WiMAXのホームルーターはおすすめ?口コミ評判を徹底比較

WiMAXのホームルーターを実際に使っている方の口コミ評判や他社のホームルーターと徹底比較した結果判明した特徴は以下のとおりです。

  • 無制限高速通信と料金のバランスがよい
  • 登録地住所以外でも使える
  • TryWiMAXでお試しできる
  • 時間帯によっては速度が遅いこともある

ここから、WiMAXのホームルーターは万人におすすめできるといえます。

▼WiMAXのおすすめ契約窓口はコチラ▼

WiMAXおすすめ窓口キャンペーン概要

GMOとくとくBB
乗り換えで超高額キャッシュバック】
他社から乗り換えなら最大65,000円キャッシュバック
・新規でも63,000円キャッシュバックあり
・指定オプション同時加入で2,000円キャッシュバック増額中
>>GMOとくとくBB WiMAX


BIGLOBE WiMAX

【新規申し込みでも同額キャッシュバック】
今だけ!18,600円キャッシュバック
・最新端末でも月額料金が24ヶ月目までずっと3,773円
・口座振替でお支払い可能
>>BIGLOBE WiMAX


5G CONNECT

【端末代金無料!】
端末代金が0円!
・1ヶ月間の無料お試しあり
・おまとめ支払いキャンペーンで月額料金が安くなる
>>5G CONNECT

それでは、WiMAXホームルーターについてあなたの知りたいことをすべて解説していきますよ!

ここではホームルーターについて解説していますが、下記の記事はWiMAXやポケット型WiFi全般をくわしく比較しています。ぜひ参考にしてくださいね。

目次

WiMAXホームルーターの口コミ評判からわかったメリットデメリット

WiMAXホームルーターに関する口コミを見てみると、以下のメリット・デメリットがあることがわかりました。

WiMAXホームルーターのメリット
工事不要で設置が簡単
データ通信量は無制限
登録住所以外でもコンセントがあれば利用できる
TryWiMAXで15日間完全無料でエリアや速度をお試しできる

WiMAXホームルーターのデメリット
アップロード速度が遅い
時間帯によっては通信速度が遅いことがある
短期間に大量のデータ通信を行うと速度制限がかかる場合がある

それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

▽高額キャッシュバック実施中▽

実質無制限で利用するなら!

メリット①工事不要で設置が簡単

WiMAXでは持ち運べるモバイルルーターが主流ですが据え置き型のホームルーターを選ぶこともできます。工事不要ですからテレワークに利用する方も最近は増えているようですね。
引用:Xポスト

光回線の場合、引越しシーズンだと開通まで1ヵ月前後かかったり、工事が必要だったりと手間がかかります。

ですが、WiMAXのホームルーターは本体が届いたらコンセントにさすだけですぐに使えるようになります。

インターネットの設定があまり得意ではない人や、すぐにWiFiを利用したい人にとっては大きなメリットですね。

また、WiMAXのホームルーターは小さくてかさばらなず、軽く持ち運びが簡単なので、家の中の好きな場所に設置することもできます。

この手軽さと便利さが、WiMAXホームルーターのメリットの1つです。

メリット②データ通信量は無制限

俺もマンションに回線通ってなくて工事もできないんだけど、持ち運びWiMAXのホームルーター版もあって使用状況によって速度制限とかもあるけどプランによっては無制限だし俺も使ってる
普通にエペやれるくらいのスピードは出るよ
引用:Xポスト

WiMAXは、スタンダードモードで利用する場合、データ通信量に制限はありません

追加料金や速度制限の心配なく、インターネットを好きなだけ楽しむことができます。

長時間の動画視聴をしたり、テレワークでネットを繋ぎっぱなしにしたりなど、どれだけインターネットを使ったとしても安心です。

メリット③登録住所以外でもコンセントがあれば利用できる

UQ WiMAXのホームルーターが登録後2日ですぐ届いたうえに、速度も地方都市で50Mbpsも出てて、とても良かった。 工事不要だし、登録した住所以外でも使えるから転職とか転勤多い人には、かなり助かると思う。
引用:Xポスト

