不動産一括査定サイトのおすすめ14選!失敗しない選び方や売却する際の注意点を解説

不動産一括査定サイトを活用すると、入力した内容でいくつもの不動産会社に見積もりを取れるため、家を売却する際には非常に頼りになります。

しかし、利用しようと思っている方の中には「不動産一括査定サイトが多すぎて選べない…失敗しない選び方はある?」このような悩みを抱えている方も多いでしょう。

不動産一括査定サイトの選び方に失敗すると、最悪の場合希望の査定額をはるかに下回る金額で売却することにつながるため、慎重に選ぶ必要があります。

そこでこの記事では、不動産一括査定サイトの選び方や、利用する際の注意点などについてまとめました。

本記事を参考にすることで、自身にあった不動産一括査定サイトの選び方を把握でき、希望の価格で売れる可能性が高まります。

大切な不動産をできるだけスムーズに希望の金額で売却したい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

不動産一括査定サイトとは?

まずは、不動産一括査定サイトの仕組みを把握しましょう。

サービスの仕組み

不動産一括査定サイトは、利用者が入力した内容をもとに、サイト側が複数の不動産会社に不動産の見積もりを取る仕組みです。

自身で複数の不動産会社に不動産の査定を依頼する場合は、同じ内容を何度も入力して問い合わせる必要があります。

不動産一括査定サイトを活用すると、一回の申し込みで複数社に見積もりを取れるため非常に便利です。

申し込み自体は数分で完了するため、不動産の売却を検討しているものの、複数社に依頼する時間がない方は利用してみましょう。

無料で利用できる

不動産一括査定サイトは、誰でも無料で利用できます。

不動産一括査定サイトは利用した方ではなく、不動産会社からの紹介のお礼に支払われる費用が主な収益源です。

そのため、利用者から費用を徴収する必要がありません。

また、不動産会社は物件を売る際に仲介手数料として一部を受け取れます。

不動産一括査定サイトと不動産会社の両方にメリットがある仕組みのため、無料でサービスが受けられます。

不動産一括査定サイトの選び方

不動産一括査定サイトは、次のポイントに沿って選びましょう。

  • 同時査定依頼数の多さ
  • 実績の豊富さ
  • 対応しているエリア
  • 得意な物件の種類
  • 運営会社の信頼度
  • 口コミや評判

一つずつ解説します。

同時査定依頼数の多さ

不動産一括査定サイトは、同時査定依頼数の多さを一つの基準にして選んでみてください。

同時査定依頼数が少ない不動産一括査定サイトで見積もりをとり、売却を依頼する不動産会社を選んでも、自身にあった不動産会社を選べる可能性が低いです。

そこで、できるだけ多くの不動産会社に依頼できるサイトを活用すれば、より高い価格で売却できる不動産会社が見つかります。

最低でも5社程度の不動産会社に査定を申し込める一括査定サイトを活用してみてください。

実績の豊富さ

実績の豊富さも、不動産一括査定サイトを選ぶ際のポイントです。

売却までつながった件数が多かったり、運営実績が長かったりする一括査定サイトであれば、優良サイトと判断できます。

実績がない一括査定サイトに依頼すると、個人情報が流出したり、思うような価格で売れる不動産会社が見つからなかったりします。

安心して査定を申し込むためにも、実績が豊富で多くの方が利用しているような不動産一括査定サイトを活用しましょう。

対応しているエリア

不動産一括査定サイトを選ぶ際は、対応しているエリアも重要です。

不動産一括査定サイトごとに対応しているエリアが異なり、自身の不動産を売却できない可能性もあります。

たとえば、首都圏の不動産のみ対応しているサイトもあるため、とくに地方にお住まいの方は対応エリアを事前に確認しておきましょう。

得意な物件の種類

不動産一括査定サイトによって、得意な物件の種類も異なります。

一括査定サイトが得意な物件を自身が売却したいと考えていれば、相性がよく他のサイトよりも高く売却できる可能性があります。

反対に、一括査定サイトが得意としてない不動産の見積もりを依頼する場合は、他社よりも見積もりの金額が低くなる可能性がある点に注意しましょう。

