWifiも紹介

ポケット型WiFiは持ち運びができ、どこでもインターネットが利用できることで人気です。

しかし種類が多いことで「無制限で使えるおすすめポケットWifiは?」「安いのはどこ?」「レンタルできるところはある?」など戸惑うことも多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、安く、便利に使える人気のモバイルルーターを紹介、目的別ランキング形式でおすすめのポケット型WiFiを解説します。

結論、ポケット型WiFiでおすすめなのはGMOとくとくBBWiMAXです。

キャッシュバックに力を入れており、契約期間に縛りもないのでお得かつ安心して利用をはじめることができます。

また、WiMAXは通信速度も安定しており、「他ルーターよりネットがつながりやすい」とユーザーの評価も高い傾向にあります。

ポケット型WiFiおすすめ窓口概要
GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

当サイト限定キャンペーン実施中!
他社から乗り換えなら最大77,000円キャッシュバック
新規契約だけで35,000円キャッシュバックあり
解約金&違約金0円だから気軽に契約できる
>>GMOとくとくBB WiMAX公式
5G CONNECT

5G CONNECT

【1ヶ月お試し期間ありのWiMAX!】
1ヶ月間の無料お試しあり
端末代金が0円!
おまとめ支払いキャンペーンで月額料金が安くなる
>>5G CONNECT公式
pitatto-wifi
ぴたっとWifi
【安いポケットWi-Fiをお探しの方におすすめ】
・100GBが月額2,650円(税抜)
・最新端末が今なら0円

>>ぴたっとWi-Fi公式
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
20,000円が翌月キャッシュバックで手に入る
・最短キャッシュバックでお得
・月額料金3,430円(税込)〜の利用
>>BIGLOBE WiMAX公式
MONSTER MOBILE
MONSTER MOBILE
【低容量を安く利用したい方におすすめ】
・20GBが月額1,980円(税込)〜使用可能
・キャンペーンで5,000円キャッシュバック!
>>MONSTER MOBILE公式
楽天モバイル

楽天モバイル

【容量無制限のポケット型WiFi】
製品購入同時に楽天モバイル申し込みで端末7,980円→1円
楽天ポイントがザクザク貯まるキャンペーン実施中
>>楽天モバイル公式
AiR WiFi

AiR WiFi

【国内でも海外でも使えるつながりやすいクラウドWiFi】
初めて契約の方限定!1ヶ月間のお試しモニター
端末代金0円容量20GBの料金が1,958円~
>>AiR WiFi公式
※2024/06/18時点の情報です。

GMOとくとくBB WiMAX」は現在当サイト限定キャッシュバックが最大77,000円となるキャンペーン実施中です!

ポケットWifiは利用目的をはっきりさせておくことが重要です。

また、なるべく費用を抑えたい人や一時的に使いたい人には「ぴたっとWifi」や「WiFiレンタルどっとこむ」を選びましょう。

買い切りのポケット型WiFiで、面倒な契約をしたくない人や契約期間に縛られたくない人は「ギガセット」も人気がありおすすめです。

この記事でわかること

ぜひ自分の目的にあったポケット型WiFiを選んでみてください。

当サイトではポケットWIFIの評判についてまとめた記事やおすすめのホームルーターについて解説している記事ももありますので、ぜひ併せてご覧ください。

【当サイトからの申し込み限定】とくとくBBキャッシュバック増額キャンペーン

出典:GMOとくとくBBWiMAX

GMOとくとくBBにて、当サイト限定のキャッシュバック増額キャンペーンが実施中です。

キャンペーン期間中にGMOとくとくBBから対象サービスを申し込むと、最大77,000円ものキャッシュバックを受け取れます。

さらに、キャッシュバックを受け取る時期が通常よりも6ヶ月早く受け取ることが可能です!

全ての方が対象23,000円→35,000円
受け取り時期端末到着月を含む12ヶ月後→6ヶ月後
※全員対象キャッシュバック

こちらのキャッシュバックは期間限定ですのでぜひお早めにお申し込みください!

当サイト限定でキャッシュバック額増額中!最大77,000円

目次

【総合的に満足度高め】ポケットWifiおすすめ人気ランキング

「安定した通信速度で制限なくデータ通信を行いたい」という方は実質無制限のポケット型で高速利用が叶う「WiMAX」がおすすめです。

実質無制限のポケット型WiFiは月額料金が高額になるので、キャンペーンを積極的に利用するようにしましょう。

ただWiMAXを販売している代理店は複数あり、WIMAXを買うのにおすすめのところは?と気になる方も多いと思います。

WiMAXは様々な窓口から申し込みが可能ですが、1番のおすすめはキャッシュバック額が圧倒的に大きいGMOとくとくBBです。

WiMAXおすすめ販売店特徴
WiMAX-GMO
GMOとくとくBB WiMAX
・すべての方対象:
 当サイトからの申し込み限定35,000円キャッシュバック
・他社解約違約金:
 最大40,000円キャッシュバック
・オプション同時申し込み:
 2,000円キャッシュバック
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
・24ヶ月まで月額料金割引
・初月0円
・18,600円キャッシュバッククーポンあり
UQ WiMAX
UQ WiMAX
・端末代が最大20,988円割引
・WiMAX+5Gで料金がお得
カシモ WiMAX
カシモ WiMAX
・端末代月々の負担0円
・解約金0円
broad WiMAX
Broad WiMAX
・初月の月額利用料が無料
・学割・引越しキャンペーンで最大4,697円割引
※参考:GMOとくとくbbBIGLOBE WiMAXUQ WiMAXカシモ WiMAXBroad WiMAX各公式サイト※2024年6月現在の情報です。

本記事では上位2つのプロバイダをピックアップして解説します。

なおWiMAXのキャンペーンはこちらでより詳細に解説していますのでご覧ください。

GMOとくとくBB WiMAX|高額キャッシュバックキャンペーン

当サイトで最もおすすめしたいポケット型WiFi(WiMAX)はGMOとくとくBB WiMAXです。

その理由としては、他にはない圧倒的な高額キャッシュバックが挙げられます。

現在当サイト限定GMOとくとくBB WiMAX」へ申し込むと最大77,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを実施中です。

こちらのキャンペーンサイトから申し込むことで、下記の金額がキャッシュバックされますのでGMOとくとくBB WiMAXへ申し込みをされる方はぜひ利用しましょう。

全員対象の35,000円
+他社解約違約金相当の最大40,000円
+オプション申し込みで2,000円
▶︎▶︎最高77,000円がキャッシュバック

なお、上記のキャッシュバック金額がもらえるのは、当サイトのキャンペーンリンクからの申し込み限定となるので、ご注意ください。

他にもGMOとくとくBB WiMAXには、回線の速さや安定性が魅力的です。

月額料金初月:1,250円
1ヶ月目以降:4,807円
契約事務手数料3,300円
端末代金27,720円
(分割払い 770円税込×36回 )
スマホセット
割引
au
UQモバイル
キャンペーン・すべての方:
 35,000円キャッシュバック
・他社解約違約金:
 最大40,000円キャッシュバック
・オプション同時申し込み:
 2,000円キャッシュバック
契約期間最低利用期間24ヶ月
解約違約金なし
プラスエリア
モード
1,100円
支払い方法クレジットカード
※引用:GMOとくとくBB WiMAX※上記金額はすべて税込金額です。※2024/06/18時点の情報です。

