ポケット型WiFiの評判|メリット・デメリットについても徹底解説

ポケット型wifi評判

ポケット型WiFiは光回線よりも通信速度が遅いなどの悪い評判がありますが、工事不要でどこでもWiFiが使えるといった良い評判も多くあります。

また、契約せずに月額なしで利用できたり、短期間のレンタルなど、目的に合うサービスを選べる点もメリットです。

本記事ではポケット型WiFiの評判やメリット・デメリット、どんな人におすすめなのかを徹底解説していきます。

手っ取り早くポケット型WiFiの評判を知りたい方は、下記をご確認ください。

悪い評判・デメリット
スマホのテザリングがあるので必要ないという声もある
速度制限のない完全無制限のポケット型WiFiはない

利用する場所によっては通信が不安定になる

バッテリーの充電切れに注意が必要

光回線やホームルーターより通信速度が遅い
良い評判・メリット
プリペイド(買い切り)型なら月額なし・契約なしで使える

短期ならレンタルが便利

開通工事が不要で端末が届いたらすぐに利用できる

持ち運び可能なのでどこでもWiFiが使える
ポケット型WiFiがおすすめな人
回線工事ができない人

外出先で動画やゲームを楽しみたい人

入院や旅行など短い期間だけ使いたい人

評判が気になる方は、ぜひ参考にしてください。

実質無制限で利用するなら!

おすすめのポケット型WiFiをチェック

▼【目的別】おすすめのポケット型WiFi▼

順位おすすめサービス概要
1位【容量無制限】
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
【容量無制限でコスパ◎】
今だけ!翌月18,600円キャッシュバック
最新端末でも月額料金が24ヶ月目までずっと3,773円
1位【容量無制限】
GMOとくとくBB WiMAX
GMOとくとくBB

WiMAX
【容量無制限でコスパ◎】
乗り換えで最大63,000円キャッシュバック

新規でも23,000円キャッシュバック
オプション同時申し込みで2,000円キャッシュバック
3位【無料お試し】
5G CONNECT
5G CONNECT
【無料でお試しできるWiMAX!】
1ヶ月間の無料お試しあり

端末代金が0円
・解約金もなし
おまとめ支払いキャンペーンで月額料金が安くなる
4位【契約不要】
リチャージWiFi
リチャージWiFi
【月額なしのプリペイド型!】
面倒な契約手続き不要

ギガの有効期間は365日

10・30GBの追加チャージが安い

海外140ヵ国に対応の端末あり
5位【レンタルなら】
WiFiレンタルどっとこむ
WiFiレンタル
どっとこむ
【1日496円からレンタル可能!】
取り扱い端末が豊富

無制限プランも選べる

コンビニ受取も可能
※金額は税込み表示、2024/05/01時点の情報です。
【月末3日間限定】《総額50万円分プレゼントキャンペーン》

GMOとくとくBBの対象サービスを申し込んだ方の中から、抽選で500名様にAmazonギフト券1,000円分が当たるキャンペーンが実施中です。

キャンペーン期間:2024年5月29日10時~2024年5月31日23時59分まで

目次

ポケット型WiFiの悪い評判とデメリット

ポケット型WiFiの悪い評判とデメリット

ポケット型WiFiの悪い評判とデメリットは下記のとおりです。

スマホのテザリングがあれば充分なのでポケット型WiFiはいらないという意見もあります。

データ容量無制限のプランでも、一度に大量のデータ通信をすると速度制限がかかる可能性があるので注意が必要です。

持ち運びできるのは便利ですが、充電切れに注意しなければなりません。

また、光回線やホームルーターよりも通信速度が劣る点もデメリットです。

これらの悪い評判やデメリットについて1つずつ解説していきます。

スマホのテザリングがあるので必要ないという声もある

テザリング使えたらポケットWiFiいらないんじゃないか

正直、購入するメリットがまったく分かりません。
スマホを所有している人にとっては不要だと思うし、タブレットやPCを使う人もスマホをルーターにすれば済むことです。スマホを所有していない人が外出時に使用するためのものなのでしょうか?