ドコモやソフトバンクなどのホームルーターは登録住所以外での利用はできませんが、WiMAXのホームルーターなら登録した住所以外の場所でも使うことができます

サービスの提供エリア内であればコンセントに挿すだけでインターネットに接続できるため、自宅だけでなく旅行先や出張先でも使用が可能です。

このように、WiMAXのホームルーターは、自宅を空ける様々なシーンでも利用できます。

メリット④TryWiMAXで15日間完全無料でエリアや速度をお試しできる

朗報!WiMAXさんの
TryWiMAXというサービスで
WiFiルーターを15日間の無料レンタルが出来ました
通信は良好です
引用:Xポスト

WiMAXのサービスエリアはエリアマップから確認することができますが、実際の通信速度はどのくらいなのか、気になる人も多いでしょう。

そんな人は、WiMAXを15日間無料でお試しできるTryWiMAXがおすすめです。

TryWiMAX紹介

画像引用:UQ WiMAX公式

TryWiMAXはUQ WiMAX公式サイトから申し込むことができます。

15日間もあればじっくりと使用感を確かめられるので、通信速度が不安で契約を迷っている方はTryWiMAXでお試ししてみてください。

TryWiMAXについてはこちら

デメリット①アップロード速度が遅い

WiMAXのホームルーターを実際に使ってみて「アップロード速度が遅い」という意見もあります。

以下の表は、WiMAXを含むホームルーターと光回線のアップロード速度の実測値です。

サービス名アップロード速度
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME 5G L13)
25.79Mbps
ドコモhome5G 19.04Mbps
ソフトバンクエアー 9.11Mbps
auひかり526.87Mbps
ソフトバンク光342.54Mbps
docomo光 284.17Mbps
※速度参考:みんなのネット回線速度

通信速度を表すのに使われる「Mbps」という単位は「1秒間に送受信できるデータ量」を表し、数値が大きいほど速度が速いことを意味します。

上記の表を見てみると、WiMAXは光回線と比べて10分の1以下の速度しか出せていません。

ただ、アップロード速度が遅いというのは全てのホームルーターに共通する傾向です。

動画投稿やWeb会議などをよく行う人は、WiMAXのホームルーターより光回線の方がおすすめです

デメリット②時間帯によっては通信速度が遅いことがある

夕方頃からWiMAX回線が、まるでISDNかテレホーダイの頃のような低速になって困ってる。3日間で10GBの制限も超えてないし、モデムを再起動してもダメ。もう、夏になったら絶対にdocomoのホームルーターに乗り換えてやる!
引用:Xポスト

WiMAXホームルーターは、時間帯によっては通信速度が遅くなることがあります。

WiMXX最新端末(Speed Wi-Fi HOME 5G L13)の時間帯別の通信速度

下り:227.94Mbps
上り:37.14Mbps
Ping値:42.36ms
下り:196.17Mbps
上り:37.18Mbps
Ping値:43.05ms
下り:184.06Mbps
上り:26.66Mbps
Ping値:47.02ms
下り:177.84Mbps
上り:27.76Mbps
Ping値:45.71ms
深夜下り:201.37Mbps
上り:30.14Mbps
Ping値:46.55ms
※速度参考:みんなのネット回線速度

特に、夕方や夜、休日の昼間など、多くの人がインターネットを使う時間帯に遅くなりやすくなっています。

なぜかというと、車の渋滞のように、多くの人が同じ時間にインターネットを使うとネットワークが混雑して通信速度が落ちるからです。

混雑する時間帯に通信速度が落ちるのは、WiMAXに限らず光回線でも起こる現象です。

夜などの混雑する時間帯は使用を避けるのが最も簡単な対策ですが、そうはいかない人も多いでしょう。

もし、アプリの更新のように大量のデータをダウンロードする必要がある場合は、日中に済ませておくのも手です。

デメリット③短期間に大量のデータ通信を行うと速度制限がかかる場合がある

今日ホームルーター、wimax+5Gに変えたら6時間で速度制限かかった!実質速度制限無しってなんやねん
引用:Xポスト

WiMAXのホームルーターは、短い期間で大量のデータ通信を行うと、速度が遅くなる可能性があります

より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
<お知らせ>
これまで直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度を一律に制限しておりましたが、お客さまのご利用状況をふまえ、速度制限条件などを2022年2月1日より変更いたしました。

