クレジットカードの国際ブランドとは?それぞれの違いや選び方・おすすめクレカも紹介!

クレジットカードを申し込む際に選択するVisaやMastercardを「国際ブランド」といいます。

クレジットカードの利用範囲や付帯サービスを最大限活用するためには、自分のニーズや生活スタイルに合わせて最適な国際ブランドを選ぶ必要があります。

国際ブランドは主要なものだけでも5つあり、自分のニーズに合ったブランドを選ぶためには知識と比較検討が必要です。

本記事では国際ブランドのそれぞれの違いや特徴、選び方をまとめて紹介します。

あわせて国際ブランド別のおすすめカードを解説するため、クレジットカード発行の際の国際ブランド選択の参考にしてみてください。

\ 迷ったらコレ!/
編集部おすすめのクレカをチェック

スクロールできます
クレジットカードおすすめできる人年会費ポイント還元率国際ブランド還元率UP付帯保険公式サイト

JCBカード W
 \ ネットショッピングをよくする方におすすめ!/
セキュリティの高いメインカードがほしい
Amazonやスターバックスをよく利用する

永年無料
詳しく見る

1.0%~10.5%
※2
【最大21倍】
Amazon
スターバックス
海外旅行保険
海外ショッピング保険
詳細を見る

三井住友カード(NL)
 \ コンビニをよく利用する方におすすめ!/
年会費無料でお得にポイントを貯めたい
ナンバーレスでセキュリティを強化したい

永年無料
詳しく見る

0.5%~7.0%
【最大20%】
Vポイントアッププログラム対象サービスの利用
セブンイレブン
海外旅行保険※3
ショッピング保険
詳細を見る
セゾンパール
セゾンパール
・アメックス
 \ QUICPayで高還元を受けたい方におすすめ!/
有効期限なしのポイントを貯めたい
QUICPayを常用している

初年度無料
※1
詳しく見る

0.5%〜2.0%
【最大2.0%
QUICPay
詳細を見る
PayPayカード
PayPayカード
\ 手軽にスマホ決済したい方におすすめ!/
PayPayをよく利用する
Softbankスマホを利用している
 
永年無料

詳しく見る

1.0%〜5.0%
最大5.0%
PayPay
Yahoo!ショッピング
LYPプレミアム会員
詳細を見る
三菱UFJカード VIASOカード
VIASOカード
 \ ポイント消費を楽にしたい方におすすめ!/
貯めたポイントを失効させたくない
もしものためにキャッシング枠も設定しておきたい

永年無料
詳しく見る

0.5%~1.0%
【最大24倍】
POINT名人.comからの利用
海外旅行保険
ショッピング保険
詳細を見る
※本ページはプロモーションが含まれています。
※1. 前年に1円以上のカードご利用で翌年度も無料。2年目以降1,100円(税込)。
※2. JCBプレモにチャージした場合。
※3.カードご入会後に希望に応じて選べる無料保険に切替え可能。
目次

クレジットカードの国際ブランドとは

クレジットカードを発行する際は、VisaやMastercardなどの国際ブランドを選ぶ必要があります。

まずは、カードを発行する際に選ぶ国際ブランドについて解説します。

国際ブランドは世界で利用できるクレジットカードブランド

国際ブランドは日本を含め、世界中にクレジットカードの決済ネットワークをもつブランドの総称です。

クレジットカード会社は国際ブランドのネットワークを活用し、世界各地で決済サービスを提供しています。

クレジットカードの種類と国際ブランドは別のもので、同じクレジットカードでも複数の国際ブランドのなかから選択できるものもあります。

ニーズに合わせた国際ブランドの選択により、クレジットカードの利用範囲が広がるでしょう。

主要国際ブランドの種類

主要な国際ブランドの種類は次の5つで、「5大国際ブランド」と呼ばれます。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