たとえば、マンションに強かったり戸建てに強かったりするサイトがあります。

一括査定サイトの公式サイトを事前に確認して、得意分野を把握しておきましょう。

運営会社の信頼度

不動産一括査定サイトを運営している会社の信頼度が高い方が、セキュリティ面の不安なく見積もりを申し込めます。

不動産一括査定サイトの運営元が怪しい会社の場合、個人情報が流出して悪用される可能性もあります。

運営会社の名前から信頼できるのかを判断するのは難しいため、上場企業なのか、プライバシーマークを取得しているのか、などの部分で信頼度を判断しましょう。

口コミや評判

不動産一括査定サイトを選定する際は、口コミや評判も確認しましょう。

口コミや評判には、実際に利用した方の本音が記載されており、一括査定サイトを選ぶ際の判断材料になります。

公式サイトも参考にはなりますが、基本的にはよい内容のみ記載されているため、利用者の感想の方が参考になりやすいです。

口コミや評判を確認して、合う合わないの判断の一つとしましょう。

不動産一括査定サイトのおすすめ14選

おすすめの不動産一括査定サイト14選を紹介します。

それぞれの特徴を理解して、自身に最適なサイトを選びましょう。

イエウール

イエウールは、最大6社に査定を依頼できるサイトです。

提携している不動産会社の数は2,300社以上あり、一覧として公開されているため信頼できます。

提携している不動産会社の一例は、次のとおりです。

  • 三井住友トラスト不動産
  • ウィル不動産販売
  • 三井住友林業ホームサービス
  • 近鉄不動産

大手企業のグループ会社などとも提携しており、安心感があります。

利用者からの不満の声が多い不動産会社の契約は解除する仕組みであり、優良な不動産会社のみと提携している点も特徴です。

不安なく査定を依頼できるサイトを探している方は、イエウールを選んでみてください。

すまいValue

すまいValueは、査定依頼件数が累計77万件を突破している人気の不動産一括査定サイトです。

売却成功率が79.7%と高く、平均売却期間も2.7か月であり、売却力が高い不動産一括査定サイトともいえます。

大手6社合計875店舗の経験豊富なスタッフが地域の特性も理解したうえで査定されるため、安心感があります。

売却後のトラブルにも対応しており、充実したサポートを受けられる点も特徴です。

たとえば、東急リバブルの場合はリバブル売却補償、小田急不動産の場合はソナエアラバなどのサービスを受けられます。

マンションや一戸建て、土地などの査定に対応しているため、売却力があるサイトに査定を依頼したい方は利用してみましょう。

HOME4U

HOME4Uは、厳選した不動産会社2,300社と提携しています。

提携している不動産会社が一覧で提示されていないため、実際のところは把握できませんが、22年間の運営実績があるため安心して任せられます。

また、NTTデータグループが運営元の不動産一括査定サイトであり、官公庁や銀行などのセキュリティで培った安全なシステムを採用している点も特徴です。

個人情報の流出が不安な方も、査定を依頼しやすいのではないでしょうか。

公式サイトにも実績がある不動産会社のみを厳選し、物件との相性がよい不動産会社が紹介されると記載されているため、迷っている方は一度査定を依頼してみるのもよいでしょう。

不動産一括査定サイトの中でも、運営実績が長い老舗のサイトに依頼したい方は、HOME4Uを利用してみてください。

SUUMO不動産売却

SUUMO不動産売却は、株式会社リクルートが運営する不動産一括査定サービスです。

大手から地元密着の会社まで、全国各地2,000社以上の不動産会社と提携しています。

不動産会社数が豊富であるため、売却価格を比較検討しやすい点がメリットです。

また、SUUMOを介して不動産会社と契約すると、公式サイトに物件を掲載できるようになります。

SUUMO公式サイトに物件が掲載されることで、購入希望者の目につきやすくなるため、できる限り早く物件を売却したい方にもおすすめです。

ホームズ(LIFULL HOME’S)