月額料金も実質料金を見てみると1年目、2年目ともに他のWiMAXよりも安いので、ある程度の期間ポケット型Wifiを利用したいという方にはGMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

WiMAXは通常の通信プロバイダよりも通信制限にかかる条件が緩いという特徴もあるため、通信制限も気にする必要はありません。

キャッシュバック増額キャンペーンは期間限定のキャンペーンとなるので、気になる方はこの機会にぜひ公式サイトをご確認ください。

おすすめポイント
  • 圧倒的な高額キャッシュバック金額
  • 月額料金は長期でみるとお得
  • WiMAXなので通信制限の条件が緩い

当サイト限定でキャッシュバック額増額中!最大77,000円

GMOとくとくBB WiMAXが気になる!という方は、ぜひ「ポケット型WiFiのおすすめ3選!人気の最新28社を徹底比較 『 WiMAX(GMOとくとくBB)|速度重視の人』」もご確認ください

BIGLOBE WiMAX月額料金割引で口座振替も可能!

画像出典:BIGLOBE WiMAX公式サイト
月額料金初月:0円
1ヶ月〜24ヶ月:3,773円
25ヶ月以降:4,928円
契約事務手数料3,300円
端末代金27,720円
一括払い・24回払い・36回払い※1
スマホセット
割引
au
UQモバイル
キャンペーン・24ヶ月まで月額料金割引
・初月0円
・18,600円キャッシュバッククーポンあり
契約期間なし
解約違約金なし
プラスエリア
モード
1,100円
支払い方法クレジットカード
口座振替
※1:分割払いはクレジットカードのみです。口座振替の場合は一括払い+代金引換手数料として440円かかります。※引用:BIGLOBE WiMAX※上記金額はすべて税込金額です。※2024/06/18時点の情報です。
おすすめポイント
  • 初月0円
  • キャッシュバックが圧倒的に早い
  • 口座引き落としが可能
  • WiMAXなので通信制限の条件が緩い

BIGLOBE WiMAXは、初月0円を大きく打ち出している人気プロバイダです。

大抵のプロバイダの場合、初月の利用料金は日割り計算をされる場合が多いですが、BIGLOBE WiMAXの場合は月の初めに契約をおこなった場合、ほぼ1ヶ月分の利用料金が無料になります。

また、BIGLOBE WiMAXのクーポンを利用するキャッシュバックでは、最短翌月振込です。

キャッシュバック金額自体は10,000円とGMOとくとくBB WiMAXと比較する少なく感じますが、通常振込まで12ヶ月かかるGMOとくとくBB WiMAXよりも圧倒的に早い点はメリットといえます。

もう一つのメリットは、「口座引き落としで毎月の支払が可能である」という点です。

クレジットカードをお持ちの方はポイントが貯まるため、クレジットカードでの引き落としを設定する方がほとんどだと思います。

しかし、クレジットカードが好きではない方には、口座引き落としでの支払いが選択肢にあるBIGLOBE WiMAXは大きなポイントになるでしょう。

初期費用0円!

【料金が安い】ポケット型WiFiのおすすめランキング

ここではWiMAX以外でおすすめの安いポケット型WiFiについて解説していきます。

当サイトでは安くて使いやすいポケットWifiとして「ぴたっとWi-Fi」をおすすめします。

安くておすすめなポケットWifi月額料金(税込)
pitatto-wifi
ぴたっとWi-Fi
100GB:月額2,915円

※上記は2ヶ月目以降の料金
※初期費用3,300円
楽天モバイルロゴ
楽天モバイル

無制限:3,278円
MONSTER MOBILE
MONSTER MOBILE
20GB:月額1,980円〜
50GB:月額2,530円〜
100GB:月額2,948円〜
※2年契約プランの場合
THE WiFi
THE WiFi

100GB:3,828円
AirWiFi
AiR WiFi
20GB:1,958円
100GB:3,245円
※参考:各公式サイト(ぴたっとWi-Fi/楽天モバイル/MONSTER MOBILE/THE WiFi/AiR-WiFi
※総額=事務手数料+端末代+(月額料金×12ヶ月)ーキャッシュバック・割引+解約違約金
※オンラインでの申し込みで事務手数料無料になるものは、オンラインでの申し込みを前提としています。
※2024年6月現在の情報です。

無制限で使える楽天モバイルも、1年間の総額を見ても100GBのギガ WiFiとあまり変わらない金額で利用ができます。

安いポケット型WiFiを探している方のなかには複数の回線が利用可能なクラウドSIMの契約を考えている方もいるでしょう。

クラウドSIMとしてはMONSTER MOBILETHE WiFiがおすすめです。

月のデータ使用量がそこまで必要ない人にとってはMONSTER MOBILEが安く利用できて便利です。

ただしクラウドSIMはマルチキャリアに対応している一方、無制限のプランがない点や接続する回線を自分で選べない点がデメリットです。

以下では使用データ量ごとにおすすめのポケットWifiをご紹介していくのでぜひ選ぶ際の参考にしてください。

楽天モバイルのポケット型WiFi無制限で人気!

月額料金3GB:1,078円
3GB〜20GB:2,178円
20GB〜無制限:3,278円
契約事務手数料0円
端末代金7,980円→1円
スマホセット
割引
キャンペーン・端末と同時に楽天モバイルへ申し込むとプランセット割引適用で端末代が1円
契約期間なし
解約違約金なし
支払い方法クレジットカード
口座振替
楽天ポイント
※引用:楽天モバイル※上記金額はすべて税込金額です。※2024/06/18時点の情報です。

WiMAX以外で無制限で使えるポケット型WiFiのおすすめは、楽天モバイルです。

楽天モバイルの特徴はこちらです。

・端末料金が1円で済む
・3GBから無制限まで提供している
・その月の使用状況に応じて料金が変化する
・WiMAXを除けば料金が安い

楽天モバイル自身は、2019年10月から自社回線を持つようになり、日本の3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に並び4大キャリアにまで上り詰めました。

そのため楽天モバイルは、「回線の質も安心」「格安SIMの名残で安い」といいとこどりなポケット型WiFiを提供しています。

さらに、料金プランは3段階に分かれていて、20GBまででしたら2,178円で利用ができ1年間の総額は26,137円と20GB部門のAiR WiFiよりも安く使えます
(※計算式:0円+1円+(2,178円×12ヶ月)+0円=26,137円)

また、大手になったからこそCMをたくさん出して知名度があるというのも大きなポイントです。

「何かあっても大手なら安心」というのはかなりの人が感じるのではないでしょうか。

100GBで安いギガWiFiと比べても年間でたった1,000円しか違いはないので、WiMAX以外の安いポケット型WiFiを探している方は楽天モバイルがおすすめです。

無制限で利用可能!