それぞれの国際ブランドで独自の決済機能を提供しており、世界各国で提携している店舗での利用が可能です。

日本国内ではVisa、Mastercard、JCBの3種類で、全体シェアの多くを占めている状況です。

5大国際ブランドのほかにも、急成長している中国の銀聯(ぎんれん)や、アメリカを中心に利用できるディスカバーカードなどの国際ブランドがあります。

国際ブランドの種別

国際ブランドは、次の2種類に分類されます。

  • 決済カードブランド(ペイメントカード)
  • T&Eカードブランド(トラベル&エンターテインメントカード)

決済カードブランドは、決済機能が優れている国際ブランドを指し、VisaやMastercardが当てはまります。

決済カードブランドは世界中に決済ネットワークを張り巡らせており、さまざまな国と地域で利用できる点が特徴です。

一方、T&Eカードブランドは付帯しているサービスが充実している国際ブランドを指し、American ExpressやDiners Clubが該当します。

T&Eカードブランドは旅行や食事、レジャーなどの付帯サービスが充実している点が特徴です。

JCBは、決済カードとT&Eカードの両方を兼ね備えている国際ブランドです。

主要国際ブランドの日本国内シェア率

日本国内で発行されているクレジットカードのシェア率は、次のとおりです。

参照元:イプソス株式会社、2020年キャッシュレス決済大規模調査

パリに本社を構えるグローバル市場調査会社、イプソス株式会社の調査によると、日本ではVisaが半分以上のシェア率を占めています。

続いてJCBとMastercardのシェア率が高く、American Expressは3.1%とシェア率では低い状況となっています。

中国の銀聯(ぎんれん)は0.3%と低いものの、急成長している国際ブランドのひとつです。

日本で利用する場合はVisa、JCB、Mastercardのいずれかのクレジットカードが、利用範囲も広いためおすすめです。

違いを比較!クレジットカードの5大国際ブランドの特徴まとめ

クレジットカードを発行する際に選択する国際ブランドには、それぞれ特徴に違いがあります。

続いて、世界的にシェア率が高い5大国際ブランドの特徴を比較し解説します。

Visa

Visaは世界トップクラスのシェア率を誇る国際ブランドであり、多くのクレジットカードで選択できます。

世界中に決済ネットワークをもつため、Visaを選択すると多くの国で不便を感じずに利用できるでしょう。

さらに世界中の海外ATMでお金を引き出せるため、海外旅行で急に現金が必要なときにも活用できます。

Visaでは会員限定で、提携のホテル宿泊料や航空券代、ゴルフコース代が割引される優待や特典が豊富に用意されています。

国内をはじめ海外でも多くの加盟店で利用でき、付帯サービスも充実している汎用性の高い国際ブランドです。

Mastercard

Mastercardは、Visaと並んで世界トップクラスのシェア率をもち、世界各国の1億以上の加盟店で利用できます。

世界210か国以上にあるATMからキャッシングの利用もでき、海外旅行に持参するクレジットカードとして最適です。

税金や公共料金などの支払いにも利用できるため、日常生活でお得にポイントを貯めやすい点も特徴です。

Mastercardはコストコで利用できる唯一の国際ブランドのため、コストコをよく利用する方は持っておくと便利でしょう。

日常生活から海外での利用まで、幅広く活用したい方にはMastercardがおすすめです。

JCB

JCBは日本で生まれた国際ブランドです。国内のシェア率はVisaの次に高く、さまざまな方に利用されています。

対象店では高還元率でポイントを貯められて、買い物がお得になる点が大きなメリットです。

Amazonやセブンイレブン、スターバックスなど国内でも人気の店舗で利用すると、条件にもよりますが数倍のポイントが加算される場合があります。

ほかにもショッピングガード保険や旅行傷害保険などのサービスが付帯しているため、トラブルに備えられて安心です。

JCBは国内での買い物がお得になるうえに、さまざまなサービスや保険が付帯しており便利です。

American Express

American ExpressはT&Eカードブランドに分類され、レストランや旅行などでのサービスが充実している点が特徴です。

アメリカ発の国際ブランドとして高いステータス性があり、海外をはじめ日本でも人気があります。