スマホのテザリングを使えばいいので、わざわざポケット型WiFiを購入する必要はないという声もあります。

テザリングとは、スマホをルーターとして使用し、パソコンなどの端末でインターネットに接続する機能のことです。

テザリングで充分な人は、テザリングが無料かつ申し込み不要な楽天モバイルも検討するとよいでしょう。

なお、データ無制限プラン以外を利用の場合、テザリングを使うとすぐに容量の上限に達してしまう恐れがあるので注意してください。

三木谷キャンペーン好評実施中!

楽天モバイルの三木谷キャンペーンを確認

速度制限のない完全無制限のポケット型WiFiはない

低速インターネット生活を改善するためにレンタルポケットWiFiを導入しました。無制限とは謳っているものの、実際には使用量によって速度制限がかかるという半ばインチキな仕様は、どこで借りても同じみたいです。そこで、3つくらい回線を借りて日替わりで使い回すという、大人買いの力技で乗り切ることにしました。

借りているポケットWiFiは無制限と言っても、実際には1日5GBを超えると通信速度に制限がかかるとあります。昨夜、iOSのアップデートを深夜に設定したところ、朝起きた時点で既に本日のデータ量が5GB近く使われていました。

データ容量が無制限のプランもありますが、一定期間に大量の通信を行った場合、速度制限がかかる可能性があります。

無制限プランを提供しているGMOとくとくBB WiMAXのページ内にも、下記の注意書きが掲載されています。

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

引用:GMOとくとくBB WiMAX

そのため、完全に無制限と呼べるポケット型WiFiはありません

ただ、短期間で大量のデータ通信をしても速度制限はかからなかった、という口コミもあります。

お客様から「WiMAXは本当に通信制限(速度低下)がなくなったのですか?」という質問があり、実際に検証してみました。
【結論】速度制限は一切ありませんでした。
ここ数日間、毎日100GB以上を使用しましたが、その間も今日も速度が制限されることはありませんでした。速度は40〜70Mbpsで、十分に高速です。
固定回線の平均使用量が約150GBと言われているので、WiMAXでも十分に固定回線の代替となり得ますね。

上記の口コミでは、WiMAXを3日で100GB以上使っても速度制限はなかった、とのことです。

とはいえ、速度制限がかかる可能性はあるので短期間の使いすぎには気をつけましょう。

利用する場所によっては通信が不安定になる

ポケットWiFiの調子悪くて接続がすぐ途切れちゃう。

屋内や地下など障害物がある場所では通信が不安定になりがちです。

自宅で使用する際は、窓際や部屋の中心といった遮蔽物の少ない場所に置くことをおすすめします。

また、田舎や山間部はエリア外も多いため、つながりにくかったり遅いと感じたりするかもしれません。

利用する場所が対応しているか事前に確認しておきましょう。

以下の記事では、WiMAXの対応エリア確認方法について解説しています。

WiMAX対応エリアの確認方法はこちらから!

バッテリーの充電切れに注意が必要

出先でポケットWiFiの充電切れたせいでFGOのアップデート出来ない!!

休憩時間なのでポケットWiFi使おうとしたら充電ゼロで泣いた

充電が切れると出先で使えない事態になってしまうので、充電し忘れには気をつけてください。

以下は主なポケット型WiFi機種の連続通信時間です。

機種名連続通信時間
Speed Wi-Fi 5G X12
(WiMAX)

Speed Wi-Fi 5G X12
ノーマルモード:約540分
エコモード:約620分
Wi-Fi STATION SH-54C
(ドコモ)

Wi-Fi STATION SH-54C
5G:約540分
LTE:約600分
Pocket WiFi® 5G A101ZT
(ソフトバンク)

Pocket WiFi® 5G A101ZT
5G(Sub6):約5時間
4G LTE:約7.5時間
4G(AXGP):約9時間
※参照元:GMOとくとくBB WiMAXドコモソフトバンク