引用元:UQ WiMAX

UQ WiMAXの公式サイトには上記の記載がありますが、具体的にどのくらいの期間でどのくらいのデータ通信があると速度制限がかかるのかは不明です。

よほど短期間に大量のデータ通信をしない限り、速度制限がかかる可能性は低いでしょう。

ただ、速度制限がかかったという口コミもいくつか見られますので、一度にギガを使いすぎた場合は、翌日の使用量を抑えるなど気を付けた方が良いかもしれません。

WiMAXホームルーターとは?その特徴をわかりやすく解説

WiMAXのホームルーターは、簡単な設定をするだけでWiFiが使えるようになる、大変便利なサービスです。

データ容量も無制限なので、スマホのギガを気にする必要もなく、パソコンで高画質の動画もたっぷり見られます。

2024年5月現在、WiMAXのホームルーターで代表的な機種は、L13、L12、L11です。

そこでここからは、WiMAXホームルーター3機種のスペックや通信速度を比較していきます。

また、WiMAXホームルーターの端末代金と月額料金のプロバイダごとの差も見ていきましょう。

▽高額キャッシュバック実施中▽

実質無制限で利用するなら!

WiMAXのホームルーター最新機種L13やその他の取扱い端末

最新機種!
Speed Wi-Fi HOME
5G L13

Speed Wi-Fi HOME
5G L12

Speed Wi-Fi HOME
5G L11
L13端末L12端末L11端末
メーカー
ZTENECZTE
発売日
2023/6/12021/11/52021/6/4
サイズ
W100×H207×D100㎜W101×H179×D99mmW70×H182×D124mm
重量
約635g約446g約599g
最大通信速度(受信最大/送信最大)
4.2Gbps
/286Mbps
2.7Gbps
/183Mbps
2.7Gbps
/183Mbps
通信規格
5G(sub6/NR化)、
4G LTE、
WiMAX 2+
同時接続台数
WiFi:32台
有線LAN:2台
Wi-Fi:40台
有線LAN:2台
Wi-Fi:30台
有線LAN:2台

3機種の中でもおすすめなのは、最新機種であるSpeed Wi-Fi HOME 5G L13です。

5G通信対応で、通信速度は3機種のうち最も速く、受信時最大4.2Gbpsの高速インターネット接続が可能です。

旧機種であるL12・L11も5Gに対応していますが、2024年5月現在、多くのWiMAXプロバイダで旧機種プランの新規申し込みが終了しています。

そのため、WiMAXのホームルーターを利用したいなら、最新機種であるL13対応のプランがおすすめです。

L13は旧機種と異なり、5G SA(スタンドアローン)にも対応しています。

これによって、使用可能エリアは限られますが、旧機種と比べてより5G回線に繋がりやすくなっているのが特徴です。

また、最新の「Wi-Fi 6規格」にも対応しておりスピードも充分確保できます。

無線での最大接続可能台数は32台と、通信の安定性も優れていると言えるでしょう。

WiMAXのホームルーターの通信速度

前項でWiMAXホームルーターの最大通信速度について触れましたが、通信の快適さを語る上でより重要なのは通信速度の実測値です。

WiMAXホームルーター3機種の通信速度の実測値をまとめました。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
最大通信速度(受信/送信)
4.2Gbps/286Mbps2.7Gbps/183Mbps2.7Gbps/183Mbps
実測値(受信/送信)
174.35Mbps/25.79Mbps 69.31Mbps/ 13.41Mbps 104.83Mbps/ 17.27Mbps
※速度参考:みんなのネット回線速度