付帯サービスには、提携ホテルの予約サポートや空港でのラウンジ無料利用、海外旅行先でのホットライン提供などがあり、さまざまなシーンで利用可能です。

American Expressはさまざまなクレジットカードから選択でき、ホテル宿泊をお得にしたい方やマイルを貯めたい方など、それぞれ最適な一枚を選べます。

旅行やレストランなどで多彩な優待サービスを受けたい方は、American Expressがおすすめです。

Diners Club

Diners Clubはハイステータスとして世界的に有名で、とくにレストランでの優待に強みをもつ国際ブランドです。

会員限定のグルメイベントや豊富なグルメサービスがあり、世界中で利用されています。

提携しているレストランや料亭での割引はもちろん、2名以上の利用で1名のコース料金が無料になる優待を受けられる場合もあります。

レストラン以外でも、旅行やゴルフ、ショッピングなどの幅広い特典や優待を受けられる点がメリットです。

食事や旅行での良質なサービスを受けたい方は、Diners Clubが向いているでしょう。

国際ブランド別のクレジットカードの選び方

クレジットカードの国際ブランドは、自身のニーズや利用方法にあわせて選ぶ必要があります。

続いては、国際ブランド別のクレジットカードの選び方を解説します。

海外利用が多く決済シーンで困りたくない方はVisa

旅行や出張など、海外でクレジットカードを利用する機会がある方は、Visaがおすすめです。

Visaは世界中でシェア率が高く、さまざまな国や地域で利用できるため、現金を持ち歩く必要がありません。

海外では日本と比べ治安がよくない地域もあり、現金を持ち歩かなくてよいのはトラブルを防ぐ観点でも大切です。

Visaのクレジットカードがあればアメリカやヨーロッパはもちろん、アジアや中東などの国でも決済に利用できます。

日本での利用をはじめ、海外でもクレジットカードで決済する方は、Visaのクレジットカードを選びましょう。

ヨーロッパへ旅行に行く機会が多い方はMastercard

海外旅行でヨーロッパに行く機会が多い方には、Mastercardの国際ブランドがおすすめです。

Mastercardは世界各国さまざまな国と地域で利用できますが、とくにヨーロッパに加盟店が多く、現在も増加しています。

世界各国のATMから現金を引き出せるため、ヨーロッパでの海外旅行はMastercardのカードがあれば支払いに困らないでしょう

ヨーロッパ旅行が趣味の方やヨーロッパへの出張が多い方などは、Mastercardのクレジットカードがおすすめです。

日本国内で利用しお得にショッピングしたい方はJCB

日本国内でお得に利用したい方は、クレジットカードの国際ブランドはJCBがよいでしょう。

JCBは国内のショッピングでポイントが貯まりやすく、さまざまなサービスや優待が受けられます。

日本生まれの国際ブランドのため国内の加盟店が多く、全国さまざまな場所で決済できて便利です。

またネットショッピングでもポイントが効率よく貯められて、買い物代が節約できます。

クレジットカードを日本国内でのショッピングに利用したい方は、JCBがおすすめです。

充実の旅行特典やハイステータスカードを持ちたい方はAmerican Express

旅行時のサービスや優待を重視する方に向いている国際ブランドは、American Expressです。

ホテル宿泊の割引や特典、予約時のサポートもあり、自身が希望する旅行を満喫できます。

旅行傷害保険や各種保険も充実しており、もしものときに備えられる点もメリットです。

ほかのクレジットカードと比較して年会費が高く設定されていますが、それだけハイクオリティのサービスを受けられます。

旅行によく行く方で良質なサービスや優遇を受けたい方は、American Expressを選ぶとよいでしょう。

食事やゴルフの特典やステータス性が高いカードを持ちたい方はDiners Club

ハイステータスなクレジットカードを持ちたい方は、Diners Clubも選択肢の一つです。

高級レストランや料亭などを予約でき、対象のお店では優待サービスを受けられます。

手配が困難な料亭を予約できるサービスや銀座の高級クラブでの優待があり、優雅な時間を楽しめる点が特徴です。

またゴルフ場の予約やレッスンの優待など、ゴルフ関連のサービスが充実しています。

レストランでの食事やゴルフでの優待、ステータス性の高さを重視する方は、Diners Clubのクレジットカードを検討しましょう。

国際ブランド別のおすすめクレジットカードを紹介!