楽天モバイルが気になる!という方は、ぜひ「ポケット型WiFiのおすすめ3選!人気の最新28社を徹底比較『楽天モバイル|無制限でコスパ重視の人』」もご確認ください

ぴたっとWi-Fi|100GBで安く利用できる

ぴたっとWi-Fiは100GBが2,915円(税込)で利用できるプランを用意しています。

100GBものデータ容量が2,000円台で使用できるのは非常に魅力的ですよね。

複数台の契約も3台まで可能です。

現在キャンペーンの利用で最新端末が実質無料で手に入れることが可能なため、端末代を抑えたい人にもおすすめのポケットWiFiです。

MONSTER MOBILE|20GBでおすすめのクラウドWiFi

クラウドSIMのなかで20GBまでの利用を考えている方はMONSTER MOBILEがおすすめです。

クラウドSIMのおすすめポイント
  • 国内海外問わず、同じように使えて面倒な手続きもほとんどいらない
  • トリプルキャリアが使える

クラウドWiFiが不安な方は、MONSTER MOBILEの14日間お試しキャンペーンを利用しましょう。

また、楽天モバイルの3GBほどの低容量はプランがなくとも、通常よく使われる20GBと100GBのプランがAiR WiFiには準備されており、330円(税込)/月のオプションに加入すると契約期間の縛りなく利用ができます。

クラウドSIMの20GBまでのプランで安いポケット型WiFiを探している方はぜひMONSTER MOBILEをチェックしてみてください。

20GBプランが安い!

5G CONNECTTry WiMAXより長くお試したい人におすすめ

月額料金縛りなしプラン:4,950円〜
2年契約プラン:4,500円〜
契約事務手数料4,400円
端末代金0円
スマホセット
割引
キャンペーン・1ヶ月お試しモニター実施中
・3ヶ月まとめて支払いで、毎月の月額料金から200円引き
契約期間なし
解約違約金なし
プラスエリア
モード
1,100円
支払い方法クレジットカード
※引用:5G CONNCCT※上記金額はすべて税込金額です。※2024/06/18時点の情報です。
おすすめポイント
  • 「1ヶ月お試しモニター」制度でたっぷり1ヶ月間月額料金無料でWiMAXを試せる
  • 月額料金割引のキャンペーンがある
  • WiMAXなので通信制限の条件が緩い

WiMAXを使いたいけど、実際につながるのか不安という方におすすめなが5G CONNCCTです。

UQ WiMAXでは15日間無料でWiMAXを試せるTry WiMAXというサービスを提供していますが、5G CONNCCTはTry WiMAXよりも長い1ヶ月間月額料金無料の「1ヶ月お試しモニター」という制度があります。

通信状況はさまざまな条件で変わるため、天候が雨の日はどうか、自宅では?職場では?いつも行くカフェはどうだろう?などしっかり確認しておきたい方もいるでしょう。

その場合、Try WiMAXは完全無料ではあるものの2週間程度しかないことから、試したい環境をすべて確かめるのは難しい可能性があります。

一方の5G CONNCCTならTry WiMAXの約2倍の期間があるため、その間にしっかり確認をおこなえます。

ただし5G CONNCCTは、初期事務手数料4,400円と返却時に端末返却手数料1,100円が発生するので、完全に無料ではありません。

また、長期的に利用する場合はWiMAXとしては平均的な月額料金になるため、1年以上の利用を考えている方はGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

その他の特徴として、月額料金を3ヶ月まとめて前払い方式に変更すると、月額料金が通算4ヶ月無料または2年間月額料金200円引きといった珍しいキャンペーンもやっています。

1ヶ月お試しモニターあり

【レンタルできる】ポケット型WiFiのおすすめ

レンタルWiFi概要
WiFiレンタル
WiFiレンタルどっとこむ
レンタル場所:空港・コンビニ・郵送
レンタル料金:1日526円~(1ヶ月3,965円~ / 127円@1日)
データ容量:5GB~無制限(機種による)
その他:国内利用のみ想定(海外利用は別サービス)
縛りなしWiFi
縛りなしWiFi
レンタル場所:郵送
レンタル料金:1日473円~(1ヶ月7,095円~ / 約229円@1日)
データ容量:10GB(追加不可)
その他:国内利用のみ想定
WiFiBOX
WiFiBOX
レンタル場所:空港・商業施設などのセルフレンタルBOX
レンタル料金:1日300円~
データ容量:0.5GB~無制限(プランによる)
その他:海外プランあり / 予約~返却までセルフ対応
※参考:WiFiレンタルどっとこむ縛りなしWiFiWiFiBOX、各公式サイト※2024年6月現在の情報です。

極々短期間だけWiFiを利用したいというときは、レンタルWiFi一択と考えていいでしょう。

レンタルWiFiというと、海外でWiFiを使うために空港などでレンタルするものをイメージするかもしれませんが、最近は国内利用のみというサービスも少なくありません。

海外で利用したいと考えている方は、郵送やコンビニ受け取りだけでなく空港で受け取りができるサービスもありとても便利です。

なかには、WiFiBOXのように空港や商業施設にセルフレンタルBOXが用意されていて、予約をしておけば簡単にレンタルできるサービスも登場しています。

今回は数あるなかでもおすすめの2つを紹介していきます。

では詳しく見ていきましょう。

WiFiレンタルどっとこむ

WiFi rental
(画像引用元:WiFiレンタルどっとこむより)
レンタル料金※1WiMAX
(Galaxy 5G Mobile Wi-Fi)の場合
1日:700円
30泊31日:9,800円
事務手数料0円
端末代0円
受取手数料・宅配返却:1台550円
 ※2台以上 1,100 円
・空港返却手数料:1台550円
 ※2台以上 1,100 円
・コンビニ受取:1台550円
返却費用・宅配返却:発送料はお客様負担
・空港返却手数料:1台550円
 ※2台以上 1,100 円
・ポスト返却:1台517円
支払い方法クレジットカード
※1:端末によって料金が変わります。※引用:WiFiレンタルどっとこむ※上記金額はすべて税込金額です。※2024/06/18時点の情報です。

WiFiレンタルどっとこむは国内用WiFiルーターレンタルサービスです。

国内用なのに空港での受け取りができるというのは、WiFiレンタルどっとこむを現在海外に住んでいる方が日本に一時帰国した際や海外旅行者に利用してほしいという現れでしょう。

WiFiレンタルどっとこむの特徴は、20種類もの端末が用意されていて、端末の種類により1日・1ヶ月の利用料金が違う点です。

料金は基本的に単価×日数ではあるのですが、WiFiレンタルどっとこむはレンタル日数が長ければ長いほどお得になるシステムなので、単純に掛け算で計算するのではなく、端末ごとの料金表を必ず確認しましょう。

また、一定以上(14日以上の場合が多い)の日数では料金が変わらないことから、自分の利用期間に応じた端末を探してみてください。

用途に応じた端末のラインナップが豊富
受け取り方法も郵送だけでなく、近くのコンビニなどでも受け取りができる

レンタルWiFiなので、長期間の利用はかなり割高になる

ポケット型WiFiレンタルにおすすめ!