表を見ると、やはり最新機種であるL13の通信速度が最も速くなっています

オンラインゲームを快適にプレイできる目安は、下り100Mbpsと言われていますので、L13は十分な速度が出せていると言えるでしょう。

WiMAXホームルーターの端末代金と月額料金

WiMAXのホームルーターは、同じ機種でもプロバイダによって端末代金や月額料金は様々です。

また、キャッシュバックなどのキャンペーン内容も異なるため、プロバイダの料金を比較する際は、月額料金・端末代金・キャンペーン内容を総合的に見る必要があります

以下の表は、代表的なWiMAXプロバイダの総額の費用をまとめたものです。

WiMAX
プロバイダ
半年1年2年
GMOとくとくBB51,792円13,032円61,476円
BIGLOBE39,855円62,523円107,799円
UQ35,640円61,248円119,966円
カシモ51,898円76,186円124,762円
DTI51,480円71,940円118,910円
GMOとくとくBBは他社乗り換え時63,000円キャッシュバック適用時

半年程度の短期ならUQ WiMAXが最安ですが、1年~2年利用する場合はGMOとくとくBBが最安になります。

おすすめのプロバイダは後述していますので、気になる方はこちらをご覧ください。

WiMAXホームルーターと他のWiFiの料金や速度を比較

WiFiを利用することができる機器は、ホームルーター以外に「光回線」「モバイルルーター」があります。

光回線やポケット型WiFiを比較した際のWiMAXホームルーターのメリットは以下の点です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

▽高額キャッシュバック実施中▽

実質無制限で利用するなら!

光回線と比較すると工事不要のメリットが大きい

ホームルーターは、光回線に通信速度や安定性の面では劣りますが、工事不要で簡単に設置できるというメリットが大きいです。

光回線を利用する場合、基本的には開通工事が必要になります。

開通工事は申し込みから1~2か月後に行われることが多く、工事に要する時間も数時間と、利用開始までの手続きが面倒です。

また、物件によってはそもそも工事できないものもあり、その場合は光回線を契約することができません。

WiMAXホームルーターなら、提供エリアの範囲内であればコンセントに挿すだけで手軽にWiFiを利用することができます。

モバイルルーターと比較すると通信速度や安定性に優れている

WiMAXホームルーターは、モバイルルーターよりも通信速度が速く、安定性も高いです。

また、同時接続台数も多いので、複数人での利用にも向いています。

WiMAXのホームルーターとモバイルルーターの比較

機種ホームルーター
L13
モバイルルーター
X12
最大通信速度
(受信/送信)
4.2Gbps
/286Mbps
3.9Gbps
/183Mbps
同時接続台数Wi-Fi:32台
有線LAN:2台
Wi-Fi:16台
USB:1台

そのため、WiMAXホームルーターは、家族で利用するための自宅用のWiFiとしても有用です。

WiMAXと他社ホームルーターの料金や速度を比較

ホームルーターは、WiMAX以外にも様々な通信会社から契約することができます。

そこでここからは、WiMAX・ドコモhome5G・ソフトバンクエアーのホームルーターを比較していきます。

WiMAX・ドコモhome5G・ソフトバンクエアーのホームルーター比較表

サービス名
(機種名)
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME 5G L13)
ドコモhome5G
(HR02)
ソフトバンクエアー
(Airターミナル5)
月額料金初月:1,375円
1〜35ヶ月目:3,762円
36ヶ月目〜:4,807円
4,950 円1~6ヶ月目:1,980

7ヶ月目~:5,368
契約期間2年なしなし
解約違約金0円
端末代27,720円71,280円71,280円
最大通信速度下り4.2Gbps4.2Gbps2.1Gbps
上り286Mbps218Mbps
同時接続台数34台66台128台
登録住所以外での利用

実質無制限で利用するなら!