VisaやMastercardなど、国際ブランドを選べるクレジットカードには多くの種類があります。

国際ブランド別に、おすすめのクレジットカードを厳選して紹介します。

スクロールできます
クレジット
カード
【Visa】
三井住友カード(NL)
【Mastercard】
イオンカードセレクト
【JCB】
JCBカード W
【American Express】
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード
【Diners Club】
ダイナースクラブカード
券面デザインイオンカードセレクトセゾンパール
おすすめな方タッチ決済を利用したい方コストを抑えて利用したい方セキュリティが高いメインカードが欲しい方有効期限なしのポイントを貯めたい方金額上限なしのクレジットカードを探している方
年会費永年無料無料永年無料初年度無料
2年目以降1,100円(税込)
※前年に1円以上のカード利用で年会費無料
24,200円(税込)
還元率0.5%〜7.0%0.5%〜1.0%1.0%〜10.5%
(最大還元率はJCB PREMOに交換した場合)

0.5%〜2.0%
1.0%
(ANAマイルに交換した場合)
国際ブランド
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

【Visa】三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費永年無料
還元率0.5%~7%※1
国際ブランド
発行スピード最短10秒※2
付帯保険海外旅行傷害保険※3
海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険ラウンジサービスマイル交換
最短即日発行グルメ優待ホテル優待家族カードETCカード
※1.※スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。 ※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。 ※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。 ※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。 その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。 ※通常のポイントを含みます。 ※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。 ※Google Pay™ で、Mastercard®タッチ決済はご利用いただけません。ポイント還元は受けられませんので、ご注意ください。
※2.※即時発行ができない場合があります。
※3.カードご入会後に希望に応じて選べる無料保険に切替え可能
こんな方におすすめ!
  • 年会費無料でお得にポイントを貯めたい
  • ナンバーレスでセキュリティを強化したい
  • タッチ決済を利用したい
開催中キャンペーン
  • 学生限定新規入会で1,000円分VポイントPayギフトプレゼント!

Visaを検討している方は、三井住友カード(NL)がおすすめです。

三井住友カード(NL)は年会費が永年無料で、ポイント還元率が高くお得にポイントを貯められます。

VISAタッチの決済が利用できるため、決済がスムーズになり快適です。ナンバーレスカードのため、セキュリティ面でも安心です。

国際ブランドはVisa以外にも、Mastercardを選択できます。

より効率よくポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードといえるでしょう。

あわせて読みたい
三井住友カード(NL) のメリット・デメリットは?おすすめしない?ポイント還元率やゴールドとの違いを... 記事まとめ 三井住友カード(NL)の基本ポイント還元率は0.5%と低め ただし「Vポイントアッププログラム」の利用でポイント還元率が最大16%にアップ! スマホのタッチ...

【Mastercard】イオンカード セレクト

イオンカードセレクト
年会費無料
還元率0.5%〜1.0%
国際ブランド
発行スピード約2週間
付帯保険・ショッピング保険
・カード盗難保険
海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険ラウンジサービスマイル交換
最短即日発行グルメ優待ホテル優待家族カードETCカード
こんな方におすすめ!
  • イオングループでよく買い物する
  • 映画館でお得に話題作を楽しみたい
  • キャシュカードと1枚にまとめたい
開催中キャンペーン
  • 新規入会&利用などの条件達成で最大5,000WAON POINTプレゼント!
  • お友だち紹介で1,000WAON POINT もらえる!

Mastercardを求めている方には、イオンカード セレクトがおすすめです。

イオンカード セレクトは年会費無料で、お得にWAONポイントを貯められる国際ブランドのクレジットカードです。

通常利用として、利用金額200円(税込)ごとに1WAONポイント(0.5%)が還元され、さらにイオングループ対象店舗での利用ではポイントが2倍になります。

またオートチャージ200円(税込)ごとに1WAONポイントがもらえるため、効率的にポイントを貯められます。

国際ブランドは、MastercardだけではなくVisaとJCBからも選べ、イオングループの利用が多い方におすすめのクレジットカードです。

あわせて読みたい
イオンカードセレクトのデメリットとは?メリットや利用者の口コミ・評判も解説 イオンカードセレクトは、イオングループで利用すると大量のポイントが還元されるクレジットカードです。 発行予定の方の中には、年会費無料で所持できる点やイオングル...