縛りなしWiFi

縛りなしWiFi
(画像引用元:縛りなしWiFiより)
レンタル料金当日のみ:473円
1泊2日:946円
2泊3日:1,419円
13泊14日:6,622円
14泊15日〜30泊31日:7,095円
32日目以降:7,095円+228円×利用に数日
事務手数料3,300円
端末代0円
キャンペーン月額料金割引
最低利用期間なし
解約金0円
支払い方法クレジットカード
コンビニ払い
口座振替
※1:端末によって料金が変わります。※引用:縛りなしWiFi※上記金額はすべて税込金額です。※2024/06/18時点の情報です。

縛りなしWiFiは、月額料金が10GB~90GBのデータ容量で分かれているプランと、短期レンタルプランが用意されてます。

短期レンタルプランは、WiFiレンタルどっとこむのシステムとほとんど変わりません。

長く使えば使うほど1日あたりの料金が安くなります。

ただし、縛りなしWiFiには1日10GBの絶対的な制限がある点は注意が必要です。

旅先などでの一時的な利用で1日10GBを使い切ることはあまりないかもしれませんが、使い切ったら翌日まで待たなければなりません。

1日10GB以上を使う人は無制限で使えるサービスを選択しましょう。

1日10GBを使い切ると翌日まで使うことができない

長く使うほどお得なレンタルWiFi

契約なしで使える買い切り型】ポケット型WiFiのおすすめ

契約なしで使える買い切りポケット型WiFiでおすすめは、「ギガセット」と「リチャージWiFi」です。

2つのサービスの違いはこちらです。

ギガセット
ギガセット
プランセットの数ポケット型WiFi:4種類
スマホ:1種類
端末の種類ポケット型WiFi・スマホ各1種類
データ容量10GB~100GB
追加分の料金10GB:1,980円
30GB:3,980円
50GB:4,980円
100GB:6,480円
送料無料
支払方法クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・PayPay・Paidy・ApplePay(iOSのみ)・GooglePay・PayPal・ペイジー・atone
当日発送期日12時まで
海外利用可能
リチャージWiFi
リチャージWiFi
プランセットの数ポケット型WiFi:11種類
車載型WiFi:1種類
端末の種類4種類
(アウトレットも別途あり)
データ容量5GB~100GB
※5GBは追加のみ
追加分の料金5GB:1,280円
10GB:1,480~2,480円
30GB:2,680~3,980円
50GB:2,980~5,480円
100GB:3,480~7,480円
送料無料
支払方法クレジットカード・銀行振込・
コンビニ決済・PayPay・Amazon Pay・後払い決済
当日発送期日14時まで
海外利用可能
※引用:ギガセットリチャージWiFi各公式サイト※上記金額はすべて税込金額です。※2024/06/18時点の情報です

「契約もなしにどうやってWiFiを使うんだろう?」という疑問があると思いますが、ギガがついている端末を購入することで使えるシステムになっています。

そのため、事務手数料や月額費用、解約費用、返却作業などが必要ない点がおすすめポイントです。

使い方はこちらです。

1.公式サイトで通販サイトと同じように好きな端末を購入する
2.自宅に届く
3.使う

簡単に使えるので、契約する手間を省きたい方は契約なしで使える買い切り型ポケットWiFiを選びましょう。

ただしその分割高でもあります。

おすすめな方は短期間の利用を断続的におこなう方に限ります。

長期間使う方はWiMAXや普通のポケット型WiFiを、短期間を1回だけという方はレンタルポケット型WiFiをおすすめします。

では買い切り型ポケットWiFiでおすすめの2社を紹介していきます。

ギガセット

ギガセット
(画像引用元:ギガセットより)
プランセットの数ポケット型WiFi:4種類
スマホ:1種類
端末の種類ポケット型WiFi・スマホ各1種類
データ容量10GB~100GB
追加分の料金10GB:1,980円
30GB:3,980円
50GB:4,980円
100GB:6,480円
送料無料
支払方法クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・PayPay・Paidy・ApplePay(iOSのみ)・GooglePay・PayPal・ペイジー・atone
当日発送期日12時まで
海外利用可能
※引用:ギガセット※上記金額はすべて税込金額です。※2024/06/18時点の情報です

ギガセットはポケット型WiFi以外にもスマートフォンが1種類ラインナップに入っているサービスです。

その他リチャージWiFiと比べて、決済手段が豊富である点や料金体系がわかりやすい点がおすすめポイントです。

容量は10GB・30GB・50GB・100GBから選べるうえに、ギガの有効期限は1年間となっています。

端末の返却も必要ないため、さまざまな手続きが面倒に感じる方は買い切りのポケットWiFiを選ぶようにしましょう。

決済手段が豊富
料金体系がわかりやすい
スマホが1種類ラインナップにある

ポケット型WiFiのラインナップが少ない
当日発送が12時までと短い

契約なしで使える!

リチャージWiFi

リチャージWiFi
(画像引用元:リチャージWiFiより)
プランセットの数ポケット型WiFi:11種類
車載型WiFi:1種類
端末の種類4種類
(アウトレットも別途あり)
データ容量5GB~100GB
※5GBは追加のみ
追加分の料金5GB:1,280円
10GB:1,480~2,480円
30GB:2,680~3,980円
50GB:2,980~5,480円
100GB:3,480~7,480円
送料無料
支払方法クレジットカード・銀行振込・
コンビニ決済・PayPay・Amazon Pay・後払い決済
当日発送期日14時まで
海外利用可能
※引用:リチャージWiFi※上記金額はすべて税込金額です。※2024/06/18時点の情報です

リチャージWiFiも買い切り型ポケットWiFiで契約がないうえに届いてすぐに使える点がおすすめポイントです。

ポケット型WiFiの種類は3種類あり、当日発送も14時とお昼休みに申し込んでも間にある時間だというのはうれしいポイントです。

端末代を抑えたい方はアウトレット商品も販売しているため、有効期限が11ヶ月のルーターや残りのギガ数が90GBのルーターでもよい方は割引されている商品も確認しましょう。

足りなくなった場合はチャージも可能で、追加したギガは決算完了後に即反映されます。

チャージの方法もマイページから簡単に購入でき、24時間365日どこからでもできるため、ギガが突然不足した場合も対応可能です。

契約の際に個人情報の提示もしたくないという方はリチャージWiFiも確認してみてください。

ポケット型WiFi端末の種類が3種類ある
当日発送が14時まで

端末によって同じデータ容量でも価格が違って少しわかりづらい
比較的新しめの支払方法に対応していない

月額料金なし!プリペイド型のWiFiなら

ポケット型WiFiの選び方

ポケット型WiFiは光回線のようにケーブルを使わずに、基地局から発せられる電波を使いインターネットに接続できるサービスです。

一般的にはポケット型WiFiやモバイルWiFiと言われますが、ソフトバンクグループの場合「ポケットWiFi」という登録商標を持っているので、ソフトバンクグループの端末だけ「ポケットWiFi」と言います。

