新卒エンジニアに
インタビュー!

イードの社風は?今後の展望って?就活生に求めることは?等、
就活生の関心が高い質問に、新卒エンジニアが答えました。

反骨心を持って、素直になれ

現在の仕事内容について教えてください。

片山 「現在は主にCMS(コンテンツマネジメントシステム)の機能改善をおこなっています。使用者がインタラクティブに操作できるような仕組みの構築をしています。また、エンジニアのリクルーターとして、インターンシップの企画運営や、新卒採用イベントへの参加もしています。」

イードを選んだ理由は何ですか。

片山 「イードが関わっている業界の領域の広さに惹かれたことです。多岐にわたる専門ジャンルのメディア運営をおこなっており、メディア以外でもECやリサーチといろんなことをやっていて、一つの業界に偏らず携わることができるのでエンジニアとして、より成長できる環境があると思いました。そんな多様な事業部や職種が混在しているにもかかわらず、社員同士仲が良く、楽しそうに働いている点も魅力です。 また、運営しているメディアの多さに比べて、少数精鋭なエンジニアチームに憧れたことも理由の一つです。」


イードはどんな社風ですか。

片山 「セルフマネジメントが求められます。一年目から責任ある仕事をどんどん任せられますので、やる気さえあれば大小かかわらず、自己成長の機会・環境がある会社だと思います。手を挙げて、自分で仕事をつかみとっていくことができる社風です。」

イードの良いところを教えてください。

片山 「会社を選んだ理由と重複しますが、みんなが仕事を楽しんでいるところです。あとは、それぞれがやりたいことをやっているように見えて、ゴールは同じところを見ているところ、でしょうか。」

学生時代やっていてよかったことはありますか。

片山 「たくさんの人・モノに触れていたことです。学生時代、イベントや勉強会などへ積極的に参加し、知識と経験を貯め、複数社のインターンにも参加しました。それらの中でたくさんの人とつながっていたからこそ、最新技術のキャッチアップや、情報交換ができた、ということがありました。現在も仕事で生かされていますし、その縁で新しい仕事にもつながりました。」


休日は何をして過ごされていますか。

片山 「一言で言うと、好きなことをしています。休日は自宅で映画を見たり、本を読んだりしている日もあれば、ボルダリングとか、外に出かけて体を動かしたりもしています。インドアでもあり、アウトドアでもありますね。自分のしたいことをしているという感じです。」

エンジニアとして、今後やってみたいことは何ですか。

片山 「ありすぎて困っているのですが、エンジニアの力を使って、マーケティングの領域に踏み込みたいですね。いわゆる、データドリブンマーケティングをしたいと考えています。 例えば、メディアだったらどういう人が何を見ていて、どういう動きをしているのか。それらを「見える化」できるデータプラットフォームを構築し、PDCAサイクルを高速回転する手助けをしたいと考えています。」

後輩に望むものは何ですか。

片山 「悩みますが、個人として回答するなら「反骨心」です。「反骨心」と言っても、ただ反発するのではなく、自分の意志、自分の信念や、やりたい事への情熱を持っていて、外からの意見に対して、自分の信念と照らし合わせる気持ちのことです。いかに自分が正しいといえるか、また人の意見も取り入れつつ、それらを合わせることができる気持ちがある方。そういう気持ちがあれば、おのずと行動もついてくると思うので。」

就活生へアドバイスをお願いします。

片山 「『本当にやりたいこと』を是非見つけてください。やりたいことを見つけると、視点が変わってくる。本当にやりたいことを見つけた時、それが僕たちと一緒にできそうなことなら是非一緒にやりましょう!」


○インタビューされた社員
システム事業部(エンジニア)
片山 幸弥
新卒採用 2015年入社

※マイナビでエントリー済みの方は、エントリーの必要はございません

先輩社員紹介