【JCB】JCBカード W

JCBカードW
出典:JCBカードW
年会費永年無料
還元率1.0%~10.5%※1
国際ブランド
発行スピード最短5分
付帯保険・海外旅行保険
・海外ショッピング保険
※1.最大還元率はJCB PREMOに交換した場合
海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険ラウンジサービスマイル交換
最短即日発行グルメ優待ホテル優待家族カードETCカード
こんな方におすすめ!
  • セキュリティーの高いメインカードがほしい
  • Amazonやスターバックスをよく利用する
  • 使い過ぎや口座残高不足を防ぎたい

JCBを希望される方は、JCBカード Wがおすすめです。

JCBカード Wは18〜39歳の入会限定で、40歳以降も年会費が永年無料になります。

家族カードやETCカード、QUICPayの追加も無料です。Amazonやスターバックスの利用で、ポイント還元率がさらに高くなります。

事前に設定を完了すると、自身で設定した金額を超えた場合、支払日の前に口座残高不足のおそれがある場合に、アプリなどでお知らせする機能が搭載されています。

ナンバーレスカードでセキュリティを強化したい方、スマートフォン決済やタッチ決済でスムーズに買い物をしたい方におすすめです。

あわせて読みたい
JCBカードWのメリット・デメリットを徹底解説!利用者の口コミや評判も調査 JCBカードWは、年会費無料の人気のクレジットカードです。 ポイント還元率が高いため、毎日の買い物やネットショッピングなどで着実にポイントを貯められる特徴がありま...

【American Express】セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード
年会費初年度無料
2年目以降1,100円(税込)※1
還元率0.5%〜2.0%
国際ブランド
発行スピード最短5分
付帯保険なし
※1. 前年に1円以上のカードご利用で翌年度も無料
海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険ラウンジサービスマイル交換
最短即日発行グルメ優待ホテル優待家族カード※2ETCカード
※2. digitalでは発行不可
こんな方におすすめ!
  • 有効期限なしのポイントを貯めたい
  • QUICPayを常用している
  • Yahoo!ショッピングをよく利用する
開催中キャンペーン
  • 新規入会&利用などの条件達成で最大8,000円相当(1,600ポイント)プレゼント!

American Expressを選びたい方は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カードがおすすめです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カードは、有効期限がない永久不滅ポイントを貯められます。

Yahoo!ショッピングやLOHACOの利用でよりお得にポイントが貯まるため、よく利用する方におすすめです。

また、QUICPayの利用でポイント還元率が2%と非常に高くなります。

最短5分で発行できるため、急いでAmerican Expressのカードを作成したい方にも向いています。

【Diners Club】ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
年会費24,200円(税込)
還元率1.0%
国際ブランド
発行スピード2~3週間
付帯保険・海外旅行保険
・国内旅行保険
・ショッピング保険
※ANAマイルに交換した場合
海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険ラウンジサービスマイル交換
最短即日発行グルメ優待ホテル優待家族カードETCカード
こんな方におすすめ!
  • 利用金額の上限のないカードを持ちたい
  • 国内外の旅行で手厚いサービスを受けたい
  • 有効期限のないポイントを貯めたい

Diners Clubの国際ブランドがよい方は、ダイナースクラブカードがおすすめです。

レストランやゴルフ、旅行などの優待が充実しており、ワンランク上の優雅な時間を楽しめます。

ゴルフ場や航空券の予約代行、国内外のレンタカー特別割引など、さまざまな付帯サービスを受けられます。

年会費は24,200円(税込)と高めに設定されていますが、受けられる優待を考慮すれば割安だと感じる方もいるでしょう。

充実した優待を味わいたい方は、ダイナースクラブカードを発行してみましょう。

ブランドの異なるクレジットカードを複数組み合わせるのもおすすめ!