ホームズ(LIFULL HOME’S)は、全国4,500社以上の不動産会社と提携する一括査定サービスです。

自治体や国が管理する物件情報を掲載しているため、安心して査定を依頼できるでしょう。

またLIFULL HOME’Sの不動産査定は、匿名でおこなうことも可能です。

匿名査定を利用すると、プライバシーが守られることから、個人情報を入力したくない方でも気軽に査定の依頼ができます。

さらに、LIFULL HOME’Sの公式サイトには、不動産売却経験者3,000人のアンケートをデータ化した「住まいの売却データファイル」が掲載されています。

不動産の売却完了までの期間や決め手、後悔したことなどのリアルな声がチェックできるため、売却時の参考にするとよいでしょう。

おうちクラベル

おうちクラベルは、東証プライム上場企業のSREホールディングス株式会社が運営する不動産一括査定サービスです。

複数の不動産会社に査定を依頼している間に、AI技術を活用して売却推定価格を算出できます。

独自のAIアルゴリズムに基づき、物件の属性や市場動向などを分析することで、迅速かつ高精度な査定結果の提供が可能です。

また、おうちクラベルでは最大15社の同時査定依頼に対応しています。

不動産会社にまとめて査定を依頼できるため、満足いくまで査定価格を比較検討したい方にもおすすめです。

リビンマッチ

リビンマッチは、最短45秒で査定依頼が完了する不動産一括査定サービスです。

スマートフォンやパソコンから簡単な情報を入力すれば、大手で安定感のある会社や地域情報に詳しい会社など、さまざまな強みがある不動産会社をピックアップしてくれます。

最大6社の不動産会社を比較でき、適正価格がわかりやすいため、査定結果にも納得しやすいでしょう。

また加盟店は優良企業のみであり、第三者機関による信用調査も実施しています。

全国から厳選した優良企業と提携しているため、はじめての不動産売却でも安心して利用できます。

スバッと不動産売却

スバッと不動産売却は、株式会社ウェブクルーが運営する不動産一括査定サービスです。

提携中の不動産会社は約1,000社で、全国の大手不動産会社はもちろん、地域に精通した不動産会社も多数参画しています。

加盟店審査には厳しい審査基準を設けており、経験や実績のほか、担当者の人柄などもチェックしているため、自身と相性のよい不動産会社と出会えるでしょう。

またスバッと不動産売却では、最大6社に一括で査定依頼ができます。

1社ずつ査定依頼を出す必要がなく、各社の査定額を効率よく比較できるため、忙しい方でも安心です。

ReGuide(リガイド)