使用環境や利用状況によって異なりますが、フル充電なら約9時間ほどバッテリーが持つと言えます。

お出かけや仕事で1日使うとしても充分でしょう。

注意点として、充電切れが嫌だからといって残量が充分にある状態で充電を繰り返すと、バッテリーを劣化させてしまいます。

また、充電しながらの利用も寿命を早める原因となるので控えるべきです。

もし充電を忘れた場合は、こまめに電源をOFFにしたりディスプレイの明るさを調整したりすると、多少は長持ちさせられます。

光回線やホームルーターより通信速度が遅い

レンタルポケットWiFiが届いたのでつないでみましたが、やっぱり光回線に比べるとかなり遅いですね……。

ポケットWi-Fiでは有線接続はできないですね!ポケットWi-Fiよりも、以前使っていたホームルーターの方がまだ速度が出るかもしれませんね!

光回線やホームルーターと比べると、ポケット型WiFiは通信速度が遅いです。

平均速度比較
(WiMAXと光回線)
Speed Wi-Fi 5G X12
Speed Wi-Fi 5G X12下り:102.03Mbps
上り: 15.82Mbps
Ping値:42.7ms
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
Speed Wi-Fi HOME 5G L13下り:174.35Mbps
上り:25.79Mbps
Ping値:44.18ms
ドコモ光
(GMOとくとくBB)
下り: 280.42Mbps
上り: 325.82Mbps
Ping値: 18.9ms
2024/05/01時点の直近3ヶ月間の平均速度とレポート件数です。※引用:みんなのネット回線速度

オンラインゲームや大容量データのダウンロードには、光回線やホームルーターのほうが向いています。

特に本格的なeスポーツを楽しみたいなら、Ping値の低い光回線がおすすめです。

Ping値とは応答速度の数値であり、低くなるほど応答速度が速くなります。

通信速度の速さを求めるなら、光回線やホームルーターを選びましょう。

実質無制限で利用するなら!

おすすめの光回線はこちら

WiMAXのホームルーターの評判をチェック

ポケット型WiFiの良い評判とメリット

ポケット型WiFiの良い評判とメリット

続いて、良い評判やメリットを見ていきます。

開通工事が不要、どこでもWiFiが使えるといったメリットに加え、自分の目的に合ったサービスを選べることも魅力です。

例えば、プリペイド(買い切り)型は使うギガを先払いする仕組みのため、利用していないのに月額料金を払うのはもったいないという人におすすめです。

また、入院や旅行で一時的にWiFiが必要になった場合には、レンタルが向いています。

それぞれ詳しく解説していくので、選ぶ際の参考にしてください。

プリペイド(買い切り)型なら月額なし・契約なしで使える

この前、妻のために買いましたが、買い切りのWiFiはどうでしょうか?本体と1年で100GBのプランで2万3千円でした。ギガの追加購入も安いです。
長期的に使うとなると本体(特にバッテリー)が劣化するのがデメリットだと思いますが、それ以外は良い選択かもしれません。

何かあった時用にスマホのギガを毎月20GB契約していましたが、実際には7GBくらいしか使っていませんでした(自宅ではdocomo光を使用)。そこで、端末買い切りのチャージ式WiFiを導入してみました!100GBのチャージに約7000円かかるらしいです。
これで毎月のスマホ維持費を下げられそうです。基本料金とSPモードだけでいけるのかな??

プリペイド(買い切り)型は「毎月同じ料金を払いたくないし契約手続きも面倒くさい」という人におすすめです。

先に端末とギガを購入し、あとは必要な時に使いたい分だけを使うという仕組みのため、契約手続き不要で月額料金もありません。

もしギガを使い切ってしまっても、追加でチャージできます。

一定の月額料金を払い続けるのではなく、使った分だけに払いたい人はプリペイド(買い切り)型を選ぶとよいでしょう。

なお、ギガには主に1年間の有効期間があるので、使い切れるかしっかり考えてから購入してください。

10・30GBの追加チャージが安い!

