現役就活生がイード社員にインタビュー!

※当該インタビューは、イードのインターンシップに参加していただいた学生が、先輩社員に聞きたいことを自分達で考え、取材、記事執筆まで行いました。
(記事は弊社にて校正したものを掲載しております)

枠を感じさせない、挑戦

すずkさん「どんな学生時代をおくっていましたか?」

田中 「学業と並行して、イタリアから商品を直輸入している古着屋で、アルバイトなんですが店長をしていました。人の動かし方、戦略的な売上の出し方など、学ぶことが多かったです。お客様とのコミュニケーションの取り方や売上の数字にコミットする経験など、今の仕事で活かせていることもあり、やっていてよかったと思います。」

すずkさん「なぜイードを選んだのですか?」

田中 「常に挑戦している社風が決め手でした。ちょうど私が入社する時はパズル雑誌をスタートするタイミングで、『これからは紙のコンテンツを電子化することで活かしていきたい』という社長の言葉にグッときて入社を決めました。」


塩沢さん「仕事をしていて楽しかったことは何ですか。」

田中 「広告主であるお客様の商品をどのようにプロモーションするかをお客様と一緒に考え、結果読者の方にも喜んでいただき、お客様にも満足していただけたときは嬉しかったです。また、自分の連載企画をやらせてもらっているときも楽しかったです。」

塩沢さん「逆に仕事でつらかったことはありますか。」

田中 「配属後、1か月ほど経った時期に、同じ担当部署の先輩が転職をされ、自分が担当する業務量が急激に増えた時が大変でした。でも周りの先輩が良い方ばかりで、支えていただきましたし、自分でも多くのことを学ぶ良いきっかけになりました。」

塩沢さん「この仕事のやりがいはどんなところでしょうか。」

田中 「広告や記事を通じて、広告主のお客様に喜んでいただき、読者の方に有益な情報が提供できること、それを社内の人を巻き込んで行えることです。媒体やジャンルにこだわらず、今までの枠を越えて、新しいことに挑戦するのはとても面白いです。」


森作さん「イードはどのような社風ですか。」

田中 「自由な会社だと思います。自主的に行動すれば、やりたいことをやらせてくれます。とはいっても、責任も求められます。」

森作さん「では、イードの良い点と、あれば改善点を教えてください。」

田中 「良い点は、先ほどの社風でもお伝えした自由なことと、面倒見の良い人が多いことですかね。あと働く環境は大事なので、年功序列ではなく、主体的に動いている人を評価してくれるところが良い点だと思います。改善点は、強いていえば、様々な人とコミュニケーションがとれる飲み会が好きなので出来れば会社全体の忘年会をやってほしいと思います。」

森作さん「人と関わることが好きだということですが、休日はどのように過ごしていますか。」

田中 「人と会うことが多いですね。他にはウィンドウショッピングやライブに行くなど多趣味だと思うので、いろんなことをして過ごしています。」


Wさん「これまで会社について、やりがいや良さ、改善点についてお聞きしました。では、どんな後輩に入社して欲しいですか。まずは、期待する行動面について教えてください。」

田中 「主体的に行動できる人です。指示を待っている人ではなく、こういうことをやってみたいと自分のアイディアで取り組める人を待っています。」

Wさん「性格面ではいかがでしょうか」

田中 「いろいろな人がいていいと思いますが、素直で誠実な人は素晴らしいと思います。」

Wさん「最後に、学生へのアドバイスをお願いします。」

田中 「是非、行動してください。やってみたいと思ったことは、すぐに具体的な行動に移してみてください。」


○インタビューされた社員
メディア営業部 RBBTODAY担当
田中真礼(仮名)
新卒採用 2015年入社

○インタビュー+記事原稿を作成した学生
早稲田大学 すずk kとは さん
筑波大学 塩沢 奈津実 さん
常磐大学 森作 未稀 さん
青山学院大学 S W さん


※マイナビでエントリー済みの方は、エントリーの必要はございません

先輩社員紹介