WiMAXは実質料金が安く自宅以外でも利用できる

WiMAXのホームルーターは、月額料金の割引やキャッシュバックなどのキャンペーンが充実しているプロバイダが多いです。

そのため、他社ホームルーターよりも実質料金が安く、お得に利用できます。

また、WiMAXのホームルーターは登録住所以外でも利用できる数少ないホームルーターです。

旅行や出張などの際、宿泊先でも利用したいという人におすすめです。

速度重視ならドコモ home 5Gもおすすめ

WiMAX・ドコモhome5G・ソフトバンクエアーの通信速度(実測値)

WiMAX
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
下り:174.35Mbps
上り:25.79Mbps
Ping値:44.18ms
ドコモhome5G
下り:231.36Mbps
上り:27.2Mbps
Ping値:52.73ms
ソフトバンクエアー下り: 90.62Mbps
上り: 9.11Mbps
Ping値: 48.96ms
※速度参考:みんなのネット回線速度

通信速度が速いホームルーターが良いという人は、ドコモ home 5Gがおすすめです。

WiMAXもドコモ home 5Gも、最新機種の最大ダウンロード速度は4.2Gbpsと変わりませんが、実測値は約50Mbpsも差があります

また、利用する人数が多かったり、WiFiの接続可能なloT家電を使っている場合は、WiMAXでは同時接続台数が足りなくなる可能性があります。

また、ドコモ home 5Gのホームルーターは同時接続台数も66台とかなり多いため、こういった場合も安心です。

料金は割高にはなってしまいますが、できるだけ快適なホームルーターを使いたいという人は、ドコモ home 5Gも検討してみてください。

WiMAXのホームルーターキャンペーンがお得なおすすめの申込窓口

WiMAXは、どのプロバイダ会社から契約するかによって金額が大きく変わります。

WiMAXのホームルーターを契約するなら、おすすめのプロバイダは以下の3社です。

それぞれ解説していきますので、プロバイダ選びの参考にしてください。

高額キャッシュバックキャンペーンのGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報
最大通信速度(下り)3.9Gbps(X12)
4.2Gbps(L13)
月間データ容量無制限
通信エリアWiMAX+5G/au 4G・5G
端末X12(モバイルルーター)
L13(ホームルーター)
端末代金27,720円(770円×36回払い)
36ヶ月の使用で実質無料
月額料金初月:1,375円
1〜35ヶ月目:3,762円
36ヶ月目〜:4,807円
キャッシュバック最大 65,000円
全員 23,000円

①他社から乗り換え時違約金相当額 最大40,000円
②指定オプション同時申込で2,000円
キャッシュバック増額(併用可)
 <指定オプション>
 ・インターネット安心セキュリティ
 ・スマホトラブルサポート+(プラス)
最低利用期間2年
契約解除料0円
発送最短当日発送
運営会社GMOインターネットグループ株式会社
※すべて税込み価格

GMOとくとくBBは、高額なキャッシュバックでお得なプロバイダです。

他社からの乗り換えで最大63,000円、新規契約でも23,000円のキャッシュバックを受け取ることができます

さらに指定オプション同時加入で2,000円キャッシュバックが増額されるので、キャッシュバック額は最大65,000円に及びます。

また、月額料金の割引も段階的に3年間続くので、長期利用での実質費用が全WiMAXプロバイダの中で最安です

WiMAXのホームルーターを利用する際に、とにかく全体的なコストを抑えたい人は、GMOとくとくBB WiMAXが最もおすすめです。

▽高額キャッシュバック実施中▽

実質無制限で利用するなら!

月額料金が24ヵ月間安くて口座振替も利用できる!BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX 18,600円キャッシュバック
画像主出典:BIGLOBE WiMAX公式サイト
BIGLOBE WiMAXの基本情報
取扱い端末
最大通信速度(下り)
X12(3.9Gbps)
HOME 5G L13(4.2Gbps)
データ容量月間無制限
 事務手数料3,300円
端末代27,720円
月額料金端末受取月:無料
1〜24ヶ月目:3,773円
25ヶ月目〜:4,928円
キャッシュバック18,600円(期間限定)
支払い方法クレジットカード
口座振替
契約期間なし
更新月以外の解約金
発送約2〜7日で発送
運営会社ビッグローブ株式会社
※料金はすべて税込み