クレジットカードは一枚のみではなく、異なる国際ブランドを複数組み合わせて持つこともおすすめです。

国際ブランドの異なるクレジットカードを複数枚持つメリット、デメリットについて解説します。

クレジットカード複数枚持ちのメリット

国際ブランドの異なるクレジットカードを複数枚組み合わせて持つと、一枚のカードが利用できないときに便利です。

クレジットカード一枚だと、利用する店舗で国際ブランドが対応しておらず使えない場合があります。

複数枚の異なる国際ブランドのカードを持っておくと、さまざまな店舗で利用できるシーンが拡大します。

複数のクレジットカードがあると、それぞれの国際ブランドの特典や優待が利用可能です。

店舗ごとでポイント還元率の高いカードでの支払いにより、ポイントも効率的に貯められるでしょう。

利用できる店舗の拡大や、各カードの特典を享受できる点がメリットです。

クレジットカード複数枚持ちのデメリット

クレジットカードを複数枚組み合わせて持つと、暗証番号や引き落とし日などの管理が面倒になるデメリットが発生します。

年会費がかかるカードであればコストがかさみ、経済的な負担が増える点もデメリットといえるでしょう。

便利な一方で盗難や紛失のリスクも増え、一枚持ちよりもセキュリティに気をつける必要が出てきます。

管理が面倒で年会費の負担が増えるため、クレジットカードの複数持ちは十分に検討する必要があるでしょう。

あわせて読みたい
クレジットカード最強の2枚とは?目的・年代別で究極の組み合わせ9選を一挙紹介 \今すぐ知りたい方はこちら!/ 【目的・年代別】最強の2枚の組み合わせ早見表 今すぐ2枚持ちしたい目的別におすすめを知りたい年代別におすすめを知りたい 最強の組み...

クレジットカードの国際ブランドに関するよくある質問

クレジットカードの国際ブランドに関してよくある質問に回答します。

疑問を抱く点や気になる質問があれば、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの国際ブランドは変更できますか?

一度発行したクレジットカードの国際ブランドは変更できません。

国際ブランドを変更する場合は、新しいクレジットカードを発行する必要があり、カードの番号も変わります。

クレジットカードにより選べる国際ブランドは異なるため、自身が希望するブランドを選べない場合もあります。

国際ブランドを変更する際は、発行したいクレジットカードで選べるブランドを確認しましょう。

異なる国際ブランドのクレジットカードを同じカード発行会社で作れますか?

カード会社により、異なる国際ブランドで同じクレジットカードを発行する「デュアル発行」ができます。

三井住友カード(NL)は、VisaとMastercardそれぞれの組み合わせのクレジットカードを発行可能です。

デュアル発行は一枚が利用できないときに役立つうえに、ポイントが合算されます。

クレジットカードを組み合わせで複数枚持つ場合は、デュアル発行も検討しましょう。

国際ブランドとクレジットカード会社の違いはなんですか?

国際ブランドとクレジットカード会社では、管理している対象が異なります。

国際ブランドは決済システムの管理、クレジットカード会社はカード所有者の会員管理が役割です。

クレジットカード会社は国際ブランドとの提携により、クレジットカード機能の提供が可能となります。

それぞれが異なる役割を担うことで、世界中でクレジットカードの利用が可能となり、使える店舗や受けられる特典もさらに増えます。

まとめ

国際ブランドにより使える地域や店舗、受けられる特典などは大きく異なります。

クレジットカードを発行する際には、自身のニーズやライフスタイルにあわせた国際ブランド選びが大切です。

利用できる国や地域の多さ、付帯サービスなど、重視したいポイントにより選択するべき国際ブランドが異なります。

どの国際ブランドを選べばよいか悩んでいる方は、記事内で紹介した選び方やおすすめの国際ブランドを参考に、最適な国際ブランドを選択してください。

おすすめクレカに戻る

<参考>
楽天カード
三井住友カード(NL)
JCB CARD W

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次