ReGuide(リガイド)は、株式会社ウェイブダッシュが運営する不動産一括査定サービスです。

2006年にSBI不動産ガイドとしてスタートした約20年の歴史があるサイトであり、大手から地域密着型まで幅広い不動産会社と提携しています。

提携不動産会社は900社以上で、すべて独自の審査をクリアした会社のため、安心感があります。

またReGuideは、一度の入力で最大10社の不動産会社に査定依頼が可能です。

Yahoo! JAPAN IDのユーザー情報が引き継がれるため、忙しい方でも簡単に入力できるでしょう。

イエイ

イエイは、株式会社じげんが運営する不動産一括査定サービスです。

運営実績は15年以上、利用実績は400万人を突破しており、豊富な実績と高い顧客満足度を誇ります。

地元不動産会社にも大手不動産会社にも強いため、さまざまなニーズに応えられることが特徴です。

また、イエイでは査定金額のみでなく、担当者の人柄や売買計画も比較できます。

売却に関するアドバイスも受けられるため、はじめての不動産査定で不安な方でも安心です。

マンションナビ

マンションナビは、マンションリサーチ株式会社が運営する不動産一括査定サービスです。

中古分譲マンションの売却が専門で、マンション物件の一括査定に特化しています。

マンションナビの登録店舗数は全国2,500店舗以上、同時査定依頼数は9社(売買6社+賃貸3社)です。

売買価格のみでなく、賃貸に出した場合の賃料収入も査定できるため、ほかのサービスにはない魅力があるといえます。

中古マンションの売却を検討している方は、ぜひマンションナビを利用してみてください。

すまいステップ

すまいステップは、株式会社Speeeが運営する不動産一括査定サービスです。

不動産の売却を検討している方が安心して利用できるように、次のいずれかの条件に該当する不動産会社の担当者が査定依頼に対応します。

  • 宅地建物取引士の資格保持者
  • 不動産の売買仲介営業経験が5年以上
  • 累計100件以上の仲介実績

すまいステップでは不動産会社の担当者に独自の基準を設けているため、実績や経験が豊富なプロに任せたいと考えている方におすすめです。

また、不動産売却に強い担当者に依頼できることから、最短1か月以内のスピード成約も可能です。

少しでも早く不動産を売却したいと考えている方は、すまいステップに相談してみるとよいでしょう。

不動産売却の窓口

不動産売却の窓口は、リビン・テクノロジーズ株式会社が運営する不動産一括査定サービスです。

「大手から地元密着まで、比べて、選べる」をコンセプトとし、不動産メディア運営実績10年以上の経験から、売主が本当に納得できる不動産売却を目指しています。

また不動産売却の窓口では、祝い金がもらえる特典を用意しており、不動産会社と媒介契約に至ると3,000円相当の商品券がGETできます。

祝い金申請の有無が不動産売買に直接影響することは一切ないため、遠慮なく申請しましょう。

Howma

Howmaは、株式会社コラビットが運営する不動産一括査定サービスです。

独自のAI技術&不動産会社のプロ目線の査定により、チャレンジ価格と安全価格、相場の3つがわかるため、納得のいく売り出し価格を決められます。

チャレンジ価格は近隣相場より高いものの、売れるチャンスがある価格であり、なるべく高く売りたい方におすすめです。

一方で安全価格は、ほぼ確実に売れる価格のため、少しでも早く売りたいと考える方に適しているでしょう。

また、HowmaでAIとプロのコラボ査定を利用すると、完全無料でコンシェルジュに相談できる点も魅力です。

コンシェルジュには不動産会社の選び方や売却のコツなど、不動産売却に関するさまざまな相談ができるため、はじめての売却でも安心して任せられるでしょう。

不動産一括査定サイトのメリット

不動産一括査定サイトを利用するメリットは、次の3つです。

  • 複数の査定額を比較できる
  • 不動産会社に会う必要がない
  • 相場の確認のみでも利用できる

一つずつ解説します。

複数の査定額を比較できる

不動産一括査定サイトの最大のメリットは、複数の査定額を比較できる点です。

1社の不動産会社の査定で売却する不動産会社を決めるよりも、高い金額で売却できる可能性が高まります。

不動産を売却する際は、誰しもができるだけ高値で売却したいと考えるでしょう。

1社に見積もりを依頼する場合と比較しても手間は変わらないため、不動産を少しでも高く売却したい方は不動産一括査定サイトを利用しましょう。

不動産会社に会う必要がない

不動産一括査定サイトを活用する場合は、インターネット上で査定が完了します。

訪問査定まで不動産会社の職員に会わないため、気軽に査定を依頼できます。

不動産会社に足を運ばずに、手軽に不動産の査定を依頼したい方は、不動産一括査定サイトを活用してみてください。

相場の確認のみでも利用できる

不動産一括査定サイトでは、複数の不動産会社の見積もりを取れますが、見積もりの内容から相場を確認することもできます。

見積もりを取ったら必ず売却しなければならないわけではありません。

相場の価格がわかれば、異なる不動産会社に見積もりを依頼した際に、高いのか安いのかを自身で判断できるようになります。

自身の家がどれほどの価格で売却できるのかを把握していない方は、不動産一括査定サイトを活用して相場を確認しましょう。

参考:動産査定をスムーズに進めるコツは?注意すべきポイントも解説

不動産一括査定サイトのデメリット

不動産一括査定サイトを利用するデメリットは、次のとおりです。

  • 営業の電話がある
  • 提携外の不動産会社に依頼できない
  • 査定額が売却価格とは限らない