短期ならレンタルが便利

当時はフリーWi-Fiがなかったので(今はありますが)、自分でモバイルWi-Fiをレンタルして、スマホで動画を見たりしていました(テレビカードよりレンタルの方が安かったです)。快適な入院ライフが過ごせますように。

次はポケットWiFiをレンタルした方がストレスなくていいかも。 今回の引越しで一週間くらいWiFiが使えないということで、1ヶ月くらいレンタルしました。 おかげで外出先でもほとんど通信料がかからなかったです

入院や旅行で短期間だけWiFiを使いたいならレンタルがおすすめです。

端末の購入費用を抑えられるため、契約して使うよりも短期レンタルのほうが安く済みます。

また、1日単位でのレンタルが可能なので費用の把握も簡単です。

返却の手間はありますが、短期間だけWiFiが必要になったらレンタルを活用しましょう。

1日496円からレンタル可能!

開通工事が不要で端末が届いたらすぐに利用できる

ポケットWiFiを買うかギガ放題にするかで迷っています。ギガ放題は来月から適用だけど、ポケットWiFiはすぐに使える上に安いんですよね。

どうしても今すぐネット環境が欲しいなら、テザリングやポケットWiFiレンタルという手もあります。ネットが開通するまでの繋ぎとしては有効だと思います。

ポケット型WiFiは端末が届いたらすぐに使えます。

一方、光回線の回線工事には立ち合いが必要だったり、工事開始まで1ヶ月以上も待たされたりするケースもあります。

こうした開通工事を待つ面倒がなく、手軽に開始できるのがポケット型WiFiのメリットです。

また、「光回線の工事は待てるけど、その間のネット環境はどうしよう…」と悩む人は、開通するまでのつなぎとしてポケット型WiFiのレンタルを利用するのもよいですね。

持ち運び可能なのでどこでもWiFiが使える

部屋に無料でインターネットが通っていたので、ポケットWiFiは外出時のみの利用に変えました。

いつも携帯しているポケットWiFiは、外出時に欠かせない存在です。スマホの通信制限を回避できるのは、これのおかげです。

ポケット型WiFiは、家の中でも外出先でも受信できる場所ならどこでもWiFiが利用できます

名前のとおり端末のサイズも小さいので、カバンに入れて持ち運んでも邪魔になりません。

1台持っていれば複数のデバイスでインターネットにつなぐことも可能です。

気軽に持ち運べてどこでもWiFiが使えるのは、ポケット型WiFiの一番のメリットと言えるでしょう。

実質無制限で利用するなら!

おすすめのポケット型WiFiをチェック

ポケット型WiFiがおすすめな人

ここからは、ポケット型WiFiがおすすめな人について解説していきます。

工事不要なので、回線工事ができない賃貸に住んでいる人でもWiFiが使えます。

持ち運べるため、自宅だけでなく外出先でも動画やゲームを楽しみたい人にもおすすめです。

入院や旅行で家のインターネットが使えない場合は、短期のレンタルを利用するとよいでしょう。

回線工事ができない人

ポケット型WiFiは端末が届けばすぐに使えるので、光回線の工事ができない賃貸などに住んでいる人でもWiFiが使えるようになります。

光回線の工事ができない主な理由は以下のとおりです。

  • 光回線の提供エリア外
  • 設備が整っていない
  • 管理会社や大家の許可が下りない

引越し先が光回線を導入できなかった場合などに、ポケット型WiFiがあると助かります。

また、回線工事ができない人にはホームルーターもおすすめです。

コンセントがなければ使えませんが、ポケット型WiFiよりも通信速度が速く安定しています。

外ではWiFiを使わないしスマホで充分という人は、ホームルーターも検討してみてください。

WiMAXのホームルーターの評判をチェック

外出先で動画やゲームを楽しみたい人

電源がなくてもパソコンやスマホでインターネットにつなげられるため、外出先でも動画やゲームを楽しめます

気分転換に自宅以外で仕事をしたい時にも便利です。

自宅でも外でも使うとデータ通信量が多くなるので、いくら使っても定額な容量無制限プランが向いています。

なお、外出先で長時間利用する場合は充電切れに気をつけてください。

入院や旅行など短い期間だけ使いたい人

入院や旅行、出張などで家を空けることになった場合、自宅で固定回線を利用している人は困りますよね。

そんな時はポケット型WiFiのレンタルが役に立ちます。

端末を買う必要がないので、契約して利用するよりも費用がかかりません。

短期間だけWiFiが必要な人は、レンタルの利用がおすすめです。

実質無制限で利用するなら!

