現役就活生がイード社員にインタビュー!

※当該インタビューは、イードのインターンシップに参加していただいた学生が、
先輩社員に聞きたいことを自分達で考え、取材、記事執筆まで行いました。
(記事は弊社にて校正したものを掲載しております)

大切なのは、人と人とがどう交わるか

瀧澤さん「現在の仕事内容について詳しくお聞かせ下さい。」

宮崎 「メディア営業本部で「アニメ!アニメ!」というアニメのウェブメディアのプロデューサーをしています。サイトに掲載されているバナーの販売や、商材をより良く読者に知ってもらうための特集企画などを提案する広告営業がメインになりますが、プロデューサーというポジションなので、営業のほか、どのようにサイトを大きくするか、どうやったら読者が増えていくかを考えるのも大事な仕事です。」

瀧澤さん「宮崎さんの営業を成功させるコツを教えて下さい。」

宮崎 「コツかどうかは分かりませんが、営業を行う上では「相手(お客様)のことを考える」ということを大切にしています。自分のことしか考えられない人は、よほど突出した才能がない限り成功は難しいと思っています。営業という仕事は難しいですが、「1に相手、2に相手」、何を求められているのかをしっかりと考え仕事をすることで、確実に売上をつくることができると思います。」


S.Aさん「今のお仕事はご自分の希望通りですか。また、ご自分に合っていますか。」

宮崎 「はじめはアルバイトとして編集の仕事をしていました。その後、契約社員を経て営業へ転属し、現在正社員として働いています。以前からウェブメディアに興味があり、将来的には自分の手でメディアを運営したいと考えています。編集としては、力をつけることができましたが、営業も経験しなければ、その夢は実現できないと思い、目標に向けて仕事にはげんでいます。」

S.Aさん「お仕事される上で一番やりがいを感じた時のエピソードをお聞かせ下さい。」

宮崎 「営業を始めた頃は、私が提案した特集企画を実施して頂けたり、地道な営業で純広告を出稿してもらえたりすることにやりがいを感じていました。現在は私を頼りに相談が来るようになり、その課題をお客様と一緒に解決できた時に重要な立場になりつつあるのを実感できて喜びを感じています。営業になって3年ですが、社会人として、営業マンとしても、ワンランク成長できたかなと感じています。」


塚本さん「勤務日、休日のスケジュールを教えてください。」

宮崎 「弊社はフレックスタイム制を起用しているので、自分の裁量で勤務スケジュールを調整することが可能です。仕事の予定にもよりますが、自分は比較的夜型で、朝はゆっくり出社し、夜遅いことが多いです。平日は、10時頃に出社し、メールの対応や当日のアポに備えて資料を準備します。日中は1日2~3件程度クライアントとのアポイントがあり、打ち合わせをしています。企画の提案資料作成や、特集企画の進行は夕方の帰社後ということが多いですね。退社時間は遅くなりますが、先輩や同期と飲みに行ったり、クライアントと会食したりしています。 休日は基本的に土日祝日ですが、アニメ関係のイベントは休日に多く、仕事として取材に行くこともありますし、取材はせずとも参加して、クライアントに挨拶したり、イベントに参加しているファンの様子などを観察したりしています。個人的な趣味でもあるので、仕事とプライベートの垣根を超えて休日を過ごしていますね。土日に仕事をした場合は、平日に振替でお休みをとります」

塚本さん「イードに入社した前と後でのギャップはありましたか。」

宮崎 「正社員として入社する前からアルバイトとして社内にいたので、会社の雰囲気や実際の業務がどのようなものかを肌で感じていました。なのでギャップはありませんでしたね。」


和田さん「イードを選んだ理由を教えてください。また、もう一度当時に戻れるとしたらイードに入社しようと思いますか。」

宮崎 「そもそも私は、ウェブメディアで仕事がやりたかったのと、興味のあるゲームなどに携わりたいと思っていたところ、イードを見つけました。アルバイトという雇用形態で入りましたが、正社員になろうと思った理由は3つあります。1つは自分の性格に合った職場であること、さらに興味のあるジャンルで働ける仕事であること、そして自分自身を高められる環境が揃っていることです。それを実感できたので、正社員として入社を希望しました。当時は自分の進路に色々と悩んでいた時期だったのですが、もし過去に戻ってやり直せるとしても、もう一度イードを選びます。」

和田さん「宮崎さんは、イードでの仕事でどのように成長しましたか。」

宮崎 「編集時代には自分の得たかったウェブメディアの知識はもちろん、文章の書き方などを学ぶことができました。営業になってからは、営業としてのスキルはもちろん、どのようにビジネスを大きくするかということを、身をもって学べています。学生の頃は、「ウェブのサービスさえあれば」人と交わらずとも何でもできると思っていましたが、今では「人と人がどう交わるか」がとても大事だと思うようになりました。そこに気づけたというだけでも私にとっては偉大な進歩です。」


○インタビューされた社員
メディア営業部 アニメ!アニメ!担当
宮崎 紘輔
新卒採用 2013年入社

○インタビュー+記事原稿を作成した学生
神田外語大学 瀧澤里菜 さん
駒澤大学   S.A さん
武蔵野大学  塚本真由 さん
立正大学   和田拓也 さん


※マイナビでエントリー済みの方は、エントリーの必要はございません

先輩社員紹介