ルータの呼び名

各社サービスに違いがあるため、選ぶ際のポイントはこちらです。

  • 実質月額料金で比較
  • スマホセット割があるか確認
  • 容量と速度を比較
  • 対応エリアを確認
  • 利用する期間によってレンタルか決める

ここからはポイントを押さえながら進んでいきますので順番に見ていきましょう。

ポケット型WiFiは大きく分けて3種類

ポケット型WiFiは大きく分けて下記の3つに分けられます。

  • キャリア
  • WiMAX
  • クラウドSIM

キャリアのポケット型WiFiは各キャリアの回線を使い提供しているサービスで、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルが提供してるポケットWiFiが該当します。

WiMAXはau 5G回線や4GLTE回線、WiMAX2+の3つのネットワークを利用したサービスです。

月間データ容量の制限はなく大容量で使えることが魅力です。

またWiMAXはさまざまなプロバイダから提供されているため、キャンペーンやキャッシュバックを見極めて適切な窓口から申し込みをしましょう。

おすすめは「無制限で使えるポケット型WiFiおすすめランキング」で解説しているので、参考にしてください。

クラウドSIMはSIMカードが必要ないことから、複数のキャリアの回線を利用できることが特徴です。

SIMカードが必要ないため、海外で使う場合も簡単に利用ができます。

ただ、無制限プランがないことや回線を選べるわけではないので、たくさんギガを使う方はWiMAX楽天モバイルなどのポケット型WiFiを選びましょう。

キャンペーンや割引を含めた実質月額料金で比較する

価格を重視する方にはとても重要な考え方です。

気になるサービスの公式サイトをしっかり確認して、1~2年程度でどれくらいかかるのかを計算してみましょう。

ポケット型WiFiのプロバイダ 期間別総支払額
ポケット型WiFiおすすめサービス支払期間
WiMAX-GMO
GMOとくとくBB WiMAX
半年:51,205円
1年間:18,777円
2年間:63,921円
※乗り換え他社解約違約金相当上限を受け取った場合
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
半年:39,885円
1年間:62,523円
2年間:107,799円
※クーポンコード利用の場合
UQ WiMAX
UQ WiMAX
半年:35,640円
1年間:61,248円
2年間:119,966円
※WiMAX +5G ギガ放題プラスSの場合
カシモ WiMAX
カシモ WiMAX
半年:48,378円
1年間:74,646円
2年間:127,182円
broad WiMAX
Broad WiMAX
半年:37,782円
1年間:61,542円
2年間:109,062円
※乗り換え他社解約違約金相当上限を受け取った場合
※ギガ放題縛りなしDXプラン(契約期間無し)の場合
eximo
ドコモ(eximo)
半年:140,690円
1年間:184,580円
2年間:272,360円
※Wi-Fi STATION SH-54Cを選択した場合
au
au
半年:57,288円
1年間:86,856円
2年間:145,992円
※Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03を選択した場合
ワイモバイルロゴ
ワイモバイル
半年:39,708円
1年間:68,616円
2年間:126,432円
※Pocket WiFi® 5G A102ZTを選択した場合
楽天モバイルロゴ
楽天モバイル
半年:19,669円
1年間:39,337円
2年間:78,673円
※参考:GMOとくとくbbBIGLOBE WiMAXUQ WiMAXカシモ WiMAXBroad WiMAXドコモauワイモバイル楽天モバイル各公式サイト※総支払額は、月額料金・初期費用・事務手数料・端末代金・割引を含みます。※オンラインでの申し込みで事務手数料無料になるものは、オンラインでの申し込みを前提としています。※複数プラン存在するものは、無制限プランの中で最安値になるものを選択しています。※2024年6月現在の情報です。

計算方法は、こちらです。

(初期費用+初期手数料+端末料金+月額料金×月数+解約金-割引各種)÷月数=実質月額

極端な話、割引が10万円!と言っても、初期費用が20万円!だとかえって高くつきます。

価格を重視する方は割引を気にされる方が多いのですが、年間総額や実質月額で計算するようにしましょう。

スマホ割が活用できるかもチェック

ご自身がスマホを利用されているなら、スマホ割りが使えるところをを選びましょう。

本記事で紹介したポケット型WiFiの中ではWiMAXがおすすめです。

WiMAXの場合auとUQモバイルのスマホのセット割がききます。

au最大1,100円割引
UQモバイル最大1,100円割引
※2024/06/18時点の情報です。※上記金額はすべて税込金額です。※引用:UQモバイルau

スマホ割りが多いのはキャリアかWiMAXですが、特にWiMAXは割引などで月額料金が安めのため、キャリアのポケット型WiFiと比べてお得になる場合が多いです。

ポケット型WiFiの使い方から必要な容量と速度を把握する

いくら安くても使うためにポケット型WiFiを契約するので、実際に使えなくては意味がありません。

下に、20GBでできること・100GBでできることはこちらです。

※参照:AiR-WiFi公式サイト
※参照:AiR-WiFi公式サイト

通信速度は「みんなのネット回線速度(みんそく) 」で、気になるサービスとご自宅周辺の情報を入れて検索すると実際使っている方の通信速度を見られます。

実測値なので状況によっては極端な数値が出ていることもありますが、参考程度に見てください。

ただし、そもそもポケット型WiFiは回線状況がとてもいいとは残念ながらいえません。

光回線よりもポケット型WiFiの方が速度制限にかかってしまうことも多いようです。

そのため4Kのストリーミングや大人数でのオンラインゲームなどは、ポケット型WiFiではなく光回線をおすすめします。

速度制限のあるポケット型WiFi

今までも「実質無制限」という言葉が出てきましたが、実はポケット型WiFiには完全無制限のサービスは存在しません

1ヶ月間どれだけ使っても定額と謳っているものはありますが、その場合でも、1日の使用量が決められていたり、明確なルールではなくとも「一度に大量に使用すると」という制限が設けられています。

1ヶ月の使用制限が決められている例ですと、Y!mobile「Pocket WiFi®プラン2(ベーシック)」の5Gプランは、1日に7GB使用すると速度制限がかかり、通信速度が大きく下がります。

また、1日の場合、限界突破WiFiが1日5GBで第一段階の、10GBを使用すると第二段階の速度制限がかかるため、注意が必要です。

WiMAXに関しては公式で明確な公表はなく、通信速度の制限が緩いと言われているので、屋外でインターネットをよく使う方はWiMAXをおすすめします。

ポケット型WiFiの対応エリアを確認~主要各社の確認方法

ポケット型WiFiも、端末から事業者の通信施設までの通信方法はスマホなどとあまり変わりません。

そのため、スマホにつながりにくい場所があるように、ポケット型WiFiにもつながりにくい場所があります。

どこならつながるのかというのは公式サイトを見ればきちんと載っていますが、ここでは主要なサービスの確認ページと見方とお伝えします。

WiMAX系列共通

GMOとくとくBB WiMAX
エリア確認ページはこちら
5G CONNECT
エリア確認ページはこちら

WiMAXエリア確認1
(画像引用元:GMOとくとくBB WiMAXより)