おすすめのポケット型WiFiをチェック

ポケット型WiFiに関するよくある質問

ポケット型WiFiのよくある質問をまとめました。

無料配布や大手キャリアのポケット型WiFiなど、気になる疑問に答えていくので参考にしてください。

コンセントに挿すだけのWiFiは契約なしで使えますか?

コンセントに挿すだけでWiFiが使えるホームルーターですが、プリペイド(買い切り)型のような契約なしで使えるサービスはありません

必ず回線の契約が必要になります。

なお、レンタルなら契約なしで使えますが、短期で利用する人向けです。

長期利用を考えているなら、レンタルより回線契約したほうが費用は安くなります。

ポケット型WiFiの無料配布はありますか?

ポケット型WiFiの無料配布はありません。

ソフトバンクでは過去に「Pocket WiFi 機種代金無料キャンペーン」が行われていましたが、2018年に終了しています。

無料で使いたい人は、無料お試しを検討しましょう。

特に5G CONNECTは1ヶ月間の無料お試しを実施しているので、使ってみたい人はおすすめですよ。

1ヶ月間の無料お試しあり!

ドコモ・au・ソフトバンクにポケット型WiFiはありますか?

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアにもポケット型WiFiはあります。

ただし、料金が高いのでおすすめはできません

下記はWiMAX(GMOとくとくBB)と料金を比較した表です。

キャリア・プロバイダ月額料金
ドコモ
ドコモ
eximo(無制限):4,565円~7,315円
ahamo(20GBまで):2,970円※1
irumo(0.5~3GB):550円~3,377円
au
au
【容量無制限】
スタンダードモード:5,458円
(プラスエリアモードは+1,100円)
ソフトバンク
ソフトバンク
3GBプラン:990円
50GBプラン:5,280円
データシェアプラン:1,078円
GMOとくとくBB WiMAX
WiMAX-GMO
【容量無制限】
初月:1,375円
1~35ヶ月目:3,762円
3ヶ月目以降:4,807円
※金額は税込み表示、2024/05/01時点の情報です。※1 ahamo大盛り(+80GB)は+1,980円。

ドコモはスマホと同じプランに加入する必要があり、無制限のeximoは3GBを超過で月額7,000円以上と高くなります。

auはWiMAXの端末を使用するため、同スペックと考えると割高です。

ソフトバンクには無制限プランがなく、50GBプランで月額料金が5,000円以上なので高いと言えます。

これら3大キャリアよりも、データ容量無制限で料金と速さのバランスに優れるWiMAXのほうがおすすめです。

WiMAXのおすすめプロバイダを確認

まとめ

最後にポケット型WiFiの評判をまとめます。

悪い評判・デメリット
スマホのテザリングがあるので必要ないという声もある
速度制限のない完全無制限のポケット型WiFiはない

利用する場所によっては通信が不安定になる

バッテリーの充電切れに注意が必要

光回線やホームルーターより通信速度が遅い
良い評判・メリット
プリペイド(買い切り)型なら月額なし・契約なしで使える

短期ならレンタルが便利

開通工事が不要で端末が届いたらすぐに利用できる

持ち運び可能なのでどこでもWiFiが使える

また、おすすめな人は下記のとおりです。

ポケット型WiFiがおすすめな人
回線工事ができない人

外出先で動画やゲームを楽しみたい人

入院や旅行など短い期間だけ使いたい人

ポケット型WiFiには悪い評判もありますが、良い評判・メリットもあります。

月額なし・契約なしで使えるプリペイド(買い切り)型や短期レンタルなど、ニーズに合ったサービスの選択も可能です。

おすすめな人に当てはまる方は、利用を検討するとよいでしょう。

また、おすすめのポケット型WiFiについては以下の記事を参考にしてください。

ポケット型WiFiのおすすめはこちら

実質無制限で利用するなら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ユーザーの皆様に向けて、暮らしの役に立つメディアを常に立ち上げ紹介しております。既に79サイト以上を運営しており、日々情報を更新し発信いたします。

目次