順番に解説します。

営業の電話がある

不動産一括査定サイトを活用すると、不動産会社から営業の電話がかかってきます。

不動産会社からすると、売却を手伝い仲介手数料を受け取るチャンスです。

見積もりを依頼した複数の不動産会社から営業の電話がくるため、面倒に感じる方も多いでしょう。

あまりにも営業電話がしつこい場合は、着信拒否をおこない電話がかかってこないようにしましょう。

提携外の不動産会社に依頼できない

不動産一括査定サイトによって、提携している不動産会社は異なります。

そのため提携外の不動産会社の査定を受けられない点は大きなデメリットです。

自身が気になる不動産会社があるものの、不動産一括査定サイトと提携していない場合は、不動産一括査定サイトを介さずに直接問い合わせてみてください。

査定額が売却価格とは限らない

査定額はあくまでも目安であり、売却価格とは限らない点に注意しましょう。

なかには、契約が欲しいという理由で高額な査定額を提示する不動産会社もあります。

不動産会社は売り手と買い手を仲介する会社であり、査定額で売却できなかったとしても損失を被りません。

そのため、契約欲しさに相場よりも高額な査定額を提示する会社も多くあります。

査定額はあくまでも目安と捉え、相場よりもはるかに高い金額を提示している不動産会社は避けましょう。

不動産一括査定サイトを利用する際の注意点

不動産一括査定サイトを利用する際の注意点は、次の3つです。

  • 正確な情報を入力する
  • 提携業者数のみで選ばない
  • 悪質な不動産会社に注意する

一つずつ解説します。

正確な情報を入力する

不動産一括査定サイトを利用する際は、正確な情報を入力しましょう。

物件の種別や住所などを正確に入力しないと、正しい査定ができません。

不動産一括査定サイトによっては細かい条件まで記入できる場合もあるため、できるだけ詳しく入力しましょう。

情報に不備があると、不動産会社から連絡がくる場合もあります。スムーズに査定を受けるためにも、正確な情報を伝えるよう注意してください。

提携業者数のみで選ばない

不動産一括査定サイトによって提携業者数は異なりますが、数が多いからといって優良な不動産一括査定サイトとは限りません。

本当に提示されている数の業者と提携しているのかは確認できないため、あくまでも目安と捉えましょう。

なかには、提携数を多く見せたいからと細工している不動産一括査定サイトもあり、本当のところは誰にもわかりません。

提携業者数も不動産一括査定サイトを選ぶ際の一つの指標にはなりますが、他のポイントも比較して決めるのがおすすめです。

悪質な不動産会社に注意する

不動産会社の中には、値下げ前提で高額な査定額を提示して、契約を取ろうとする会社もあります。

不動産会社は、契約さえ取れれば利益が確定し、査定額で売却できなかったとしても仲介さえすれば損失を被ることはありません。

以前よりは少なくなりましたが、相場よりも高い査定額を提示して、集客する不動産会社が存在します。

相場よりも高すぎる査定額を提示している不動産会社には注意しましょう。

不動産一括査定サイトを利用する際の流れ

不動産一括査定サイトを利用する際の流れは、次のとおりです。

  1. フォームから申し込む
  2. 不動産会社を選ぶ
  3. 査定結果が届く

順番に解説します。

1:フォームから申し込む

まずは、不動産一括査定サイトのフォームから申し込みをおこないましょう。

費用項目はすべて記入し、自由に記入できる項目がある場合は、できるだけ細かく記載してみてください。

2:不動産会社を選ぶ

申し込む際は、査定を依頼する不動産会社を選択する必要があります。

自身が気になる不動産会社を選択してみましょう。

3:査定結果が届く

申し込みが完了すると、各社から査定結果が届きます。

希望にあう条件の不動産会社がある場合は、媒介契約を締結します。

不動産一括査定サイトに関するよくある質問

ここでは、不動産一括査定サイトに関するよくある質問に回答します。

査定後にキャンセルできる?

査定後のキャンセルは可能です。

しかし、キャンセル方法は不動産一括査定サイトによって異なるため、公式サイトで確認する必要があります。

匿名で依頼できる?

匿名での査定も可能です。

たとえば、ホームズの不動産一括査定であれば、個人情報不要で査定されます。

人情報は流出しない?

不動産一括査定サイトの利用によって、個人情報が流出するリスクは少なからずあります。

不安な方はPマークを取得している不動産一括査定サイトを利用しましょう。

Pマークとは、個人情報を適切に保護する体制が整っているサイトに付与されるマークのため、安心して利用できます。

また、上場企業が運営元の不動産一括査定サイトも厳しい条件を満たして運営されているため安心です。

まとめ

不動産一括査定サイトは、利用者が入力した内容をもとに、複数の不動産会社に査定の見積もりをとるサイトです。

不動産一括査定サイトの種類は多くあり、どのサイトを利用するのかによって見積もりを依頼できる不動産会社の数や売却価格などが変動します。

そのため、できるだけ自身に最適な不動産一括査定サイトを選び、査定を依頼する必要があります。

不動産一括査定サイトを選ぶ際は、実績の豊富さや得意な物件の種類などを参考に比較すると、好条件で売却できる不動産会社に巡り合える可能性が高いです。

自身に最適な不動産一括査定サイトを選び、大切な不動産をよりよい条件で売却しましょう。

<参考>
三井住友トラスト不動産
ウィル不動産販売
三井住友林業ホームサービス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次