赤・オレンジ・黄色で表示されますが、色が濃くなるにつれて高速通信が可能になります。

WiMAXエリア確認2
(画像引用元:GMOとくとくBB WiMAXより)

次の画像のように赤・オレンジ・黄色の箇所がない場合は基本的に使えないエリアです。

WiMAXエリア確認3
(画像引用元:GMOとくとくBB WiMAXより)

ご自身の住所や旅行先の住所を調べて確認してみてください。

クラウドWiFi系列共通

クラウドWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を切り替えながら通信しますので、この3キャリアのエリアを確認しましょう。

ドコモのエリア確認ページはこちら

ドコモエリア確認1
(画像引用元:ドコモより)
ドコモエリア確認2
(画像引用元:ドコモより)

auのエリア確認ページはこちら

auのエリア確認は同じ系列のWiMAXと似ています。
住所を入力するか選択し、左下の地図の見方を参考に見てみてください。

ソフトバンクのエリア確認ページはこちら

ソフトバンクのエリア確認はドコモと似ています。
機種情報や住所を入力するか選択し、画面下の地図の見方を参考に見てみてください。

楽天モバイル

エリア確認ページはこちら

楽天エリア
(画像引用元:楽天モバイルより)

機種情報の入力はありませんが、住所を入力するか選択し、画面下の地図の見方を参考に見てみてください。

楽天モバイルのエリア確認はドコモと似ています。

ただし、色がピンクの箇所が4G LTEとなるので注意しましょう。

楽天モバイル
(画像引用元:楽天モバイルより)

短期間の利用ならレンタルのほうがお得になることも

おすすめを選ぶポイントで意外と盲点なのが、どれだけの期間使うかです。

スマホなどの料金を節約するためにポケット型WiFiをずっと使っていくのであれば、月額料金のポケット型WiFiがおすすめです。

しかし、引越しや固定回線の修理など、最大1ヶ月しか使わないなという場合は、ほとんどの場合レンタルWiFiがお得になります。

入院であっても、長期入院ではなく短期入院であれば同じくレンタルWiFiがおすすめです、

WiFiレンタルどっとこむの場合、機種にもよりますが、2週間から1ヶ月の間は同じ料金である場合が多いので、安心して使えます。

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のポケット型WiFiの特徴

キャリアのポケット型WiFiの特徴も紹介していきましょう。

ドコモやソフトバンク、auからもポケット型のWiFiを提供していますが、端末代が高い点やギガ数が決まっている点がWiMAXやクラウドSIMと比べるとマイナスな点です。

また、auはWiMAXと同じ端末も提供しています。

ただ、WiMAXを提供している他のプロバイダに比べると月額料金が高めなので、WiMAXの利用を検討している方は「無制限で使えるポケット型WiFiおすすめランキング」で紹介したプロバイダから申し込むとよいでしょう。

ここからは旧3大キャリアのドコモ・au・ソフトバンクについて見ていきます。

ドコモ|全国のドコモ回線を無制限で使えるが端末代と料金が高い

エクシモ
(画像引用元:eximoより)

ドコモ eximo
月額料金
~1GB:4,565円
1GB~3GB:5,665円
3GB~無制限:7,315円
使用可能な割引
みんなドコモ割(3回線以上)
-1,100円
ドコモ光セット割home 5G セット割
-1,100円
dカードお支払割
-187円
注釈 ※クリックすると開きます ※参考:ドコモ公式サイト
2024年6月現在の情報です。

ドコモの格安SIMバージョンのプランも含めて3種類のプランがありますが、今回は「ドコモのド定番!」と謳っているeximoを紹介します。

eximoはドコモが現在持っているプランのなかで唯一実質無制限のプランで、eximoの最大のメリットは日本最大級の通信網であるドコモの回線を実質無制限で使用可能なことです。

他のキャリアも通信網を伸ばしてきていますが、まだまだドコモの優勢は崩れなさそうです。

一方でeximoの最大のデメリットは月額料金が高いことです。

単純計算でGMOとくとくBB WiMAXの1年分が、eximoではなんと3ヶ月でオーバーしてしまいます。

ご自宅でドコモを使っているよという方は、少し安くなるものの、月額料金を抑えたい方はWiMAXがおすすめです。

月額料金が高くとも、知名度や通信網の広さ、安定性でドコモがいいという方にはeximoがおすすめです。

日本最大級の通信網であるドコモの回線を実質無制限で使用可能

とにかく月額料金が高い

知名度や通信網の広さが魅力!

ソフトバンク|Pocket WiFi®は50GBまでの利用

ソフトバンク
(画像引用元:SoftBank公式サイトより)
月額料金
~3GB:1,408円
~50GB:5,280円
データシェア(スマホと分け合い):1,078円
使用可能な割引
なし
※参考:SoftBank公式サイト※2024年6月現在の情報です。

ソフトバンクは唯一Pocket WiFi®の名称が使えるキャリアですので、Pocket WiFi®に力を入れているのかと思いきや、残念ながら他のキャリアと比較するとプランの内容が充実していません。

1つ目のポイントは、ソフトバンクは最大50GBまでしか使えない点です。

50GBを超えると通信速度が圧倒的に遅くなってしまいます。

2つ目のポイントは、ソフトバンクはプランの自動切り替えがないことです。

ドコモのeximoですと、1つのプランの中でデータ容量に合わせて利用料金が変わっていきますが、ソフトバンクは最初に50GBプランを選ぶと、たとえ3GBしか使わなくても50GBの料金が必要となります。

3GB以上使う方は楽天モバイルWiMAXがおすすめです。

公式サイトで詳細を確認

au|WiMAXとほぼ同じサービスで料金は割高

au
(画像引用元:au公式サイトより)

au
月額料金
モバイルルータープラン 5G(無制限):5,458円
ホームルータープラン 5G(無制限):5,170円
使用可能な割引
au PAY カードお支払い割
※モバイルルータープランのみ
‐187円
5Gルーター割
‐550円
※参考:au公式サイト※2024年6月現在の情報です。

auは、ポケット型WiFi対応のモバイルルータープランと、ホームルーター対応のホームルータープラン各々1種類ずつなためプラン設定がわかりやすいのが特徴です。

しかしながら安いかというと別問題で、正直なところ、同じKDDI系列のWiMAXの各種プロバイダの方がお得で同じ条件で使えます。

さらに、WiMAXですとauスマホを使っている場合にauスマホの月額料金が毎月1,100円引きになるというキャンペーンも常時実施中ですので、auのスマホをすでに使っているよという方も、ポケット型WiFiはWiMAXを検討することをおすすめします。

プラン設定がわかりやすい

同じKDDI系列のWiMAXの方がおトク

プラン設定がわかりやすい!