BIGLOBE WiMAXでは、月額料金が初月0円で、翌月から24ヵ月間1,155円(税込)割引されます。

途中で割引額が変わることもないため、2年間の月額料金がずっと3,773円(税込)になる、というシンプルでわかりやすいキャンペーンです。

また、オプション加入などの面倒な条件もないため、申し込むだけで割引が適用されます。

キャッシュバックキャンペーンは受け取り手続きや受け取り時期があり何かと面倒ですが、BIGLOBE WiMAXなら自動的に特典を受けられます。

複雑な条件なしでわかりやすい割引を受けたい人は、BIGLOBE WiMAXで申し込みをすると良いでしょう。

【期間限定!2024年6月3日まで!】

BIGLOBE WiMAX 18,600円キャッシュバック クーポンコード

画像引用:BIGLOBEWiMAX公式サイト
キャンペーン内容: 最短翌月18,600円キャッシュバック
キャンペーン条件: データ端末の同時申し込み + クーポンコード入力        
キャンペーン期間: 2024年6月3日23:50 まで

BIGLOBEWiMAXで最短翌月18,600円キャッシュバックキャンペーンが行われています!

受取はとっても簡単!クーポンコードを入力するだけです!

この種類のキャンペーンは期間限定不定期開催ですので、気になる方はこの機会にぜひ申込をおすすめします!

▽月額料金が24ヵ月間割引▽

端末代無料のWiMAX!5G CONNECT

画像引用元|5G CONNECT公式サイト
最新端末プランプラスエリアモード無料
旧端末プラン
データ容量無制限
月額料金2年契約
4,500円
※まとめて支払いで4ヶ月分月額無料
縛りなし
5,250円
2年契約
4,500円
縛りなし
4,950円
※縛りありなしどちらも
まとめて支払いで200円月額料金割引
プラスエリアモード利用
15GB/月まで無料
契約事務手数料4,400円
端末代金Speed Wi-Fi 5G X12
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
0円※1
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
0円※1
お試し期間30日
最大通信速度(下り)4.2Gbps2.7Gbps
解約金2年契約:4,400円
縛りなし:0円
注釈※クリックすると開きます

金額はすべて税込で表記しています。
※1 縛りありプランは端末代実質無料、解約時には残債の精算が必要。縛りなしプランは端末はレンタルのみで、解約時に返却が必要です。

5G CONNECT WiMAXは、端末の機種と契約期間の有無によって、4種類の料金プランがあり、どのプランでも端末代金が無料で利用できます。

最新端末プラン」は、WiMAXの最新端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13が利用できますが、プラスエリアモードを利用する際は追加料金(月額1,100円/30GBまで)がかかります。

プラスエリアモード無料プラン」は、その名の通りプラスエリアモードに追加料金がかからないプランで、端末は1世代前のSpeed Wi-Fi HOME 5G L12です。

ただし、プラスエリアモード無料プランは、プラスエリアモードの容量制限が最新端末プランの半分の15GB/月となるので注意してください。

それぞれ、2年契約契約期間なしかを選ぶことができます。

プラスエリアモード無料プランは3ヶ月分の料金をまとめて支払うと、毎月の月額が200円引きされてお得になります。

最新端末プラン2年契約の場合のみ、3ヶ月まとめて支払いで合計4か月分の月額が無料になりさらにお得です。

結論!WiMAXのホームルーターはこんな人におすすめ!

WiMAXのホームルーターのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
工事不要で設置が簡単
データ通信量は無制限
登録住所以外でもコンセントがあれば利用できる
15日間完全無料でエリアや速度をお試しできる
アップロード速度が遅い
時間帯によっては通信速度が遅いことがある
短期間に大量のデータ通信を行うと速度制限がかかる場合がある

WiMAXのホームルーターは光回線よりも手軽に利用開始できて、通信速度と料金のバランスがいいというメリットがあります。

そのため、一人暮らしの方や引っ越しが多い方、旅行や出張先でも利用したい方におすすめです。

一方で、通信の安定性では光回線に劣るため、テレワークやオンラインゲームでWiFiを使いたいという人には、WiMAXのホームルーターよりも光回線が向いているでしょう。

▽高額キャッシュバック実施中▽

実質無制限で利用するなら!