ポケット型WiFiのメリット・デメリット

インターネット環境を構築するにはいろいろな手段があり、一般的には光回線・ポケット型WiFi・ホームルータの3種類に分られます。

ポケット型WiFiは工事が不要でインターネットが使えるうえに、気軽に持ち歩けることがメリットです。

プランも豊富で、ご自身の状況に合わせてプランを選べる点もうれしいポイントといえます。

ただ、光回線のように通信が安定しないことからオンラインゲームには向いていません。

さらに使用する場所によっては電波が悪くなったり、圏外になったりすることもあるため、安定した通信速度を求めている方は光回線がおすすめです。

ここでは「あなたには本当にポケット型WiFiが向いているのか」について、メリットとデメリットを挙げて比較していきましょう。

メリット①工事不要で簡単にWiFi環境を作ることができる

ポケット型WiFiとホームルータは自宅の工事不要でWiFi環境を作れます

一方の光回線は、「外部の電線から家の壁まで」と「家の壁から家の中まで」という2回の工事が最低でも必要となります。

しかも、工事自体も1ヶ月〜3ヶ月と時間がかかるうえに、工事開始までの待期期間も非常に長い場合が多いです。

ポケット型WiFiとホームルータですと、郵送でも最短翌日、店舗での契約が可能なサービスを選択すれば、当日にはインターネット環境を整えられます。

そのため、早く通信環境を整えたい方はホームルーターやポケット型WiFiの利用がおすすめです。

メリット②気軽に持ち歩けて外でもWiFiが使える

ホームルータと光回線は電源をコンセントから取る必要があり、さらに光回線は、外部から引き込んだ回線を有線で接続する必要があります。

一方のポケット型WiFiは充電こそ電源コードをつなぎますが、それ以外は完全無線で利用が可能ですので、持ち歩くことが可能です。

また、大きさもスマホと変わらないので、その名のとおりポケットに入れて持ち運ぶのにはぴったりです。

自宅ではなく外でWiFiを使いたいという方はポケット型WiFiをおすすめします。

メリット③プランの種類が多いので、状況に適したプラン料金が選択できる

ポケット型WiFiとホームルータには非常に多くのサービスがあり、そのほとんどはキャリアの回線を借りているプロバイダや代理店です。

回線の種類自体が多いわけではないのですが、その同じ回線の中でも各社差別化を図ろうとしていろんなキャンペーンやプラン作成をおこなっています。

例えば、同じWiMAXでもキャッシュバックや月額料金割引などでキャンペーンが違うため、実質月額料金が変わってきます。

その結果、ポケット型WiFiとホームルータはいろんな状況を抱えているユーザーにピッタリのプランを見つけられることから、契約する際はどこが自分に合っているか比較してみましょう。

デメリット①使用する場所によっては電波が悪くなったり、圏外になることもある

実は、ポケット型WiFiとホームルータは仕組み的にはスマホのテザリング機能と何ら変わるところがありません。

端末と基地局を5Gや4Gといった回線でつなぎ、そのうえで端末からWiFiが出ます。

そのため、スマホがつながりにくい場所があるのと同じように、ポケット型WiFiとホームルータがつながりにくい場所が存在します

ホームルータは自宅内という安定した環境なので、まだましではありますが、自宅自体がつながりにくい場所にある場合は結局一緒です。

一方の光回線については、端末と基地局を有線で強制的につないでいるため、電波がつながりにくいとかは関係ありません。

光回線で電波が関係するのはWiFi側の話ですので、光回線のルータとの距離を近くしたりすることで簡単に解決します。

デメリット②速度は速くないのでオンラインゲームなどには不向き

あくまでポケット型WiFiは手軽さを重視した機器なので、電波が悪くなることがあるのと同様、回線速度にもあまり期待はできません。

これは、ホームルータも本質的には同じですが、本体が大きい分中の機械も大きいため、少しはましな場合があります。

そもそも、オンラインゲームや配信などの高速度高安定性を求める場合はすべて有線でインターネット環境を構築するのが必須レベルですので、ポケット型WiFiやホームルータでオンラインゲームや配信などをおこなうのはおすすめできません。

オンラインゲームをよくする方は光回線を選びましょう。

デメリット③データ容量に上限や制限があるので、完全な無制限利用はできない

ここまで「実質無制限」という言葉を何回か使用してきましたが、それがこのデメリットによるものです。

ポケット型WiFiやホームルータには大抵の場合、月○GBまでとか、1日△GBまでといった制限があります。

この制限を超えた場合、使えなくなることは一部を除きありませんが極端に通信速度が遅くなります。

一方の光回線も制限がないわけではないですが、実際にはあまり制限を意識することはないでしょう。

ポケット型WiFiやホームルータは日単位や月単位で制限のある「実質無制限」に過ぎませんので注意が必要です。

ポケット型WiFiがおすすめな人

ポケット型WiFiのメリット・デメリットは理解したうえで、ポケット型WiFiがおすすめな人について見ていきましょう。

ポケット型WiFiは持ち運べることがメリットになるため、一人暮らしで色々な場所でWiFiを使いたい方や引越しが多い方におすすめです。

また、工事が終わるまで待てない方や面倒と感じている方にとっては工事が不要なポケット型WiFiはうれしいサービスといえます。

さらに短期間だけWiFiを使いたい人はレンタルできるポケット型WiFiを選ぶようにしましょう。

ではおすすめの人の詳細を見ていきましょう。

一人暮らしで色々な場所でWiFiを使いたい人

ポケット型WiFiはホームルータや光回線と比較すると同時接続人数が少ない
 ⇒一人暮らしの方がおすすめ!
ポケット型WiFiは持ち運びに便利!
 ⇒色々な場所でWiFiを使いたい人

おすすめな人1人目は「一人暮らしで色々な場所でWiFiを使いたい人」です。

ポケット型WiFiの接続人数は光回線に比べると少ないため、一人暮らしの方におすすめです。

また、持ち運べるポケット型WiFiの利点が大きなメリットになる色々な場所でWiFiを使いたい活発な人におすすめなWiFiといえます。

大学生の方や外で仕事をする機会が多い人は便利でしょう。

工事が面倒な人や工事ができない物件に住んでいる人

ポケット型WiFiとホームルータは工事不要
 ⇒工事が面倒だったり工事ができない物件にお住いの方

光回線は工事が必須です。

しかし大家さんの意向で工事ができなかったり、土地のつくりで工事車両が入れなかったり、まだ光回線が近くまで敷設されていなかったりする人にはポケット型WiFiかホームルータがおすすめです。

使い分けは下記のようにするよいでしょう。

  • 外に持ち運ぶ ⇒ ポケット型WiFi
  • 家の中限定 ⇒ ホームルータ

引越しが多い人

ポケット型WiFiとホームルータは工事不要
 ⇒引越しのたびに工事費用を払わなくても済む

引越しが多い方もポケット型WiFiかホームルータをおすすめします。

光回線は工事をおこなう場合、工事費無料のキャンペーンがなければそれなりの額の工事費用がかかってきます。

さらに工事の待期期間も1ヶ月〜3ヶ月と結構長いです。

引越しが頻繁にあるならば、光回線で工事までの時間を無駄に使わず、ポケット型WiFiかホームルータを使った方が時間の節約になります。

単身赴任の会社員の方などにいかがでしょうか。

短期間だけWiFiを使いたい人

ポケット型WiFiにはレンタルWiFiがある
 ⇒短期間の利用にも対応!

光回線はその建物に回線を引いてくる都合上、短期間のレンタルを想定していません。

一方のポケット型WiFiは、海外旅行や入院でも利用できるごく短期間のレンタルサービスがあります。

長期間のレンタル利用はかえって割高ですので、短期間で使いたい方は、ポケット型WiFiのレンタルWiFiを利用してはいかがでしょうか。

ポケット型WiFiをおすすめしない人

今度はポケット型WiFiをおすすめしない方です。

ポケット型WiFiは同時接続数が少ないため、家族でインターネットを使いたい人にはおすすめできません。

さらに、通信速度が光回線よりも安定していない点やPing値が高い点からオンラインゲームをしたい人にも不向きといえます。

安定したインターネットを利用したい人は光回線を選びましょう。

それではおすすめしない人の特徴を詳しく解説していきます。

工事はできないが、家族でWiFiを使いたい人はホームルーターがおすすめ

ホームルータは工事不要
 ⇒工事ができなくても安心!
ホームルータはポケット型WiFiより同時接続人数が多い
 ⇒家族などの大人数でWiFiを利用するのにおすすめ!

ホームルータであれば、工事も不要で多人数も安心です。

そのため、工事ができないけど家族でWiFiが使いたいという方にとてもおすすめです。

もちろんポケット型WiFiでも10人程度はつながりますので、家族利用も不可能ではないですが、4人家族全員のスマホ+携帯ゲーム機+ネット接続のテレビと考えるとあっという間に10人分使ってしまいます。

回線の安定性のためにも人数には余裕があった方がいいでしょう。

オンラインゲームや動画配信をしたい人は光回線がおすすめ

オンラインゲームや動画配信を快適にしたいなら有線接続一択!
 ⇒光回線がおすすめ

オンラインゲームや配信などの高速度高安定性を求める場合はすべて有線でインターネット環境を構築するのが必須レベルです。

ポケット型WiFiやホームルータは、端末からパソコンの有線接続に対応している機器はあっても、そもそもの端末から通信基地への接続はどうしても無線になってしまいます。

オンラインゲームや配信などをやりたい人は、無線=安定性が低いので、光回線がおすすめです。

ポケット型WiFiによくある質問

ここでは最後にポケット型WiFiについてよくある質問を3つ集めてみました。

ポケット型WiFiの料金や月額料金がないポケット型WiFiの仕組みなど気になる方もいるでしょう。

さらに端末を購入するとなると端末代を安く抑えたい方もいるでしょう。

そのような方に端末が無料のポケット型WiFiがあるのかどうかも解説していきます。

ここまででもだいぶ選び方はわかったと思いますが、最後まできちんと確認して間違えのないようにしましょう。

ポケット型WiFiの毎月の料金は?

結論から言うと、おすすめは長期利用でも安く、性能もほどほどのGMOとくとくBB WiMAXです。

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金はこちらです。

端末発送月:1,375円
1ヶ月目以降:4,807円
※引用:GMOとくとくBB WiMAX

その場合の年間総支払額は、1年間:22,539円、2年間:74,283円というところです。

その他にも色々なサービスがありますが、この記事は選び方に特化した記事ですので、値段が気になる方は「ポケット型WiFiのおすすめ3選!人気の最新28社を徹底比較」をご確認ください。

月額なしのポケット型WiFiはどうして使えるのですか?

月額なしのポケット型WiFiは、端末を購入した際に一定のデータ容量がついてきており、それを使い切ったらもう使えないという端末です。

もちろん追加でさらに使いたい場合はデータ容量の追加購入が可能ですが、いずれにしても買い切りですので、月額料金を必要としません。

契約期間の縛りがないため、解約金もかからない点がメリットです。

端末代が無料のポケット型WiFiはありますか?

端末代が無料のポケット型WiFiがよい人はレンタル型のポケット型WiFiがおすすめです。

本記事で紹介した5G CONNECTAiR WiFiが端末代金無料でレンタル可能です。

また楽天モバイルは端末代金1円利用ができます。

その他にもキャンペーンで一時的に無料になっていたりと意外とたくさんのサービスで端末代金が無料となっています。

しかし、その場合はレンタル端末やリフレッシュ品であることも少なくありませんので、新品かどうかも併せて確認するようにしましょう。

まとめ

ポケット型WiFiを選ぶためには、キャンペーンだけではなく、どうやって使うのか、そもそもポケット型WiFiでいいのかなどをしっかりと考える必要があります。

ポケット型WiFiを選ぶ際は下記のポイントを意識して選びましょう。

キャンペーンだけに飛びついて失敗したと思うことがないように、ぜひしっかりと検討をしてみてください。

ポケット型WiFiおすすめ窓口概要
GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

当サイト限定キャンペーン実施中!
他社から乗り換えなら最大77,000円キャッシュバック
新規契約だけで35,000円キャッシュバックあり
解約金&違約金0円だから気軽に契約できる
>>GMOとくとくBB WiMAX公式
5G CONNECT

5G CONNECT

【1ヶ月お試し期間ありのWiMAX!】
1ヶ月間の無料お試しあり
端末代金が0円!
おまとめ支払いキャンペーンで月額料金が安くなる
>>5G CONNECT公式
pitatto-wifi
ぴたっとWifi
【安いポケットWi-Fiをお探しの方におすすめ】
・100GBが月額2,650円(税抜)
・最新端末が今なら0円

>>ぴたっとWi-Fi公式
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
20,000円が翌月キャッシュバックで手に入る
・最短キャッシュバックでお得
・月額料金3,430円(税込)〜の利用
>>BIGLOBE WiMAX公式
MONSTER MOBILE
MONSTER MOBILE
【低容量を安く利用したい方におすすめ】
・20GBが月額1,980円(税込)〜使用可能
・キャンペーンで5,000円キャッシュバック!
>>MONSTER MOBILE公式
楽天モバイル

楽天モバイル

【容量無制限のポケット型WiFi】
製品購入同時に楽天モバイル申し込みで端末7,980円→1円
楽天ポイントがザクザク貯まるキャンペーン実施中
>>楽天モバイル公式
AiR WiFi

AiR WiFi

【国内でも海外でも使えるつながりやすいクラウドWiFi】
初めて契約の方限定!1ヶ月間のお試しモニター
端末代金0円容量20GBの料金が1,958円~
>>AiR WiFi公式
※2024/06/18時点の情報です。

当サイト限定でキャッシュバック額増額中!最大77,000円

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

LiPro[ライプロ]は、分野ごとのプロフェッショナルな知見を活用し、あなたの暮らし最適な提案していきます。

目次