WiMAXのホームルーターに関するよくある質問

ここからは、WiMAXホームルーターについてのよくある質問を4つ紹介していきます。

それぞれ解説していきますね。

WiMAXホームルーターが遅い・繋がらない時の対処法は?

WiMAXのホームルーターが遅くなったと感じる時や、ネットに繋がらない時は、次の対処法を試してみてください。

  • ホームルーターを再起動する
  • ホームルーターの設置場所を変える
  • 夜など混雑する時間帯を避ける
  • カスタマーサポートに問い合わせる

まずは、ホームルーターの再起動をしてみましょう。

コンセントを抜き数分後に再び電源を入れると、通信速度が改善する可能性があります。

壁際は電波が届きにくいため、ホームルーターを遮蔽物の少ない部屋の中央に置くことも有効です。

また、夜はインターネットの利用者が増えることが多いので、ネットワークが混雑して速度が落ちている可能性もあります。

混雑する時間帯の使用を避ける、大容量ファイルのダウンロードなどは日中に済ませておくなどの対策をすると良いでしょう。

上記を試しても改善しない場合は、契約しているプロバイダの問い合わせ窓口に相談してください。

問い合わせ先は以下のとおりです。

UQ WiMAXを契約中の場合
電話番号:0120-929-777
受付時間:9:00~20:00(年中無休)
チャット:WEBチャットはこちらから
UQコミュニケーションズ以外の事業者で契約の場合
サービス提供事業者への問い合わせ先を確認

WiMAXのエリアはどこで確認できますか?

WiMAXの使用可能エリアは、UQ WiMAX公式サイトのエリアマップから確認することができます

住所や郵便番号、位置情報から検索することが可能です。

WiMAXエリアマップ

エリアマップの見方は以下の通りです。

赤色:5G sub6
オレンジ色
:5G NR化
黄色
:4G

東京の中心部は5Gに対応してますが、周辺地域はまだまだ4Gがメインということがわかりますね。

さらに気になる方は「WiMAXエリアの確認方法やエリア外だった時の対象方法」の記事も参考にしてくださいね!

エリアマップで確認するだけでは不安という人は、TryWiMAXの15日間無料お試しを利用してみましょう。

WiMAXのホームルーターは外でも使えますか?

ドコモやソフトバンクのホームルーターと違い、WiMAXのホームルーターは、自宅以外でも使用することができます。

持ち出して使ったとしても、ペナルティはありませんのでご安心ください。

旅行先や出張先でも使えますので、外泊などで自宅を空けるというシーンに便利です。

WiMAXのホームルーターでゲームはできますか?

WiMAXのホームルーターでもゲーををプレイすることはできます。

ただし、光回線と比べPing値が高いので、ラグが発生する場合があります

サービス名Ping値
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME 5G L13)
44.18ms
auひかり14.36ms
ソフトバンク光16.25ms
docomo光 18.6ms
【Ping値とは?】

端的に言うと、インターネット回線でのレスポンス速度のことです。
Ping値が高いほどラグが発生しやすくなります。
そのため、シューティング系のオンラインゲームには低いPing値が望ましいです。

FPSTPSなど、素早い応答速度が求められるゲームには、Ping値の低い光回線の方がおすすめです。

この記事ではホームルーターについて解説していますが、下記の記事はWiMAXやポケット型WiFi全般をくわしく比較しています。ぜひ参考にしてくださいね。

▽高額キャッシュバック実施中▽

実質無制限で利用するなら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ユーザーの皆様に向けて、暮らしの役に立つメディアを常に立ち上げ紹介しております。既に79サイト以上を運営しており、日々情報を更新し発信いたします。

目次